資料請求
キャンパスライフ

総合福祉学部 社会福祉学科

戸塚 優 (千葉県立富里高等学校出身)

「良きライバルでもある仲間と楽しく学んでいます」

祖父母の存在がきっかけで高齢者支援を学ぼうと決めました

幼いころから祖父母のお世話になっていたので、今度は自分が手助けをしたいと思っていました。高校生のときに、先生から社会福祉士の存在を教えていただき、歴史ある淑徳大学で学ぼうと決めました。福祉の分野は就職先としても需要があり、大学が自宅から通える距離だったことも決め手になりました。

仲間との触れ合いが一番楽しいです

大学生活では、友達でもあり、良きライバルでもある仲間に刺激を受けながら、社会福祉士の国家資格取得という同じ目標に向かって頑張っています。将来的に一人暮らしの高齢者支援を研究したいので、3年次の実習では社会福祉協議会で現場体験をさせていただきました。地域住民の方の生の声に触れることができ、とても良い経験になりました。

「キャリア支援センターをよく利用しています」

幅広い視点をもって、就職活動に臨みます

将来は社会福祉協議会を第一志望としながらも、社会福祉士の資格や福祉マインドを生かせる一般企業なども広く視野に入れて就職活動をしたいと考えています。授業で経済の仕組みを学び、金融業界にも興味をもったことから、3年次の夏休みには千葉信用金庫でのインターンシップも体験しました。自分の興味に合わせて視野を広げ、体験までできる大学の環境は、とても貴重なものです。

 

授業前 レポート課題
国家試験のための勉強など
  国家試験のための勉強など

早朝5:00~
アルバイト

レポート課題
予習復習など

早朝5:00~
アルバイト

野球
1限  
2限 財務会計論 卒後教育と人間開発Ⅰ
昼休み レポート課題
予習復習など
就職試験のための勉強
(SPIなど)
3限 国家試験のための勉強
4限 友人と過ごすなど
5限 チームメイトと夕食
6限 保健医療と福祉の連携Ⅰ 社会福祉専門研究Ⅲ T
放課後   ゼミの先生ゼミ仲間との夕食会

キャンパスライフ

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる