資料請求

学長メッセージ

広がり深まる地域連携

淑徳大学 学長 磯岡 哲也(いそおか てつや)

磯岡 哲也学長 本学は建学以来、地域開発、地域連携を大切にしてきました。学祖長谷川良信先生は、52年前から、地域社会との共生が本学の使命であることを予見されていました。このことは現在、地方自治体との包括協定という一つの形で継承されています。今年だけをみても、3月の酒々井町、6月の千葉市、八潮市との締結といった状況です。うち千葉市とは平成22年の相互連携協定を発展させ改めて包括連携協定を結びました。その他、東京都板橋区、埼玉県三芳町、富士見市、和光市、茨城県笠間市と協定し、それぞれ緊密な連携がなされています。自治体との連携は、大学の都合や学生の指導上の便宜ではなく、地域の課題やニーズにかなうものでなくてはならず、それぞれの地域の現状を理解することから始めねばなりません。
 以下、学祖以来、強い結びつきのある千葉市をみてみます。同市では、若い市長のリーダーシップのもと、「加曾利貝塚」、「オオガハス」、「千葉氏」、「海辺」という4つの地域資源を活用して市の魅力づくりを図っています。幕張新都心を国家戦略特区としたドローン技術や自動運転技術の開発、「こども若者市役所」等の若者の社会参画事業、市民との共働によるまちづくり等が取り組まれています。また本学の学生は、「車椅子バスケットボール全国選抜大会」を千葉市と連携して開催しています。2020年には、オリンピック3競技、パラリンピック4競技が千葉市で開催されますが、多くの学生がサービスラーニングの形で参画させていただくことになると思われます。それを一過性の「お祭り」として終わらせるのではなく、「オリンピック・パラリンピック・レガシー」を創り出し、それを継続させていただく活動も大切だと思います。
 本学の地域連携は、さらに広範な地域とともに歩むことを指向しております。これらの動きが、「ともいき」を学ぶ学生諸君のさらにアクティブな学びにつながることを心より期待いたします。

大学広報「Together 217号」より

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる