資料請求

看護学科の教育目標

看護学科では、社会の一員として求められる倫理観と良識ある態度の修得をもとに、看護学の基礎的な知識と技術を修得し、それらを必要とされる場において、適切に用いることができる思考力、判断力、実践力を備えた保健医療福祉の分野で活躍できる看護専門職を育成します。

  1. 共生の精神を基盤とし、人々の尊厳と人権を擁護しうる高い倫理観を養い、看護専門職者として、対象者にとっての最善について考え、行動できる能力を培う。
  2. 人類の文化、社会、自然等に関する幅広い知識と理解力を培うとともに、知識・技術・対人関係能力および情報活用能力を活用し、地域社会の特性や対象者のニーズに合わせて看護を実践することができる能力を培う。
  3. 主体的に課題発見・問題解決に取り組む能力、及び協力し合う態度を養い、対象者の健康と安定について主体的に課題を見出し、解決に取り組む能力を培う。
  4. 人々の健康と生活の質向上に向けて保健医療福祉チームの一員として連携・協働できる看護実践能力を培う。
  5. 自己の行動に責任が伴うことを自覚し、自ら行動を調整する能力を培うとともに、保健医療の専門職者としての責任を果たすために自己の課題を明確にし、生涯学び続ける態度を養う。
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる