イベント報告の最近のブログ記事

 5月11日(土)、1年生必修「コミュニティ研究Ⅱ」の新規コースである「千葉ホークス(車いすバスケ)コース」学生16名とSA(スチューデント・アシスタント)2名が、2020年東京パラリンピックの車いすバスケ会場でもある、武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された「天皇杯第47回車いすバスケ日本選手権大会」を観戦しました。千葉ホークスは残念ながら敗退しましたが、初めて観戦した学生たちは昼食の時間も忘れるほど観戦に没頭していました。会場内で体験もでき、また選手に突現インタビューをする学生も現れるなど、「障害者スポーツ」のイメージが大きく変わった1日となったようです。(文責:本多)



 社会調査士資格取得のための総仕上げ科目である「社会調査実習」の今年度の調査は、千葉県「なのはなシニア千葉」(老人クラブ連合会)との連携で、老人クラブの認知度等を調べ、高齢者人口の増加にもかかわらず加入者数が減少する現状への対策に活かされる予定です。4月16日(火)、「なのはなシニア千葉」の理事・事務局長と広報委員長のお二人に授業にご参加いただき、老人クラブの役割・位置づけ、

千葉県内の老人クラブの活動・特色等についてお話をいただきました。履修学生は、各自の問題意識から仮説を立て、実査、データ分析、報告書作成の一連の作業に取り組みます。(文責:本多)







 5月13日(月)3限、千葉県くらし安全推進課防犯対策推進室が来学され、ケーススタディ/ワークショップ山本クラス、日野クラスと合同で防犯・特殊詐欺ワークショップを開催しました。船橋東警察署生活安全課の警察官の方にもご同席いただき、船橋東署管内における特殊詐欺の予兆電話(電話de詐欺のアプローチ電話)の発生状況の分析をご紹介いただきました。

 ワークショップのテーマはふたつで、ひとつは特殊詐欺対策のために大学生に何ができるか、もうひとつは大学生の防犯活動をどのように活性化させられるか、でした。

 特殊詐欺対策は、加害者側にアプローチすることは困難なので、どのようにして高齢者の被害防止に寄与できるか、が論点でした。高齢者の電話の利用の仕方を工夫することが最大のポイントとのことでした。

 防犯活動の活性化に関しては、防犯パトロール等の「敷居の高さ」をどうクリアできるか、が論点でした。

 一緒に議論できる機会を与えていただいた千葉県くらし安全推進課防犯対策推進室と船橋東警察署にこの場をお借りして御礼申し上げたく存じます。(文責:山本)

 4月12日(金)、15日(月)、16日(火)、18日(木)に今年度のサービスラーニングセンタープログラムの説明会が実施され、延べ150名以上の学生が参加しました。昨年度まではサービスラーニングセンター独自プロジェクトという名前でしたが、今年度からはサービスラーニングセンタープログラムと名称が変わりました。プロジェクト一つ一つの学びを意識しての変更です。プログラムでの経験を通して1年後の学生の成長を期待しています(文責:石綿)。

2019年度サービスラーニングセンタープログラム

  • 東京ガールズコレクション(TGC)
  • 千葉ロッテ「淑徳大学スペシャルナイター」
  • 東京ディズニーリゾート(TDR)と周辺ホテルの企画とホスピタリティプログラム
  • 千葉日報学生記者 CHIBA UNIVERSITY PRESS (CUP)

車いすバスケットボール学生実行委員も募集しています。

1.千葉市議会議員活動データベース「議員の通信簿」プロジェクト

 ケーススタディ矢尾板クラスでは、2019年4月末で任期が満了する千葉市議会議員50名の4年間の活動についてのデータベースを作成し、学生目線で、議員活動の「成績」評価を行い、学生が共感する質問を行った議員の方5名を「質問いいね!賞」として決定しました。この結果は、WEB上に公開しています。

 資料にしたのは、千葉市議会のWEBページに掲載されている「質問通告内容」です。4年間、全16回の議会の質問通告内容をリスト化し、グループワークで話し合いながら、議員一人ひとりの質問内容を精査することで、質問内容から想像される人柄、そして千葉市や各区の課題なども把握することができました。その結果、学生の「主権者意識」や市政、議会への関心が高まりました。

 この通信簿については、読売新聞、毎日新聞、東京新聞に取り上げて頂きました。

 

2.千葉市「こども・若者サミット」での発表

 ケーススタディ矢尾板クラスでは、3月24日(日)に千葉市きぼーるこども交流館で開催された「こども・若者サミット」にて、2018年度に取り組んだ「千葉市こども若者市役所」の活動を発表しました。「こども・若者サミット」では、千葉市内の取り組みだけではなく、四街道市、袖ケ浦市、松戸市の事例も発表され、それぞれの取り組みについての情報交換が行われました。

 発表後には、熊谷俊人千葉市長の進行で、四街道市、袖ケ浦市、松戸市の各市長、各市での取り組みに参加したこども・若者によるパネルディスカッションが行われ、ケーススタディ矢尾板クラスの学生も登壇しました。

 

3.千葉市議会議員立候補予定者討論会

 ケーススタディ矢尾板クラスでは、4月7日に投開票が行われる千葉市議会議員選挙に立候補を予定している方をお招きし、3月26日(火)に立候補予定者によるWEB討論会の収録を行いました。当日は、千葉市内でも最も激戦が予想される稲毛区を対象に、立候補予定者に依頼したところ、8名が参加し、討論会が行われました。討論会では、学生が考えた質問を行いながら、立候補予定者の意見を聴くとともに、立候補予定者同士の意見交換、議論が行われました。

 討論会の様子は、ユーチューブLiveで生配信するとともに、録画動画をユーチューブで配信し、有権者への情報提供を行いました。

 この取り組みについては、日本経済新聞、千葉日報、東京新聞に取り上げて頂きました。

 

4.「千葉市議会 Q&A 7つの質問」の制作(矢尾板俊平教授)

 ケーススタディ矢尾板クラスでは、「千葉市議会のしくみ」について、学生が疑問に感じたことをまとめ、3月26日(火)に千葉市議会事務局を訪問し、インタビュー調査を行いました。そして、インタビュー調査の結果を冊子(PDF)に編集し、WEB上で公開を行いました。この調査は、千葉市議会議員活動データベース「議員の通信簿」の活動を通じて、「毎回質問する人とそうではない人がいるが、その違いは」や議員報酬や政務活動費の問題について関心を持ったことがきっかけです。また、冊子にすることで、広く市民や有権者に情報を提供することにより、千葉市議会のことをもっと知り、関心を持ってもらうことを目指しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

(文責:矢尾板)

 ケーススタディのサービスラーニング活動の1つとして、3月23日(土)、第4回目となる「おゆみ野caféこどものまちCBT」に参加しました。学生たちは、昨年9月から半年間にわたり、地域の方々や地域の小学生約40人と本イベントの準備を進めてきました。当日の参加子ども数は、約400人。周辺小学校の校長先生や先生方も見学に来てくださいました。

 子どもたちは市民登録後、保護者から離れてお仕事センターで仕事を選び、一定時間働くことで得られるイベント通貨を使って、遊んだり食事をしたりします。こうした「こどものまち」は、現在、日本各地で実施されていますが、もともとはドイツ発祥のプログラムです。大人や大学生スタッフの主な役割は見守りであり、子どもたちがどのような仕事をどのようにするかについては、極力、口を出さぬよう心がけます。実際に参加したうえで、こうしたプログラムがなぜ全国展開しているのか、その理由を考える作業は、学生にとって子どもと家族、学校、地域社会の相互の関わりについて考える良い入り口になると思います。(文責:青柳)

 ケーススタディ(日野クラス)(3年生)の学びの一環として、木更津市消費生活センターと連携し、同センターの広報誌「きさらづ消費生活通信 ライフデザイン+」(特別号)の制作を行いました。紙面の主な内容は、「リスキーな心理傾向」かどうかを測るチェックシート、若者の消費者被害の特徴と対策、持続可能な消費やSDGsと消費行動の関係性、同センターの紹介等です。

 

 同市職員のアドバイス等を受けつつ、表紙のデザインや各紙面の原案作成から校正作業に至るまで、学生目線で制作しました。各学生にとって、原稿締め切りの厳しさを体感するとともに、若者の消費者被害に向き合う良い機会となりました。

 

 詳しくは、木更津市ホームページ(https://www.city.kisarazu.lg.jp/kurashi/soudan/shohisha/)をご覧ください。(文責:日野)

 2019年3月23日土曜日にプロジェクトの予備回が開催されました。第6回最終プレゼンテーションに参加できなかった学生の皆さんが企画した特別回です。

 「東京ベイ東急ホテルの集客を実現するために何をするべきか」というテーマに数カ月真剣に取り組んできました。それぞれの学生が、SNSやポイント還元、ホテルの立地を生かした企画、防災などから集客のための取り組みを提言しました。

 

 

 外部講師の三橋徹さん(東京ベイ東急ホテルマーケティング支配人)からはどのプレゼンテーションも素晴らしかったこと、ホテルの集客の参考にしたいと講評をいただきました。

「来年度もこのプロジェクトで企画を磨きたい。」そんな参加学生の声がとても頼もしく聞こえました。

 

学生の企画案のテーマ:

「ホテルの企画」、「地震に強いホテルになるための企画案」

「ホテルに行くことが更に楽しくなるように」、「冬の海風テラスがキャンバスに」

「忘れられない思い出をあなたに」

(文責:石綿)

 3月2日・3日に千葉ポートアリーナにて第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会が実施されました。学生実行委員会は、この日のために、イベントの企画やパンフレットの作成、協賛企業や来賓、プレスへの連絡、審判や選手との打ち合わせなど様々なことを入念に準備してきました。

 当日は、すべての試合で車いすバスケットボール選手による迫力のある試合が催されました。2日間で昨年よりも大幅に多い3113名の方が試合の観戦に訪れてくれました。千葉市・公益財団法人千葉市スポーツ振興財団のご協力をいただきながら、学生実行員会を中心に会場設営から受付や試合進行、撤収まで大会の運営を淑徳大学生が担いました。車いすバスケットボールを通じたパラスポーツの普及とともに学生実行委員会の経験も来年度に引き継がれていきます。(文責:石綿寛)

 

3月2日 開会式

 

3年生から1年生への業務の引継ぎ

 2月23日(土曜日)、イオンモール幕張新都心グランドコートにて、千葉市・千葉市スポーツ振興財団・淑徳大学第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会学実行委員会主催による車いすバスケットボールの体験会が開催されました。

 当日、学生は9時に集合をして準備をはじめました。仮設コートをつくり、車いすバスケットボール用のゴール・競技用車いす・柵などを設置し、体験会の手順を確認しました。

 11時に体験会が開場になると沢山のお客さんが来場してくれました!実行委員会の学生は車いす操作の基本やルール、シュートの仕方をサポートしました。

 午後からは千葉市の車いすバスケットボールクラブ千葉ホークスの選手の方々による華麗な実演や競技指導も行われました。昨年度の倍以上の参加者があり、本当に体験会は大盛況でした。

 3月2日・3日は、千葉ポートアリーナで第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会です。大会に向けて気持ちも高まります。ぜひ大会にもご来場ください!(文責:石綿)

 http://www.shukutoku.ac.jp/news/univ/7_3_35285.html

(第8回長谷川良信記念・千葉市長杯争奪車いすバスケットボール全国選抜大会)

 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ