国家試験受験対策夏期合宿を開催!

藤野達也・伊藤千尋

社会福祉学科では、毎年夏休み前のこの時期に「受験対策夏期合宿」を実施しています。

後期に向けて、「模試+グループ調べ学習」で学習体力をつけることが目的です。

今年は113名の社会福祉士・精神保健福祉士を目指す学生たちが参加しました。

 国家試験合宿

写真4:合宿初日。本番と同様の緊張感の中、模擬試験がスタート

 国家試験合宿

写真:4人グループに分かれての調べ学習

 国家試験合宿差し入れ

写真6:毎年恒例!?社会福祉学科教員からの差し入れが届きました!

 夕方には、昨年度合格した2名の先輩が会場に駆けつけてくれました。

勉強方法だけでなく、今の自分にとって国家資格がどのように役に立っているか等を熱心に語っていただき、在学生は真剣に聴き入っていました。

卒業生の姿を見ながら、「自分のなりたいソーシャルワーカー像があること」が最後の踏ん張りにつながるのだと意を強くしました。

この夏期合宿での経験が、残り半年間の学生たちを支えてくれることを信じています。2日間、お疲れさまでした!

国家試験合宿 差し入れ国家試験合宿 卒業生の話国家試験合宿

EPA経済連携協定に基づくベトナム人介護福祉士候補者との国際交流

 今年もベトナム人介護福祉士候補者193人と社会福祉学科の学生144名との交流が行われました。

 全体会のあと各教室に分かれ、ベトナムと日本の文化と生活、医療や福祉、若者の文化や流行などについて活発に議論が行われました。

 参加した本学の学生の意見として、

 「第一印象は、たいへん明るく活力があると感じました。1年間で日本語を学び、はきはき話す姿を見てすごく努力をしているのだと感じました。日本語や文化について多く質問され学びへの意欲の高さを感じました。」

 「ベトナムのことはもちろん日本のこともたくさん調べてきてくださり、日本のことが好きな様子をみてとても嬉しくなりました。いままで外国の方と触れる機会がなかったのでこの交流がとても新鮮でした。」

 「ベトナムから日本に来られた理由は、今後ベトナムでも必要となる介護技術を学び将来は母国に持ち帰りたいと聞きました。国家試験に受かりたいという気持ちから勉強が嫌いな人でも1日何時間も勉強していると聞き、見習わなければと思いました。」

 以上、今回の国際交流で多くの学生が働く意味や学ぶことの大切さを感じたことと思います。(文責 藤野)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベトナム学生との交流

 

 

 

 

 

 

看護学科と社会福祉学科の合同授業の報告(2018年6月28日木曜日)

結城康博(文責)

 2018年6月28日(木)3限~5限にかけて、毎年、恒例の看護学科と社会福祉学科の合同授業が千葉第一キャンパスで実施される。

看護学科約90名と、社会福祉学科約120名の学生が参加した(両学科教員10名)。

授業テーマは、「新型出生前診断を考える」。

社会福祉の立場、看護の視点で、将来、専門職としてクライエントなどに、どのように対応すべきかを議論した。

 看護学科及び社会福祉学科合同の全体会

看護学科の学生からは「福祉の視点で考えさせられた。

普段、医学の側面でした考えることがなかったが、福祉(生活)の視点の考えが重要であると気づかされた。

福祉学科の学生からは「看護学生は医療知識が豊富で、福祉の視点と異なるのが新鮮であった。

福祉の視点では気づかされない側面がある。非常に看護学科の学生と議論して印象深かかった」との反応であった。

社福と看護の合同授業

看護学科及び社会福祉学科の学生が小グループに分かれてディスカッション

淑徳大学総合福祉学部社会福祉学科教授  柏女 霊峰

  522日、相談援助実習指導Ⅱ(90分演習、15)の一環として施設見学が行われました。

この施設見学は毎年この時期に行われているもので、実習の事前学習のためのイメージづくりの意味合いを持たせています。

対象は、配属実習で児童相談所、児童養護施設に行く学生たちです。

柏女ゼミ(「社会福祉専門研究Ⅰ」の学生も同時に参加し、これからのゼミレポート並びにそれに基づく討論に役立ててもらっています。

今年も、千葉県中央児童相談所と児童養護施設房総双葉学園にお伺いし、担当者からのご説明を伺ったうえで施設内を見学させていただき、短い時間でしたが、質疑にも応じていただきました。

千葉県中央児童相談所では、相談措置課長の説明に、皆、真剣に聞き入っていました。

施設内の見学では、一時保護所の子どもたちの多さに児童問題の深刻さを実感しました。

房総双葉学園では、学生時代に私が実習指導を担当した卒業生が説明をしてくれ、児童養護の仕事について熱く語ってくださいました。

 柏女ゼミ相談演習風景2018

写真1 千葉県中央児童相談所会議室で課長の話を聞く学生たち

柏女ゼミ訪問風景2018

写真2 房総双葉学園の正面

 柏女ゼミ訪問2018

写真3 房総双葉学園の中舎

 

実習指導の前期は事前学習が中心です。

配属実習は、夏から秋にかけて3週間実施されます。事前学習は、以下のように進んでいきます。

オリエンテーション、自己紹介ののち、まずは、実習のイメージを作ること、子どもたちへの対応の方法などを学ぶため、ヴィデオ教材やテキストを用いた学習をします。

施設見学も行います。

その後、配属施設種別の概要について、調べ方を教示のうえ図書館などで自己学習を進めます。

その間、ジェノグラムやエコマップなどについて復習し、子どもと関わる具体的スキル等について学びます。

 配属実習機関・施設の概要についてはA43枚程度にまとめ、班別学習を進めます。

児童養護施設や児童相談所の事例について模擬ケースカンファレンスを実施してイメージ

を膨らませます。そのうえで、先輩たちのエピソード記録と個別援助計画を読みながら作

成方法について学びます。実習記録の書き方も大切な学びとなります。

 実習課題の作成も進めます。

体験実習やオリエンテーションを通じて、具体的に配属される施設の概要や体験実習レポートをまとめ、テキストなどを参考にしながら下書きを作成し、添削を行います。

配属実習中の留意事項を学んで前期は終わります。

  事後学習も大切な科目です。

これも15回実施されます。学生たちは、実習で一回り大きく成長します。

配属実習と事前事後学習を統合させつつ、社会福祉士としての道のりを歩み始めます。

しかし、それは、入念な準備に裏打ちされて初めて達成されることを忘れてはならないでしょう。

指導教員は、配属実習体験がこれからのそれぞれの人生にとって大きな糧となることを願いつつ、一人ひとりの実習を応援していくこととなるのです。

今年の学生たちは実習でどのような体験をするのか、今から楽しみにしています。

それぞれのスタート

社会福祉学科長  齊藤順子

 平成30年度がスタートしました。

今年度、社会福祉学科は199名の1年生が入学しました。4月20日~21日には、6台のバスに分乗し、1日目は、鴨川のホテル三日月、2日目は、東京ドイツ村にて、新入生セミナーが開催されました。

2日目の東京ドイツ村では初夏を通り越して、夏の気温まで上昇しましたが、皆活発に交流する機会となりました。

社会福祉学科 新入生セミナー<新入生セミナー1日目:ホテル三日月>

 新入生セミナー 東京ドイツ村<新入生セミナー2日目:ドイツ村>

 また、4年生は、社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験受験対策講座がスタート、就職活動、卒業研究、国家試験受験と忙しい1年になります。教員を目指している学生は、5月から教育実習が始まります。今年度は20名の学生が実習へ行きます。

<4年生 社会福祉士・精神保健福祉士国家試験受験対策室の掲示> 

2017年度国家試験結果 社会福祉学科では、4年生を対象に千葉県社会福祉士会、千葉県精神保健福祉士協会、千葉県医療ソーシャルワーカー協会の3福祉系職能団体とコラボしたユニークな授業「卒後教育と人間開発Ⅰ・Ⅱ」を行っており、来年4月からの専門職としてスタートを今から支援しています。最初の講師は千葉県社会福祉士会の渋沢茂会長でした。

 <4年生 授業「卒後教育と人間開発Ⅰ」>

 国家試験

来年3月15日、進路が決定し、全員が笑顔で卒業式を迎えられるようにと願っています。

知事賞

 本学の社会福祉学科卒業の杉野明子さんが、千葉県知事から知事賞を受賞された記事が千葉日報に掲載されました。

 

昨年11月の世界選手権に優勝された功績をたたえたものですが、大学在学時代から継続してパラバトミントンの世界大会に出場し続けてこられました。


今後の活躍を期待しています。                                  (文責 藤野)

                                                    

知事賞

323日にゼミ生とオリックスリビング千葉みなと海岸通りを見学しました。そして施設で使用されている介護リフトの体験をさせていただきました。

 介護リフトの普及はまだまだですが、介護職員の腰痛予防のためにも介護機器やロボットを有効に活用していくことが必要です。

(文責 藤野)

藤野ゼミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤野ゼミ藤野ゼミ

結城(研究室)からNHKラジオ生放送!2017124日(月)

結城康博(文責)

 2017124日(月)、結城研究室にて NHKラジオ(FM)「ひるどき情報千葉」にて、

3年生結城ゼミ2名(黒田さん、小原さん)と、高鍬アナウンサーで、ラジオ生出演。研究室をスタジオ風にして、

「介護問題」など学生らの意見も聞きながら生放送。ゼミ生2人も、生放送でしたが、しっかりとコメント、素晴らしかったです。

出演者4人で記念撮影

生放送中のシーン

 

 

 

3年生・4年生で履修する科目「社会福祉専門研究」はゼミと呼ばれており、

大学での学びの特徴の一つです。

今年度も学園祭である「龍澤祭」の初日に開催された「ホームカミングデー」

(卒業生の集い)終了後に、渋谷ゼミの同窓会を行ないました。

参加者は40期生から52期生の14名。千葉市稲毛区福祉事務所に勤務する

卒業生から「現場報告」をしてもらい、その後は参加者から「近況報告」を

しました。

渋谷ゼミ 同窓会

渋谷ゼミ同窓会

車いすに乗って街に出よう

 
総合福祉学部社会福祉学科 山下幸子
 
2017年10月1日、相談援助実習指導ⅠHクラスの学生及び他クラスから関心を寄せてくれた学生も集まり、「車いすウォーク2017」にボランティア参加しました。このイベントは、社会福祉法人りべるたすが主催(千葉市が後援)しており、障がいのある人と一緒に車いすに乗り街中を歩くことで、バリアフリーや障害のある人とない人との共生について体験的に考え学ぶことを目的にしています。
 
千葉市中央公園から千葉駅を経由し、公園まで戻る道を、車いすに乗る学生と車いす介助をする学生のペアになって歩いていきます(写真1、写真2)。
 
 
 
平らな道だとすいすいと車いすを押すことができますが、そのような道ばかりではありません。普段、障害のない人だと気付きにくい小さな段差が車いす移動を阻み(写真3)、傾斜のある歩道だと車いす操作に負荷がかかることもあります。介助役の学生はそうした気づきを得つつ、また車いすに乗る学生は、でこぼこ道での身体にかかる負荷や介助者との信頼関係の必要を感じ取っているようでした。
この日、学生たちは体験だけではなく、受付やテント片付けなどイベントの裏方作業も手伝ってくれました。学生たちの明るく積極的な様子は、とてもすてきでした。参加の皆さん、おつかれさまでした!(写真4)