資料請求

ちょっとだけ授業紹介(実践心理学科)

総合福祉学部 実践心理学科4年

高橋 佑香 (千葉県立富里高等学校出身)
私の一言!
「こころ」の側面から人を支えるために
必要な知識とスキルを学んでいます!

カウンセリング実習

クライエントの本音を引き出すテクニックを学ぶ

実際の事例をもとに、グループワークでカウンセリングの実技を学びます。相談する側とされる側の両方を体験すると、クライエントの信頼を得る難しさを実感します。カウンセラーは限られた時間の中で、クライエントが何を求めているのか見極めなくてはなりません。答えやすいように質問の仕方を工夫したり、目線や身体の向き、あいづちの一つひとつにも意味があるのです。この授業で学んだ「傾聴」の技術は、日常生活の中でも役立っています。

産業カウンセリング

職場のストレスとうまくつき合うには?

「仕事」に関する悩みをもつ人を支援するための知識を学ぶ授業です。学生にはなじみのないテーマですが、産業カウンセラーとして活躍する先生が実際の事例をもとに説明してくださるので、とてもわかりやすいです。周囲の環境とストレスの相関関係や、ストレスが健康にもたらす影響について学んだり、実際に企業で行われているストレスチェックの体験もします。ストレスとうまく付き合えるようになり、社会に出てからも役立つ学びを得られます。

家族心理学

現代社会における「家族」のあり方を学ぶ

人間性が形成される上で、家族関係は大きな影響をもたらします。特に現代社会では、家族を取り巻く環境の変化に伴い、さまざまな問題が生まれています。この授業では、現代の家族が直面する問題について学び、家族を対象とした援助実践に関する知識を習得します。難しそうな印象を受けるかもしれませんが、自分自身の家族関係と照らし合わせると具体的にイメージできます。グループディスカッションが中心なので、色々な意見が聞けて視野が広がります。

スケジュール

7:00起床
8:00登校
10:40授業スタート
12:10ランチ
13:00課題
14:40授業
17:00アルバイト(コンビニ)
22:30帰宅、夕食
23:30テレビ・インターネット
24:30就寝
閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる