資料請求
キャンパスライフ

教育学部 こども教育学科

野木 玲歩 (淑徳高等学校出身)

「実習やサークルなどで、子どもとたくさん触れ合っています」

系列校から保育士をめざして進学しました

保育士をめざしたいと考えていた私に、高校時代の担任の先生が「系列の淑徳大学は福祉にも強い」と勧めてくださいました。他大学に比べて実習の機会が多く、家からも通える距離だったので教育学部こども教育学科に進学しました。

スキルや知識が確実に身につきます

「発達心理学」の授業が興味深く、ピアノの補講では将来に向けて確実にスキルアップできているのを感じます。「キャリアデザイン」の授業では、三芳町のいも掘りまつりに参加し、いも版づくりやダンスを通じて地域の方々や子どもたちと触れ合うことができました。見せ方を工夫しながらのパネルシアターづくりも楽しかったです。

「大学で、できるかぎりの知識や技術を身につけたいです」

計画的に勉強のための時間づくりをしています

パネルシアターとアカペラサークルのほか生協学生委員会に所属し、保育所と居酒屋でアルバイトもしています。試験や検定が近づくと両立が大変ですが、できるうちに課題を進めておいたりアルバイトを減らしたりして工夫しています。また、在学中にいろいろ経験を積み、資格も取っておきたいと考えています。

 
授業前 大学着。1限目はほとんど授業を入れていないので、図書館で自習
1限 児童家庭福祉
2限 生命科学と生命倫理 子どもの保健 I
昼休み          
3限 障害児保育 幼児理解の理論及び方法 専門演習 I
4限 子ども英語教育 I スポーツ I 教職概論 専門演習 III
5限 音楽 I 国語
6限 保育園でのアルバイト
放課後 居酒屋でのアルバイト

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる