教育福祉学科の最近のブログ記事

スポーツレクレーション祭

5月27日(土)に、淑徳大学千葉キャンパスでは、スポーツレクレーション祭が実施されました。当日は晴天に恵まれ、参加した400名以上の学生たちの元気な声が轟きました。特に、本学では、1年生で教職体験研究という活動単位がありますが、その仲間たちで取り組んだチームが多くありました。その他には、部活動や専門研究ゼミの単位で多くの参加がありました。また、先生方もゲームに参加し、学生と一丸となって取組まれる真剣な顔が見られました。

スポーツレクレーション祭では、社会福祉を学ぶ学生も多いという本学の特色を生かし、体力差やスポーツ歴に関わらず楽しく参加できるようなスポーツ種目が考えられています。例えば、ボッチャやルールを変えたドッヂボール、綱引きやムカデ競走がプログラムに組まれました。ボッチャは、ヨーロッパで産声を挙げたゲームで、最初にジャックボールと言う目標となる球を転がし、ほかの赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げ、転がしたり、ボールを当てたりしてジャックボールに近づけるゲームです。大会の実行委員が事前にどのようなゲームにするかを検討しも選ばれた6種目が大会では採用されました。

スポーツレクレーション祭の実施に当たっては、実行委員長の石垣竜輝君(教育福祉学科3年生)と副実行委員長の小栗央君(教育福祉学科2年生)が中心となって、準備を進めてくれました。その準備は、昨年の1月から始まり、活動計画を立案、熱中症予防のためのドリンクの準備、競技種目の選定、当日のプログラムの確認など、年度初めの忙しい時期に準備を進めてくれました。それから、今回は、大会のスタッフの皆さんでTシャツを製作しました。そのテーマは、「お前、腕を挙げたなぁ」Tシャツです。これは、教育福祉学科の山西哲也先生の普段の口ぐせで、ユーモアのある発言、優れた発言には、関西出身の山西先生からこの言葉が出ます。今回のスポレク祭の撮影も、ポーズは「腕を挙げたなあ」のポーズでした。

このような学生の主体的なスポレク祭の運営は、上学年から下学年へと代々引き継がれてきました。実行委員の学生たちの十分な準備ときびきびとした動きで、無事に終えることができました。スポレク祭は、淑徳生が見せた競技中の協力や対戦相手への敬意、それから実行委員や先生方のご協力など、支え合う「共生(ともいき)」を実践する素晴らしい取り組みとなりました。

パネルシアターサークル「でんでん虫」は、30年近く前から、浄土宗ハワイ開教区の協力を得てハワイ公演を行っています。

今年も、2月9日から22日の日程で、加藤祐実さんをリーダーとする4名が参加し、ハワイでの公演を行いました。

ハワイ到着後、英語教授の特訓研修を経て、まずホノルルのハワイ浄土宗別院での公演をおこないました。

その後マウイ島に移動し幼稚園、小学校、シニア施設、寺院などの12か所の会場で大人向け、こども向けのプログラムで公演し、延べ1000名近くの皆さんに楽しんでいただきました。

パネルシアターサークル「でんでん虫」ハワイ公演2017年

また、公演の様子はハワイ報知新聞に取り上げられました。

 

 本学では、教員採用試験の1次試験の結果発表を受けて、大学を挙げて、2次試験対策が実施されています。2次試験の内容は都道府県によって異なりますが、面接、模擬授業、討論、実技などが実施されます。本学の多くの学生は千葉県を受験していますので、個別面接と、模擬授業、集団行動、実技が試験内容となります。

教員採用試験の2次試験対策

 本年の2次試験対策には、新卒者・既卒者を含めますと、小学校13名(新卒13名)中高社会2名(新卒1名・既卒1名)、中高保健体育2名(新卒2名)、養護3名(新卒1名、既卒2名)、特別支援45名(新卒27名、既卒18名)、計65名が参加しました。

 内容は、朝の会に始まり、帰りの会に終わります。これは、読者のどなたもご経験があることでしょうが、朝の会では、今日の予定や学習内容の確認、健康観察をします。そして、今日1日を大切にする上でのポイントを把握し、1日に見通しを持てるようにします。帰りの会では、1日を振り返り、自らの課題を明らかにし、先生方からアドバイスを頂きます。このような朝の会、帰りの会も学生自身が運営をします。

 2次試験対策の期間中、すでに採用となり学校に勤務している卒業生がたくさん後輩たちの激励に訪れました。そして、実際に模擬授業や集団行動の模範演技をしたり、後輩たちの悩みに耳を傾けたりしてくださいました。このように、本学の2次試験対策は、先輩から後輩へとつながりをもっています。

 本年は、かつてないほどの参加者を数えました。一人一人の学生が、試験会場で十二分に力を発揮し、合格できることを祈念するばかりです。

教員採用試験本番に向けた激励会

7月10日(日)は、関東圏の教員採用試験の実施日になります。淑徳大学の多くの学生は、この日に試験があります。

試験に向けこれまでに行ってきた共通講座(各学年が決まった曜日時間に対策講座に取り組む日)の最終日に、これから受験する学生と、ご指導を頂きました先生方が集まり、これまでに毎週行ってきた、面接や筆記試験対策のまとめとして、激励会を実施いたしました。

激励会では、先生方から、受験にあたっての心構えや、ポイントについてお話いただきました。 学生の皆さん、これまでの毎日の積み重ねを力いっぱい、発揮してきてください。

教員採用試験本番に向けた激励会

10月16日、紅葉の始まった長野で、「信州万葉教室」が開催されました。教育福祉学科白井ゼミの3年生が、信州大学教育学部附属長野中学校で、「万葉集で楽しもう!」と題して、授業を実践してきました。

中学1年生200名を前にして緊張の1時間でしたが、万葉集の表記の面白さを導入とし、万葉集の恋の歌を取り上げて解説し、古典への興味関心を高めることができました。

「信州万葉教室」 「信州万葉教室」

教員採用試験二次試験対策講座開催

保育・教職課程センター

 

〇 平成28年度教員採用試験の一次試験の結果は下記の通りでした。

1 小学校      千葉県 10名  東京都 1名    計11名

2 中高保健体育    千葉県   1名 

3 中高社会公民   千葉県  1名

4 特別支援学校   千葉県 25名  東京都 2名   栃木県 1名  新潟県  1名  富山県 1名  計30名

 総計  43名

〇 8月13日~8月19日 全区分合同の二次試験対策講座が開催されました。参加者は、在学生 36名、既卒者 18名、計54名でした。
午前10時から午後5時まで、連日、個人面接、模擬授業、集団行動の内容で、熱のこもった取り組みが展開されました。
指導に当たられた先生方は11名でした。卒業生もたくさん応援に駆け付け、模擬授業や集団行動でお手本を示したり、悩んでいる受講者の相談に乗ったり、励ましたりしていました。
千葉県の小学校教員採用二次試験は全体より1週間遅れであったために、小学校受験者は8月26日までの取り組みとなりました。

 

 二次試験対策講座の様子

個人面接対策  個人面接対策
個人面接「1分間で自己アピールをしてください」     個人面接「教職たまごプロジェクト ではどんなことを学びましたか」



模擬授業対策  模擬授業対策
模擬授業 道徳「困っている人をたすけよう」             模擬授業  道徳「ゴミの分別」   

 

模擬授業対策  模擬授業対策
模擬授業  国語「自己しょうかいをしよう」          模擬授業 生活科「生き物を育てよう」

 

模擬授業対策  集団行動対策
集団行動  一列縦隊「前へ倣え」                  集団行動  三列横隊  



集団行動対策  集団行動対策
集団行動  行進をする                 集団行動 バランスを保つ運動



集団行動対策  集団行動対策
集団行動 柔軟性を高める運動            集団行動 這う、歩く、走るなどを入れた運動



集団行動対策 
集団行動 跳ぶ、はねるなどの動きを入れた運動



小学校での読み聞かせ活動

小学校教員を目指している2年生のカレッジアワークラスでは、今年度、小学校での読み聞かせ活動を行っています。
5月27日に2グループが近隣の公立小学校で、朗読劇をさせていただきました。
お話しを楽しみにしてくれている子どもたちを前に、熱のこもった演技ができました。

アーノルド=ローベル作「お手紙」の朗読劇の様子
アーノルド=ローベル作「お手紙」の朗読劇の様子

2015年度新入生セミナー(教育福祉学科)

4月17日、18日に新入生セミナーが「生命の森リゾート」で行われました。

グループごとの活動に取り組んだり、一緒に食事をしたり、コテージに泊まっておしゃべりを楽しんだりするうちに、クラスの仲間やアドバイザーの先生との絆が深まり、入学したての不安感は、いつの間にか消え去っていました。

   いちご狩りでは、3種類の品種を食べ比べました    
いちご狩りでは、3種類の品種を
食べ比べました
  グループワークのひとつ「足吊り橋」  
グループワークのひとつ「足吊り橋」
 
  グループワークのひとつ「パイプライン接続」  
グループワークのひとつ「パイプライン接続」
 

閉校式で学科長の講評
閉校式で学科長の講評

保護者や子どもの相談をしやすい環境、雰囲気づくりを目指して

教育福祉総論の授業にて消費生活センターの皆様をゲストにお迎えし、70分のご講義をいただきました。

消費生活は、生活者誰しもが当事者となる身近なことです。

そんな生活の場面に潜む悪徳商法や詐欺など消費者トラブルについて、具体的な事例をふまえて、消費者としての対応策をご教授いただきました。

受講していた学生は、一人ひとり真剣そのものの表情で内容に聞き入っておりました。

そんな学生たちの授業後の感想レポートから、二人の方の内容をご紹介します。教育福祉学科消費者センターの講義風景

 

「改めて、自分が被害者にならないために、もっと注意しなければならないと考えた。もし、自分が被害者になってしまったとしたら、とにかく動いてみることが何よりも大切であり、引っかかりやすい人だと認識されないように誰かに相談をしたり、周りの人に積極的に助けを求めることの重要性を知ることができた。だが、誰かに相談といっても、相談できる人が身近にいなければ助けを求めることはできない。何でも気軽に話ができて、相談できる人をつくる為に、人との関わりを大切にし、コミュニケーションを積極的に取っていきたい。また、現代の小学生は携帯電話やスマートフォンを持っている人が多い。私が将来、教師になった時に、携帯電話の被害が子ども達に及ばないように総合の時間などを使って、被害を受けないためにはどう対処すればよいのかの授業をしていきたいと考えている。」(T.S.)

 

教育福祉学科消費者センターの講義風景


「消費生活センターの方の話を聞いて、時代の流れや変動に合わせ、さまざまな消費者トラブルが変化し、増加しているように感じた。また、消費生活センターのような場があり、トラブルに巻き込まれた時には、すぐに相談できるということをもっと多くの人に知ってもらいたいし、私も周りの人に知らせたいと思った。昨日、見学実習先の小学校の先生が、今は情報化がかなり進み、小さい子どもたちでも携帯やパソコンを通してネットにつながるようになったと話して下さった。そのため、これからは幼い頃から消費者トラブルについて学び、考えていく必要があると思った。また、私が教師になったら、さまざまなトラブルにあった保護者や子どもが相談しやすい環境、雰囲気をつくり出していきたい。」(I.K.)

 

 

教育者・保育者を目指す学生にとって、さまざまな立場の視点から物事を考えることのできた意味深い講義でした。

消費生活センターの皆様、本当に貴重な講義をありがとうございました。

 

教育福祉総論

中澤 小百合

仲本 美央

言語表現の授業にてアナウンサーをしている川村綾さんをゲストにお迎えし、30分程の講義と絵本の読み聞かせをしていただきました。

本日は、いつもの教室ではなく、大学裏の大巌寺の書院をお借りして落ち着いた環境の中で実施。

川村さんの美しい言葉と声がさらに引き立つ場で授業がスタートしました。

 

これまでにアナウンサーという仕事を通して培ってきた言葉にまつわる経験や、日常の生活における言葉のつかい方、美しい言葉を心がけることで人にどのような印象を与えるのかなど、川村さんの豊富なお話しに50名弱の学生は真剣そのものの表情で聞き入っていました。

日常で使用している言葉もちょっとした表現の違いから「この人、他の人と違った魅力がある」と感じてもらえるとの川村さんからのアドバイス。

そのアドバイスの1つとして「がんばる」という表現から「励む」の表現を使ってみたらどうかとの川村さんのご提案に、学生各自は、なるほどといった表情でした。

 

絵本の読み聞かせでは、降矢なな作『きょだいな きょだいな』を読んでいただき、川村さんの間の取り方や感情の込め方に学生たちは皆、感動をしておりました。

最後には、多くの学生による質問があり、授業終了後も川村さんを取り囲みながら名残惜しい時間を過ごしました。

別れ際に一人の学生が、川村さんへひと言。

「今日はありがとうございました。これからは美しい言葉づかいを目指して、日々、励んでいこうと思います!」言語表現 授業

今日、この学びの瞬間から学生が変化し始めた意味深い講義でした。

川村綾さん、本当に貴重な講義をありがとうございました。

 

仲本 美央