合同合宿ゼミ(12月1~2日)(担当:本多准教授)

12月1・2日(土・日)、ケーススタディ(本多クラス)7名は総合福祉学部の米村ゼミと合同の合宿ゼミを生命の森リゾートでおこないました(計24名)。教員による4回のレクチャーおよび計12回のグループワーク、ルーブリックによる振り返り、そして懇親会等をとおして、対人関係の基本である「人にかかわる力」の形成を実践的に学ぶことが合宿の目的です。「相手の話について真剣に向き合えているかどうか、耳で聞いているだけではなく、相手をわかろうとする態度、そこからの理解、そこでの自分の感じたことを伝えるまでの自分と他者がどのように話し合ったのか相互関係が問われると感じた」と全体を振り返っての学びをこう記した本多クラスの学生もいました。(文責:本多)

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ