資料請求

大学間連携共同教育推進事業

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」に採択されました

文部科学省が実施する平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」に、申請しました「主体的な学びのための教学マネジメントの構築」が採択されました。
今回、全国の大学等から153件(地域連携76件、分野連携77件)の申請があったうち、49件(地域連携25件、分野連携24件)の採択が公表さています。

取組名称「主体的な学びのための教学マネジメントの構築」
連携校淑徳大学、関西国際大学、北陸学院大学、くらしき作陽大学
連携機関大学入試センター、全国高等教育研究所等協議会、大学教育学会
取組期間平成24年度~28年度(5年間)
連携取組の概要現代社会では、主体的に考え行動できる力を持ち、予測困難な時代に対応できる人材の育成が求められており、大学は学士課程教育の質的転換を図らなければならない。そのような要請を受けて、本連携取組では、以下の取組を実施する。
第1に、アクティブラーニング(能動的学修)及びインパクトのある教室外体験学習プログラムなど、学生が主体的に学ぶ教育方法を充実する。また、授業外学修時間を確保した授業デザインを向上させる。
第2に、学修成果を可視化するため、ルーブリック及び到達テストの開発を行う。
第3に、全学的な教学マネジメントのもと、「学位授与」及び「教育課程編成・実施」の方針に即してカリキュラムを見直す。また、教員の個性を活かしながら、科目間・教員間連携を充実して組織的教育を確立する。
さらに、学生支援型IRを用いて学生パネルデータを蓄積し、本取組の評価・改善を行い、連携校以外の大学でも適用できるよう汎用化する。

平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」の詳細は、文部科学省ウェブサイトをご参照ください。

関連ページ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる