資料請求

社会福祉研究所

トピックス

社会福祉研究所とは

淑徳大学が開設している社会福祉研究所は、

  • 総合福祉研究室
    共同研究推進室
  • 発達臨床研究センター
    児童臨床部門

の三つの部門から成り立っています。

総合福祉研究室 / 共同研究推進室

総合福祉研究室及び共同研究推進室は、変貌する社会福祉の状況に対応する研究活動を行い、 またそれを通して地域社会に貢献することを目的として、公開シンポジウムや本学教員に よる共同研究や千葉市等からの委託を受けての研究活動を行っています。

活動内容

  1. 社会福祉に関する調査研究
  2. 地域福祉情報の収集および資料の提供
  3. 諸外国や他地域の社会福祉に関する研究
  4. 研究・調査に関する報告書及び資料の発行(総合福祉研究)など

発達臨床研究センター

発達臨床研究センターは、淑徳大学の開学と同時に開設された「淑徳大学児童相談所(昭和40年~46年)」から始まり、「淑徳大学カウンセリングセンター(昭和47年~51年)」にひきつがれ、昭和52年に「淑徳大学社会福祉研究所相談治療研究室」に改組され、今日に至り、平成4年から「淑徳大学発達臨床研究センター」とよばれるようになりました。当センターでは、発達につまずきを示す乳幼児に対する発達支援活動ならびに研究を三十数年間にわたって実施し、感覚と運動の高次化という組織的な治療教育法が開発されてきました。 音楽療法や言語治療、障害児用教材の開発などの分野で、全国的に知られています。

活動内容

  1. 障害幼児の発達臨床活動
  2. 臨床実習生・長期研修委託生の受け入れ
  3. 発達臨床研究の発行
  4. 発達臨床研修セミナーの開催 など

お問い合わせ

総合福祉研究室/共同研究推進室
千葉キャンパス12号館3階
発達臨床研究センター
千葉キャンパス1号館1階
住所〒260-8701 千葉市中央区大巌寺町200
TEL043-265-7377(火・木・金)043-264-6042
FAX043-265-7377043-265-9801
Mail
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる