イベント報告の最近のブログ記事

 コミュニティ政策学部では、学生自らが社会や大学内の課題に対して主体的に取り組む活動を支援する目的で学生提案プロジェクトを受け付けています。今年度採択された3件の中間報告をご紹介いたします。

 

<しゅくとも>

 メンバーは、久武愛奈(代表)、三浦和也、渡部日向子(副代表)、加藤春奈、藤田茉乃、山﨑知里、齋藤麻帆、髙橋知李、渡辺敦哉、中村達哉、大塚優佳梨、小宮のぞみです。

 活動内容は、学校生活に不安のある生徒に向けた学習支援を行っています。それによって、出席率の向上や学校への定着を目指すことを目的としています。

 今年度の具体的な内容の1つとしては、生浜高校に在籍する定時制の生徒を中心としたコミュニーケーションの練習会やなんでも相談会です。高校の教室をお借りして来室した生徒と会話をし、対人関係の苦手意識を和らげるアプローチをしています。

今後もより活発的に活動を行っていこうと思います。

 

〈パラスポーツ体験〉

 

 私たちのプロジェクトは2020年のパラリンピックに向けてパラスポーツをたくさんの人に興味・関心をもってもらうことを目的として、交流会等を開催しています。準備としてパラスポーツに関わるイベントにいくつか参加しました。

 9月までの活動報告は5月に千葉市が主催で開催していたパラスポーツのイベントでブラインドサッカーの体験会に参加をしました。ブラインドサッカーに触れるのはこの時がみんな初めてでした。みんな楽しそうに体験をしていてなおかつ勉強にもなりました。千葉市の方ともお話をさせてもらい交流会のイメージを掴むことができました。

 7月には千葉市の方含めて打ち合わせをしました。提案書や予算案の話し合いをし、何を買うかどのようにやるかなど具体的な調整を行いました。

 8月には松戸ウォリアーズの練習に参加をさせてもらいました。実際にやっている練習に参加させていただき、選手の方や代表の方にもお話も伺うことができました。練習は炎天下の中とてもハードなものでしたが練習に参加できてよかったです。

 今後は千葉市の方とも再度打ち合わせをし、提案書、予算案を確定させ、10/28の龍澤祭での交流会に向けてチラシの準備や障害者の方へのご連絡や招待、当日の運営など詳しいことを決めていきたいと思います。 

 

 〈みんなのおもちゃばこ〉

  私たちは今年度の前期中、毎週水曜日を活動日とし、一度も休まず活動してきました。毎週参加してくれる子どもたちが中心ですが、地域のコミュニティセンターや商業施設のチラシを見て参加してくれる新しい参加者も増えつつあります。

 また、活動場所である「みんなの広場」の窓に季節感のある装飾をし、「広場」を利用する方々に喜んでいただいています。

 夏休み期間は、地域の夏祭りに出店し、遊びに来てくれた親子にチラシを配布し広報活動を行いました。9月は、敬老の日があるため、子どもたちが作ったランチョンマットを高齢者の集いの場である「すいようカフェ」の方に使っていただこうと考えています。

 今後は、このような「すいようカフェ」の方々と子どもたちが関われる機会をもっと増やし、新しい参加者が増えるよう広報活動にも力を入れていきたいと思います。

 コミュニティ政策学部の新入生セミナーが4月20日(金)、21日()にサンライズ九十九里で行われました。一日目は、全体会でセミナーの趣旨と手話について理解を深めた後、クラス対抗のミニ運動会を行いました。この運動会は、上級生の学生スタッフが1月から企画運営を進めてきたものでした。

 開会式、ラジオ体操に始まり、玉入れ、ウィンクキラー、冠、大縄跳び、二人三脚、閉会式で終了し、栄えある一位に輝いたのはDクラスでした。どの競技もクラスの団結力を問うもので、一つの種目が終わるごとに、たくさんの歓声と笑顔、そしてクラスの一体感が生まれていきました。

閉会式の時には全大会の時とは打って変わって達成感、充実感が会場に溢れていて本当に素晴らしい運動会でした。スムーズな進行を支えたのは、学生スタッフの綿密な調整の賜物でした。

 夜にはゲーム「教えて!コミュニティ政策学部の先生」が行われました。これは、1年生がひいたくじに対して4人の教員がコミュニティ政策学部を支える4分野(社会学、経済学、法律学、政策学)等にまたがる学問的な知見から即興で回答し、1年生はその内容をノートに書き留める練習をしました。今年引かれたくじの内容は、卍、プレミアムフライデー、ながらスマホ、恋。教員が競って、焦っている姿を見て、一年生に親近感を持ってもらえたのではと期待しています。

 二日目は、矢尾板先生からコミュニティ研究Ⅱでの取り組みと長谷川良信先生の理念をどのように結び付けていくかという観点からの講義をいただきました。

 学生スタッフの温かな運営の元、無事にセミナーが終わりました。

 

2月19日(月)、次年度の「新入生セミナー」に向けた

学生スタッフ会議の第2回目がおこなわれました。

 

学生同士の発表

 

前回おこなった会場の下見を踏まえて、

テーマは、「ミニ運動会」に決まりました。

 

各種目ごとの配置を確認しています

 

今回は、各種目の担当学生が練ってきた企画案について

相互発表・相互アドバイスをおこない、

全体として統一をもたせるための話し合いにも進みました。

 

 その種目では人や物品をどのような配置にすればよいか?

 種目の順番はどうすれば効率的かつ盛り上がるか?

 必要な備品は?

 タイムスケジュールは?

 自分の担当以外の種目のときの自分の役割は?

 

まだまだたくさんやるべきことがありますが、

とくに率先してリーダー的な役割を担ってくれている学生をはじめ、

学生スタッフたちも少しずつ成長しています。

121日(金)、サービスラーニングセンターの松野助教と、キャリア支援センターの山川参与とで、民間企業内定者報告会を開催しました。民間企業に内定したコミュニティ政策学部の4人の学生から、この学部でどのように・何を学んできたか(授業やプロジェクト)、キャリア支援センターをどう活用したか、などについてお話しして頂きました。「就職活動はいつから?」「一体いくらかかるの?」「SPI、筆記試験対策はどうしたらいいの?」「就活において一番困ったことは」こんな、聞きたくてもなかなか聞けない質問について、丁寧に回答して頂きました。回答の一つ一つがとても重要だったため、予定していた時間を過ぎてしまいましたが、多くの参加者が残って聞いてくださいました。会の終了後も、たくさんの後輩が登壇学生のところに質問へ行っていて、あたたかな交流が生まれていました。先輩学生に感謝申し上げるとともに、後輩学生の頑張りを期待しています。

キャリア支援センターでは、クリスマスツリーを飾るなど、親しみやすい雰囲気づくりに尽力しています。今後実施されるキャリアのイベントへの参加をお待ちしています。



 

9月28日(木)、

千葉ロッテマリーンズ・プロジェクトの報告会をおこないました。

 

ゲスト・アドバイザーよりコメントをいただきます 

自分たちの活動をより深く振り返るためゲストのお話を聞きます

 

中間発表会と同様に、

千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド、千葉市役所より

7名のゲスト・アドバイザーにお越しいただきました。

 

淑徳大学スペシャルナイター」(8月2日実施)までの活動を

学生たちが自ら振り返って学んだこと(反省点もできたことも)に対して、

今後の学生生活、人生において活かしていくべき

熱いエールのような様々なコメントをいただきました。

 

 

学生のレポート(抜粋)です。

「……先輩方は写真ではいい笑顔だがその裏にとてつもない努力があることを身をもって知った。だが、このプロジェクトに参加して良かった。なぜなら、この世にはこのようなイベントや企画が多数存在し、わたしたちが何気なく参加しているイベントなどには、こんなにも時間や労力がかかっているからこそ成立しているのだと知れたからである。これは自分の中で大きな成長だと感じる」(1年・男性)。

「144試合のうちのたった一試合にも、たくさんの人の努力や思いが詰まっている。そんなプロ野球の魅力が、これからもっと多くの人に伝わってほしいと思う。」(1年・女性)

スペシャルナイター球場内の雰囲気

 

4月から活動を続けてきた、学生たちもこの報告会をもってプロジェクト終了です。

今回のさまざまな経験をどのように活かしていくか、期待しています。

 

しゅくとくまと記念撮影

8月2日(水)、第9回目となる「淑徳大学スペシャルナイター」が開催されました!

特設ブース

学生の様子1

4月より24名の学生たちによる企画実施型プロジェクトとして進めてきました。

 

当日は、学生グループごとに以下の企画を実施しました。

(1)ストラックアウト

 会場レイアウト・設営から効率的な列整理など学生たちが一から企画を立てました。

 高得点者プレゼント用の景品づくりなど準備に余念がなかったため当日もスムーズに楽しんでもらえたようです。

 

(2)女性限定LOTTEのお菓子詰め合わせプレゼント&女性限定SNS投稿でマリーンズグッズを当てよう

 「ガールズ班」は大きく2つの企画を担当しました。

 ひとつは、淑徳大学チケットをお持ちの女性限定で

 LOTTEのお菓子詰め合わせを先着100名にプレゼント。

ガールズ班の様子

ガールズ班の様子2

 

もうひとつは、Instagramかtwitterにハッシュタグ「#淑徳マリーンズガール」を付けて投稿してくれた女性のなかから10人限定で、マリーンズグッズをプレゼントしました。

当選した皆さん、おめでとうございました!

淑徳大学マスコットキャラクターの「しゅくとくま」も会場におでかけをして、

皆さんと記念撮影をおこなってウキウキでした。

 

(3)市民花火大会PR

 行政職を目指す学生の班では、千葉市役所(観光MICE企画課)にご協力いただき

 市民花火大会(8/5)のPRをボールパークステージにておこないました。

市民花火大会PR

 

 

また、プロ野球球場での初の試み(?)として、

車椅子バスケ学生実行委員とパラスポーツ普及・体験プロジェクト学生が、

共同で車椅子バスケ体験会をおこないました。

車椅子バスケ体験会1

車椅子バスケ体験会2

講師として、全国強豪の千葉ホークスから

植木隆人選手、山口健二選手、川原凛選手に

ご参加いただきました

(この体験会は千葉市パラスポーツ講座事業として実施しました)。

 

U23日本代表選手として活躍する川原選手には、ファーストピッチャーも務めていただきました。

川原凛選手の始球式

ホームベースまで楽に届いたのもすごいように思いましたが、

「もう少し練習すれば、もっとうまく投げれる」とは投球後の川原選手の談です。

 

花束贈呈の様子

選手の皆さんと記念撮影

 

 

 

美浜区高校生

また、千葉市美浜区役所との協力で、

美浜区の高校生6名がお手伝いをしてくれました。

いつも自分たちが通っている地域に

これほど魅力的な場所があることを感じてもらえたなら幸いです。

 

 

 

試合は、マリーンズが快勝!!

プロジェクトも目標動員数には及びませんでしたが、

学生それぞれがチームで活動する自分の長所や課題に気づく機会になったようです。

球場正面

 

がんばれ!千葉ロッテマリーンズ!!

 

5月30日(火)、千葉市緑区のおゆみ野地区にて、社会調査の報告会を実施しました。

この報告会は(一社)社会調査協会認定の「社会調査士」資格取得のための必須科目の一環です。

学生の発表の様子その1

 

平成28年度におゆみ野地区を対象に実施した

「地域生活に関する住民意識アンケート」調査の分析結果を

4人の学生が地域の方々に報告しました。

 

学生の発表の様子その2 

学生は各自の仮説に基づき、地域への愛着、地域満足度、地域活動の経験、公園や遊歩道などの地域資源の利用状況などの分析をおこないました。

詳しくは大学HP掲載の報告書(近日公開予定)をご覧ください。

 

報告会にご参加いただいた地域の方々の直感の数値的な裏付けになったものもあれば、

改めて地域の歴史を振り返る材料となったものもありました。

 

 

今年度も同じおゆみ野地区の別の町丁を対象にアンケート調査を実施し、

来年夏ごろにはこの2年間の調査を合わせた結果の報告会をおこなう予定です。

教員の紹介の様子

 

8月21日(日)オープンキャンパスが開催されました。

今回の「サービスラーニング体験授業」は、

オープンキャンパス参加者チーム対淑徳チームのサッカー対戦です。

オープンキャンパス参加者には、なんと!ジェフから貸し出して頂いたユニフォームを着て臨んでもらいました。


ちなみに、オープンキャンパス参加者は、サッカー部以外にも、

ラグビー部、バスケ部等、サッカー経験のない高校生たちと、ちびっこです。


そして淑徳チームは、(あのオシムを日本に呼んだ伝説的GMの)祖母井客員教授・

伊藤サッカー部監督・矢尾板准教授・サッカー部員・オープンキャンパススタッフです。


オープンキャンパス参加者チームは、みんな初めて知り合ったにもかかわらず、

チーム一丸となって果敢に淑徳チームの攻撃をかわし、最後は逆転勝利を勝ち取りました。


サッカーボール一つでコミュニティづくりができることを、気持ちよい汗をかきながら楽しく体験しました。

今日の参加者のみなさんと、またキャンパスで会えることを楽しみにしています。






 

8月3日(水)、QVCマリンフィールドにて今年も「淑徳大学スペシャルナイター」が開催されました。

当日球場の様子

当日は、一部の地域でゲリラ豪雨に見舞われましたが、

会場周辺には1滴も降らず、絶好の観戦日和でした。

 

 

このプロジェクトはコミュニティ政策学部1年生を中心とする15名で構成され、

淑徳大学関連の観客動員目標数に向けて、

今年5月からさまざまな企画を考え、準備をしてきました。

 

ストラックアウトのフレーム

まずは、学生企画のひとつであるストラックアウトの準備が始まりました。

 

2年前の先輩たちが製作したフレームを利用しながらも、

参加者の年齢制限を撤廃して誰でも参加できるようにするなど

新しい試みもおこないました。 

 

最終確認の様子参加者が投げています

小・中学生や隣同士で投げる親子など

参加者は130名を越え、予定を1時間延長した分、

多くの観客の皆さんに楽しんでいただけたようです。

 

 

チケット販売の様子

特設テントでは、淑徳大学関連のチケット販売と、

学生たちがデザインしたうちわの配布をおこないました。

特製うちわを配布しています

うちわは、学生企画のひとつとして、

初観戦の方でも、「日本一」と言われるマリーンズの応援歌を

一緒に歌えるようにと3曲の歌詞を記載しました。

特製うちわ

 

また、ボールパークステージでは、

ダンスサークルC.D.Cによるダンスが披露されました。

CDCのダンスです

 

そして17時からは、

こちらも学生企画による「SHUKUTOKU SUMMERフェス」と題する、

よしもと芸人さんによるお笑いライブでした。

学生によるMC

学生がMCを務め、

ハイキングウォーキングさん、とにかく明るい安村さんの2組に

千葉対北海道のネタ対決をしていただきました。

ハイキングウォーキングの登場とにかく明るい安村さん登場     (今日も穿いてます)

ステージ前の観客の様子ステージ前には、球団関係者の方々も驚くほどの人だかりでした。

 

 

試合開始前のセレモニーでは、

コミュニティ政策学部1年生の2名が花束贈呈をおこないました。

花束贈呈学生です

 

そして、ファーストピッチでは、

「幕張セブンオールスターズ」のハイキングウォーキングが

鉄板ネタを交えたエンターテイナブルな投球を披露してくださいました。

 

ハイキングウォーキングの始球式

また、ALL for CHIBAデーにちなんだ試合前の国歌斉唱を、

淑徳大学コーラスサークル「ハルミド♪」が務め、

彼女たちの歌声に対して歌い終わりとともに

場内から温かい拍手が贈られました。

学生による国歌斉唱

 

チケット販売は、

目標枚数にはあと一歩届きませんでしたが、

朝礼のさいにマリーンズ職員さんから期待されたように、

来場された多くの方々とともに、

自分たちもスペシャルナイターを楽しめた1日となりました。

片付けの様子終礼の様子

なお、当日は、千葉西高校生と磯辺高校生の計5名が

美浜区の魅力のひとつを体験するためにお手伝いに参加してくれました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

プロジェクトメンバーは、引き続き9月に、

ゲストの方々を招いての活動報告会をおこなってプロジェクト終了となります。

 

今年は、マリーンズの観客動員数が約20%も上昇しているようです。

皆さんもぜひ球場で、選手のプレー、応援歌、浜辺の風を楽しんでください!

千葉ロッテマリーンズホームページ

 

 

423日(土)千代田区日比谷公園で開催された「ゴールドリボンウォーキング2016」の運営スタッフとして、看護栄養学部学生と共にコミュニティ政策学部生が参加しました。
 小児がんへの理解と支援の輪の広がりを目指したウォーキングイベントで、「医療体制の不備」や「社会的偏見」なども問題を解決する一歩として、小児がんという病気そのものに対する理解が深まることが重要と考え、2007年より開催されているイベントです。
病気を克服されたご家族や、この運動に賛同されている方々が3000名以上が参加する大きなイベントに参加して、学生も今後の学習に活かしてくれることを期待します。



2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ