イベント報告の最近のブログ記事

 2月23日(土曜日)、イオンモール幕張新都心グランドコートにて、千葉市・千葉市スポーツ振興財団・淑徳大学第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会学実行委員会主催による車いすバスケットボールの体験会が開催されました。

 当日、学生は9時に集合をして準備をはじめました。仮設コートをつくり、車いすバスケットボール用のゴール・競技用車いす・柵などを設置し、体験会の手順を確認しました。

 11時に体験会が開場になると沢山のお客さんが来場してくれました!実行委員会の学生は車いす操作の基本やルール、シュートの仕方をサポートしました。

 午後からは千葉市の車いすバスケットボールクラブ千葉ホークスの選手の方々による華麗な実演や競技指導も行われました。昨年度の倍以上の参加者があり、本当に体験会は大盛況でした。

 3月2日・3日は、千葉ポートアリーナで第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会です。大会に向けて気持ちも高まります。ぜひ大会にもご来場ください!(文責:石綿)

 http://www.shukutoku.ac.jp/news/univ/7_3_35285.html

(第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会)

 

 今年度もコミュニティ政策学部では、新2年生(現1年生)が4月に行われる新入生セミナーの学生スタッフとして運営に参加してくれています。2月15日、会場となる一宮シーサイドオーツカに下見に行き、学生企画によるクラスレクの企画打合せを行いました。昨年度と会場も異なることから、実際に現場を見ることで分かったことが数多くありました。また、全員の前でそれぞれの企画を発表し意見交換を行うことで、見えなかった課題なども発見することができ、たいへん有意義な機会となりました。引き続き、新入生の親睦を深められる企画となるよう、検討していきます。(文責:松野)

 

 1月25日(金)、3・4年生全員参加の「実践科目報告会」が開催されました。実践科目は「コミュニティ研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(1年次必修)、「ケーススタディⅠ・Ⅱ」(3年次必修)、「ワークショップⅠ・Ⅱ」(4年次必修)から構成されています。「報告会」では、「ケーススタディ」と「ワークショップ」のクラスごとに、パワーポイント資料や写真を示しながら、この1年間にどのような学修活動を行ったかが報告されました。内容やアプローチの仕方はさまざまですが、いずれも企業や自治体、住民の皆さんと連携して社会の課題とその解決に迫ろうとする取り組みでした。

報告会の様子

 

 各クラスの学修活動の具体的な内容は、毎年度、発刊されている『サービスラーニングセンター年報』に収載されています。(文責:青柳)

 数学の基礎的な学力向上を目指して、初年次教育運営委員会より、1年生を対象に数学基礎講座を実施しました。まず、10月12日(金)にクラス分けの学力診断テストを実施し、その結果に基づき、2クラスへ分類し、11月2日と9日に講座を実施しました。

 2日には全体的な解説、9日には補足の解説と個別対応をしました。9日の最後の時間に実施した事後テストでは、両クラスで正答率の大幅な上昇が見られました。また、参加学生からは役に立った、解説が分かりやすかった、という意見が寄せられました。(文責:松野)

 

 12月7日(金)に民間企業内定者報告会を行いました。3名の登壇学生に内定に至る苦労談をお話しいただきました。「何社くらい受けているものなの?」「どうやって業種を絞ったの?」「どのくらい勉強しないといけないの?」「就活で困ったことって何?」「今、何をすればいい?」といった素朴な質問に丁寧に答えていただきました。

 エントリーシートや面接対策をキャリア支援センターで親身になって対応していただいたこと、大人と話をする機会を持つことが非常に重要とのことで、サービスラーニングに参加することの大切さの指摘もありました。

 キャリア支援センターの石坂さんからは、学生の経験談を踏まえて、近年の動向など豊富な最新情報をお話しいただきました。

 後輩からは熱心な質問があってたいへん暖かな時間が流れました。この良い流れがコミュニティ政策学部で続いて行くことが期待されます。(文責:松野)

 

 コミュニティ政策学部では、学生自らが社会や大学内の課題に対して主体的に取り組む活動を支援する目的で学生提案プロジェクトを受け付けています。今年度採択された3件の中間報告をご紹介いたします。

 

<しゅくとも>

 メンバーは、久武愛奈(代表)、三浦和也、渡部日向子(副代表)、加藤春奈、藤田茉乃、山﨑知里、齋藤麻帆、髙橋知李、渡辺敦哉、中村達哉、大塚優佳梨、小宮のぞみです。

 活動内容は、学校生活に不安のある生徒に向けた学習支援を行っています。それによって、出席率の向上や学校への定着を目指すことを目的としています。

 今年度の具体的な内容の1つとしては、生浜高校に在籍する定時制の生徒を中心としたコミュニーケーションの練習会やなんでも相談会です。高校の教室をお借りして来室した生徒と会話をし、対人関係の苦手意識を和らげるアプローチをしています。

今後もより活発的に活動を行っていこうと思います。

 

〈パラスポーツ体験〉

 

 私たちのプロジェクトは2020年のパラリンピックに向けてパラスポーツをたくさんの人に興味・関心をもってもらうことを目的として、交流会等を開催しています。準備としてパラスポーツに関わるイベントにいくつか参加しました。

 9月までの活動報告は5月に千葉市が主催で開催していたパラスポーツのイベントでブラインドサッカーの体験会に参加をしました。ブラインドサッカーに触れるのはこの時がみんな初めてでした。みんな楽しそうに体験をしていてなおかつ勉強にもなりました。千葉市の方ともお話をさせてもらい交流会のイメージを掴むことができました。

 7月には千葉市の方含めて打ち合わせをしました。提案書や予算案の話し合いをし、何を買うかどのようにやるかなど具体的な調整を行いました。

 8月には松戸ウォリアーズの練習に参加をさせてもらいました。実際にやっている練習に参加させていただき、選手の方や代表の方にもお話も伺うことができました。練習は炎天下の中とてもハードなものでしたが練習に参加できてよかったです。

 今後は千葉市の方とも再度打ち合わせをし、提案書、予算案を確定させ、10/28の龍澤祭での交流会に向けてチラシの準備や障害者の方へのご連絡や招待、当日の運営など詳しいことを決めていきたいと思います。 

 

 〈みんなのおもちゃばこ〉

  私たちは今年度の前期中、毎週水曜日を活動日とし、一度も休まず活動してきました。毎週参加してくれる子どもたちが中心ですが、地域のコミュニティセンターや商業施設のチラシを見て参加してくれる新しい参加者も増えつつあります。

 また、活動場所である「みんなの広場」の窓に季節感のある装飾をし、「広場」を利用する方々に喜んでいただいています。

 夏休み期間は、地域の夏祭りに出店し、遊びに来てくれた親子にチラシを配布し広報活動を行いました。9月は、敬老の日があるため、子どもたちが作ったランチョンマットを高齢者の集いの場である「すいようカフェ」の方に使っていただこうと考えています。

 今後は、このような「すいようカフェ」の方々と子どもたちが関われる機会をもっと増やし、新しい参加者が増えるよう広報活動にも力を入れていきたいと思います。

 コミュニティ政策学部の新入生セミナーが4月20日(金)、21日()にサンライズ九十九里で行われました。一日目は、全体会でセミナーの趣旨と手話について理解を深めた後、クラス対抗のミニ運動会を行いました。この運動会は、上級生の学生スタッフが1月から企画運営を進めてきたものでした。

 開会式、ラジオ体操に始まり、玉入れ、ウィンクキラー、冠、大縄跳び、二人三脚、閉会式で終了し、栄えある一位に輝いたのはDクラスでした。どの競技もクラスの団結力を問うもので、一つの種目が終わるごとに、たくさんの歓声と笑顔、そしてクラスの一体感が生まれていきました。

閉会式の時には全大会の時とは打って変わって達成感、充実感が会場に溢れていて本当に素晴らしい運動会でした。スムーズな進行を支えたのは、学生スタッフの綿密な調整の賜物でした。

 夜にはゲーム「教えて!コミュニティ政策学部の先生」が行われました。これは、1年生がひいたくじに対して4人の教員がコミュニティ政策学部を支える4分野(社会学、経済学、法律学、政策学)等にまたがる学問的な知見から即興で回答し、1年生はその内容をノートに書き留める練習をしました。今年引かれたくじの内容は、卍、プレミアムフライデー、ながらスマホ、恋。教員が競って、焦っている姿を見て、一年生に親近感を持ってもらえたのではと期待しています。

 二日目は、矢尾板先生からコミュニティ研究Ⅱでの取り組みと長谷川良信先生の理念をどのように結び付けていくかという観点からの講義をいただきました。

 学生スタッフの温かな運営の元、無事にセミナーが終わりました。

 

2月19日(月)、次年度の「新入生セミナー」に向けた

学生スタッフ会議の第2回目がおこなわれました。

 

学生同士の発表

 

前回おこなった会場の下見を踏まえて、

テーマは、「ミニ運動会」に決まりました。

 

各種目ごとの配置を確認しています

 

今回は、各種目の担当学生が練ってきた企画案について

相互発表・相互アドバイスをおこない、

全体として統一をもたせるための話し合いにも進みました。

 

 その種目では人や物品をどのような配置にすればよいか?

 種目の順番はどうすれば効率的かつ盛り上がるか?

 必要な備品は?

 タイムスケジュールは?

 自分の担当以外の種目のときの自分の役割は?

 

まだまだたくさんやるべきことがありますが、

とくに率先してリーダー的な役割を担ってくれている学生をはじめ、

学生スタッフたちも少しずつ成長しています。

121日(金)、サービスラーニングセンターの松野助教と、キャリア支援センターの山川参与とで、民間企業内定者報告会を開催しました。民間企業に内定したコミュニティ政策学部の4人の学生から、この学部でどのように・何を学んできたか(授業やプロジェクト)、キャリア支援センターをどう活用したか、などについてお話ししていただきました。「就職活動はいつから?」「一体いくらかかるの?」「SPI、筆記試験対策はどうしたらいいの?」「就活において一番困ったことは」こんな、聞きたくてもなかなか聞けない質問について、丁寧に回答していただきました。回答の一つ一つがとても重要だったため、予定していた時間を過ぎてしまいましたが、多くの参加者が残って聞いてくださいました。会の終了後も、たくさんの後輩が登壇学生のところに質問へ行っていて、あたたかな交流が生まれていました。先輩学生に感謝申し上げるとともに、後輩学生の頑張りを期待しています。

キャリア支援センターでは、クリスマスツリーを飾るなど、親しみやすい雰囲気づくりに尽力しています。今後実施されるキャリアのイベントへの参加をお待ちしています。



 

9月28日(木)、

千葉ロッテマリーンズ・プロジェクトの報告会をおこないました。

 

ゲスト・アドバイザーよりコメントをいただきます 

自分たちの活動をより深く振り返るためゲストのお話を聞きます

 

中間発表会と同様に、

千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド、千葉市役所より

7名のゲスト・アドバイザーにお越しいただきました。

 

淑徳大学スペシャルナイター」(8月2日実施)までの活動を

学生たちが自ら振り返って学んだこと(反省点もできたことも)に対して、

今後の学生生活、人生において活かしていくべき

熱いエールのような様々なコメントをいただきました。

 

 

学生のレポート(抜粋)です。

「……先輩方は写真ではいい笑顔だがその裏にとてつもない努力があることを身をもって知った。だが、このプロジェクトに参加して良かった。なぜなら、この世にはこのようなイベントや企画が多数存在し、わたしたちが何気なく参加しているイベントなどには、こんなにも時間や労力がかかっているからこそ成立しているのだと知れたからである。これは自分の中で大きな成長だと感じる」(1年・男性)。

「144試合のうちのたった一試合にも、たくさんの人の努力や思いが詰まっている。そんなプロ野球の魅力が、これからもっと多くの人に伝わってほしいと思う。」(1年・女性)

スペシャルナイター球場内の雰囲気

 

4月から活動を続けてきた、学生たちもこの報告会をもってプロジェクト終了です。

今回のさまざまな経験をどのように活かしていくか、期待しています。

 

しゅくとくまと記念撮影

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ