生実町こどもみこし(担当:磯岡哲也教授)

 10月7日日曜日、真夏のような強い日差しのもと、今年も、生実神社の例大祭において「こどもみこし」のサービスラーニングを実施しました。朝8時に神社に集合して、宮司による神事に参列し、学生代表が玉串奉奠をいたしました。担当教員のワークショップの学生のほか、コミュニティ研究Ⅱの一部の受講者、ボランティアセンターに登録したボランティアの総員15名が午前部、午後部またはその両方に参加しました。昼食は、全員生実町会館で町内婦人会の皆さんが用意してくれた豚汁をご馳走になりました。また例年通りハッピを貸与されました。町内を練り歩くなかで、男女ともみこし担ぎ、こどもたちの見守り、交通事故防止につとめました。高気温のなか文字通り汗を流し、15時まで声を嗄らしてやり遂げ、参加した小学生や保護者とともに成就感を味わいました。(文責:磯岡)

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ