資料請求

表現学科 岡村 宏懇(おかむら ひろのぶ)准教授

研究分野

演劇、身体表現、コミュニケーション論

研究分野についての紹介

表現学科 岡村宏懇 准教授芸術表現、中でも舞台芸術における表現法を研究しています。
演劇は、古典芸能から現代劇まで、その表現形態に違いはありますが、人と人とのふれあいの中でしか創ることのできない「アナログ」で「ライブ」な表現芸術です。古典芸能においては「どう演じるか?」の答えが「型」という様式で継承されています。「型」は「やり方」に通じ、稽古の中で習得されます。稽古は「古(いにしえ)を稽ふる(かんがえる)」と訓じますが、「型」の中に先達のアイデアや知恵の集積(文化)が見てとれます。私はプロの実演家でもありますので、今日も舞台で、理論だけでなく体験として「ライブ表現ならではの特性」を探求しています。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる