資料請求

総合福祉研究室/共同研究推進室

社会福祉研究所 総合福祉研究室・共同研究推進室

社会福祉研究所は、1977年に「淑徳大学カウンセリングセンター」を改組して「相談治療研究室」「総合福祉研究室」「地域福祉研究室」の3部門で構成された。その後、1994年に「総合福祉研究室」「地域福祉研究室」を統合して「総合福祉研究室」とし、それに「発達臨床研究センター(児童臨床部門)」と「共同研究推進室」を加えた現在の三部門による構成となった。

「総合福祉研究室」及び「共同研究推進室」は変貌する社会福祉の状況に対応する研究活動と、それを通して地域社会に貢献することを目的としている。その活動としては、シンポジウム・講演会、本学教員による共同研究や委託を受けての研究活動を行っている。

シンポジウム・講演会は、平成10年に第1回を淑徳ホール(東京)で開催して以降、毎年、千葉市内の会場にて福祉をテーマとして無料の公開講演会を開催している。近年は定員500名の会場で実施してきたが、定員を上回る参加希望者があり、その3分の2はリピーターであるなど、地域に根付いた活動実績を示している。

社会福祉に関する調査研究として、平成9年度からほぼ3年周期でテーマを決めて共同研究を実施している。これまでの研究テーマは、虐待問題、ホームレス、社会福祉構造 改革と地域福祉、日米比較による社会福祉(専門職)大学院におけるソーシャルワークと経営学の統合、などが実施された。平成25年度から27年度は、創立50周年を契機とした「卒業後の動向および仕事・人生へ向きあう意識」のテーマで、卒業生を対象とした調査を実施した。

社会福祉研究室では、平成7年度に、「総合福祉研究室年報」創刊号を発刊し、平成14年第6号を発刊した。その後、研究紀要としての性格をより強化したいとのことで研究所紀要と統合された。社会福祉研究所は、平成8年から研究所紀要「総合福祉研究」創刊号を発刊し、平成26年度に第19号を発刊するに至っている。投稿者として専任教員、兼任講師、大学院生などからの福祉論文の発表の場として投稿者は年々増加しており、その発刊の意義を示している。

それらの活動に加えて、地域福祉情報の収集および資料の提供などを行ってきており、それらの一部は淑徳大学アーカイブスに所蔵されている。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる