資料請求

学科長メッセージ

「人に寄り添うこと」「ともに歩むこと」は看護の本質です

看護学科長 岩崎 紀久子

看護は医学的な知識をもとに行われる、対人関係を基盤とした日常生活援助を行う仕事です。本学科には、「対人関係援助論Ⅰ」「対人関係援助論Ⅱ」という人間関係を理解する独自の科目があり、様々な人々とのコミュニケーションや関係性の構築について学ぶことができます。さらに、身近な存在である総合福祉学部や栄養学科の学生とは、お互いの学問領域を理解し、各々の目標に向かって歩んでいくことができます。看護・福祉・栄養のコラボレーションは、他大学ではなかなか得られない環境です。また、看護師国家試験受験対策については、看護学科全体で力を注いでおり、学部開設以降、看護師国家試験合格率は常に全国平均を上回る成果を挙げています。学生に対する学修面の支援に対しても、個人に対してはアドバイザー教員が、学科全体に対しては委員会が中心となり、互いに連携して取り組んでいます。さらに本学科では学生の学修面のみならず、生活面に対してもアドバイザー教員を中心に丁寧に関わり支援しています。 本学の建学の精神である「彼のために」ではなく「彼とともに」は、教育を実践する上でも活かされています。看護の対象者に安心感を与えること、ともに歩むことを通して、「寄り添うこと」の本質を実感してください。本学科で福祉や栄養の視点も含めて学ぶことを通して、「利他共生」のこころをもった専門職を目指してください。

学科長 岩崎 紀久子

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる