資料請求
キャンパスライフ

総合福祉学部 教育福祉学科

阿部 夏実 (千葉県立成東高等学校出身)

「部活も行事も、何事にも全力で取り組んでいます」

障がい児教育を学びたくて進学しました

学童保育で障がいのある子どもと一緒だった経験から、障がい児教育に興味をもつようになりました。淑徳大学は保育士資格と幼稚園教諭免許が取得でき、障がい児教育にも力を入れているので進学先に選びました。先生方が熱心に指導してくださり、教育と福祉の観点から、さまざまな体験を通して実践的に学べることが、この大学の魅力だと思います。

進路と向きあい、じっくり考える力がつきます

2、3年次の保育実習では、希望した屋久島と沖縄での保育園実習が実現し、自分の保育技術の未熟さを感じつつも、現地の子どもたちとかかわる忘れがたい体験ができました。将来は保育士志望でしたが、児童養護施設での施設実習をきっかけに、虐待を受けた子どもの支えになりたい気持ちも強まり、進路の選択肢が広がりました。

「現場を知ることが大切です」

学生時代ならではの経験を楽しんでいます

授業だけでなく、週3日はバスケットボール部の部活動に参加しています。また、1年次から学園祭(龍澤祭)実行委員会に所属し、3年次では副委員長兼企画局長を務めました。自分が挑戦したいことには、積極的に取り組んでいます。先生方や友だちと一緒に、自分の目標に向け思う存分取り組むことができるのも、この大学の魅力であり、良い思い出がつくれています。

 
授業前 レポート課題、友人と過ごすなど   レポート課題など     部活動 友人と過ごすなど
1限      
2限   幼児教育実習  
昼休み   昼食 昼食   昼食、自由時間
3限   レポート課題など レポート課題など  
4限 ゼミ 部活動  
5限 部活動 友人と過ごすなど アルバイト アルバイト アルバイト 帰宅、夕食、自由時間
6限
放課後

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる