資料請求

学長メッセージ

ご入学おめでとうございます

淑徳大学 学長 磯岡 哲也(いそおか てつや)

 

磯岡 哲也学長新入生の皆さんへ
 淑徳大学の四つのキャンパスの全ての新入生の皆さん、本学へのご入学まことにおめでとうございます。 心よりお祝い申し上げます。教職員を代表し熱く歓迎いたします。
 入学に際して、学長として新入生の皆さんに二つのことをお伝えいたしたいと思います。一つは淑徳大学の建学の精神について、もう一つは大学での師友やいろいろな人との出会いについてであります。
 本学は、昭和四十年に学祖長谷川良信先生により、社会福祉学部社会福祉学科の単科大学として開学いたしました。現在では、六学部十一学科を擁する総合大学として展開しております。学祖は宗教大学(現在の大正大学)を卒業後、母校の社会事業研究室にお勤めになられ、大正七年二十八歳の時、東京・巣鴨の二百軒長屋と呼ばれた非常に貧しい方々が住んでおられる地域の生活向上を志されました。
 その志は次のように表現されています。「立って貧民を救え!貧児を救え!貧民窟に入って一生を奉仕の生活に捧ぐべきだ!」(「出発点のころ」昭和三十四年)学祖は実際、その二百軒長屋に移り住んで、生活を共にしながら宗教大学の学生を組織して子ども達の勉強会や住民の生活相談などの仕事をなされました。当時の生活については先の文章の後に次のようにあります。「夜ともなれば床につくやいなや、ノミ、シラミ、南京虫に終夜攻めぬかれて一睡も出来ぬこともある。」学祖は、このような困難のなかで、セツルメント事業(隣保事業)に取り組まれました。翌大正八年、『社会事業とは何ぞや』という著作のなかで「Not for him,But together with him」(他者のためにではなく、他者とともにでなければならない)と書いています。これが、「他者に生かされ、他者を生かし、ともに生きる」という本学の建学の精神である「共生の理念」なのです。本学では、社会のいろいろな分野で他者とともに生きることを願う人材を育成するという目的のもとに日々の教育活動が行われていることを理解していただきたいと思います。建学の精神については今後も学ぶ機会があると思いますが、まずは入学に際し、しっかりとお覚えいただければ幸いです。
 次に建学の精神とも関わりますが、大学での学業とともに、先生や友人、多くの方々との交わりや絆を大切にしていただきたいということを伝えたいと思います。多くの人が指摘するように、大学時代に培った友情は、当事者にとって利害関係がなく全人格的でかけがえのない宝物となります。学業をともにしながら、将来の夢や希望を純粋な気持ちで語り合うことができるのは、学生の特権といえるでしょう。また本学では親しみやすい教職員が多く、学生諸君から「学生と教職員との距離が近い」との評価を得ております。さらに、地域社会でのサービスラーニングや専門の実習等を通じて多くの方々との出会いがあることでしょう。その出会いを、大切にして欲しいと思います。
 人と人とのつながりの意識が希薄化し、絆が弱まりつつある今日、そのつながりの再構築は、この社会の重要な課題の一つであります。まさに、家庭、地域、社会、国家、世界といった各レベルにおける人間関係の再構築が課題とされているのです。新入生の皆さんには、ゼミや実習、サークル活動、サービスラーニングやボランティア活動などを通して、自分とは異なる他者との出会いと交わりを広げ、共に学ぶ学生生活を送っていただきたいと思います。
 皆さんの淑徳大学での学生生活の一日一日が、多くの方々との関わりを通して、限りなく充実したものとなることを心より祈念いたします。

大学広報「Together 216号」より

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる