資料請求
キャンパスライフ

経営学部 観光経営学科

福富 孝仁 (花咲徳栄高等学校出身)

「夢を追える環境で大学生活を楽しんでいます」

格好良いホテルマンになるのが夢です

東京ディズニーランドのホテルに宿泊した時、そこでキビキビと働くホテルマンが格好良く、将来は観光業界で働きたいと思うようになりました。淑徳大学の観光経営学科では、観光経営の知識について深く学べるだけでなく、将来必要となる免許や資格を取得するためのサポート体制がとても充実しています。

部活と授業の両立で毎日が充実しています

高校時代から野球を続けていて、大学に入った今も野球部で汗を流しています。そして授業ではホテル事業全般についての知識を深め、研究テーマを決めて実際にホテルの現地スタッフを訪問し、施設の見学やヒアリングなどを行っています。勉強と野球は、互いが良い気分転換になります。どちらもずっと続けていきたいと思っています。

「なにごともバランスは大事です」

ラーニングアシスタントプログラムにも参加しています

経営学部では、2016年から「LAプログラム」という新しい授業制度が始まっています。リーダーシップやチームワークの必要性を学ぶ授業で、先輩として後輩である1年生の授業の進行、サポート、改善提案などを行います。自分もラーニングアシスタントとして参加していますが、この授業のおかげで、教える楽しさや難しさを学びました。

 
授業前
1限 観光マーケティング 日本の暮らしと文化
2限 インターンシップ(事前事後指導を含む) エコツーリズム論 観光経営専門演習 III
昼休み          
3限 ナレッジマネジメント インターンシップ(事前事後指導を含む) 観光経営研究 II
4限 サービス・マーケティング 利他共生の経営
5限 企業研究特別講義
6限
放課後
ゆとりをもったスケジュール調整をしています
勉強も野球のトレーニングも、あまり時間を決めすぎず、必要だと思った時に始め、納得したら終わりにするようにしています。どちらも気分が乗らない時や、スケジュールだけにこだわって無理矢理やっても、自分にとってあまり良い結果にはなりません。細かい時間に縛られず、楽しんでやることが大切だと思います。

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる