合同面接会はチャンス!2

こんにちは。

総合キャリア支援室です。

さて、前回のブログの続きです。

就職面接会に参加するときには大事なポイントについてです。

3)履歴書(複数枚)を準備

これは当たり前なのですが、、、

企業の方とお話をさせていただくとき、

まずお渡しするのが自分の「履歴書」。

複数の企業様を回るのですから、

自分の回りたい企業分+α(予備)を用意していく必要があります。

複数枚書くのですから、

前日でいいや~!と思っても

意外とできないもの。

慌てて書いて失敗したり、文字が乱雑になったり、

写真の予備がなくて困ったり、、、

なんて、よく聞く話です。

果ては「書くのが大変で、行くのを挫折してしまいました・・・」

などという本末転倒なことも。

行くと決めたら

企業様に出しても恥ずかしくない記入済みの履歴書を

余裕を持ったスケジュールで複数枚用意しましょう!!

-----------------------

これまで、ES提出や面接の本番を経験してきて、

ぎりぎりの準備ではどれだけ間に合わないか

身を持って体験してきたと思いますが、

就活はなんと言っても

準備が命ビックリマーク

です!

ほとんどそこで勝敗が決まるといっても過言ではありません。

自分の何を伝えたいのか?

自分の言葉でそれを語れるのか?

企業についてどれだけ調べているか?

さらに知識だけでなく、

その企業と自分自身の今や将来をどれだけリンクさせているか?

そこから生まれてくる、疑問は?

何かあるでしょう?

調べ、考えていれば、分からないこと、知りたいことが出てこないはずがないのです。

持ち物、

提出物、

身だしなみ、

言いたいこと、

聞きたいこと、

自分の中でそれをいかにしっかり準備できるか。

そこを怠らない人は、確実に前に進んでいます。

企業の人が気にするのは

「この学生、今、どれだけ本気でここに座っているか」

です。

ちょっと来てみた。

特に興味ないけど~

よく知らないけど~

そんな態度、意識が見えたら、

どんなに素晴らしい能力の持ち主でも、

ダメです。

例えば就職面接会に行き、予定外の企業の説明を聞くことになったとします。

事前の下調べもないため、興味が持てるかどうか、自分でも分からないということは、ありえますね。

そこで話を聞くときは、

しっかり、「興味を持てるかどうかを確かめたい」との意欲で

聞いてください。

前向きに。

積極的に。

同じ下調べのない学生の、

単にやる気のない姿、

開き直った姿、

とは全然違います。

「(まだ知らないけど)知りたいんです」

そういう思いがあり、きちんと聞いていれば、それはきっと伝わります。

一期一会。

このときの出会いが、どんな未来につながるのか、毎回誰にも分からないのです。

もちろん、自分自身にも。

せっかく行ったなら、落ちているかもしれない未来への種を見逃さないで!

----------------------------

先日のブログ でもお知らせしたとおり、

5/18~20の3日間、六本木ジョブパーク(学生職業総合支援センター)

今年度第一回目の就職面接会 が行われます。

新たな企業と出会いたい!

書類や試験よりもまず、企業の人と直接話したい、自分を見て欲しい!

そういう人にはお勧めのイベントです。

総合キャリア支援室    お問合せフォームへ    ℡049-274-1510    月~金:9時~17時

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • career
  • file
  • img
  • pdf
  • 2012