資料請求
実習・フィールドワーク

看護栄養学部 栄養学科

堀 朝香 (千葉県立木更津総合高等学校出身)

「臨床栄養学臨地実習」で病院の管理栄養士を経験

病院で患者さまから学んだのは「食事の大切さ」です

3年次の「臨床栄養学臨地実習」では、病院を訪問し患者さまの管理栄養を行いました。長期にわたって入院されている高齢者の方が多く、食事は患者さまにとってとても大切な要素だということを学びました。「美味しい」と言って食べている姿を目にした時は、何よりも嬉しかったです。実習中には、クリスマス特別メニューの献立を提案する機会をいただきました。患者さまのリクエストが多かった和食で考え、リース型のお寿司を企画したところ、たくさんの患者さまに喜んでいただきました。今回の経験を通じて、栄養学についてさらに勉強し、夢である病院で働きたいという思いがさらに強くなりました。

保育園では、食物アレルギー対応について学びました

「給食経営管理臨地実習」では、保育所へ4日間訪問しました。厨房で調理を経験し、子どもたちの食物アレルギーの対応を学びました。アレルギー食は管理栄養士だけでなく、担任の保育士と所長もチェックするなど、厳重に管理されていました。食事中も担任がしっかりと見守っているので、安心して保護者が子どもを預けることができると感じました。実習中は食育も体験させていただき、子どもたちのリアルな反応を見ることができました。栄養学科で学んださまざまな実習経験を活かして、人々に寄り添える管理栄養士になりたいと思います。

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる