挫折を通して気づくこと

こんにちは。

総合キャリア支援室の田熊ですしっぽフリフリ

 

 

先日、とある4年生の就活相談で、こんなことがありました。

(以下、学生:Aさん)

 

 

 

Aさんとは、もうかれこれ半年のお付き合い。
半年もお付き合いをさせて頂いていると、その人の就活に向き合う姿勢やその人特有の能力が見えてきます。

 

Aさんの素晴らしいところは、ポジティブに物事を捉え、成功や挫折を一つ一つ吸収し、自分の力に変えていけるところでした合格

 

初めて総合キャリア支援室へ相談に訪れた際には、

『自分はどんな仕事に興味があるのかが分からない。。汗

と漠然とした不安を抱えていました。

しかし、その一方で

『まっさらな状態だからこそ、視野を広く持って様々な分野に興味を持てるビックリマーク

と、前向きな捉え方もしていました。
ジャンルを問わずあらゆる業界の会社説明会に足を運び、自分が本当に興味の持てる仕事って何だろう?と考えながら、ガムシャラに就職活動をしていました。

 

その後、履歴書を何十枚と書き、また面接練習も積極的に行い、何度も選考にトライしましたが結果が伴わず、いつしか就活に対するモチベーションも下がってしまいました。

そして、夏休みを境に総合キャリア支援室にもパッタリと来室しなくなってしまったのです。

 

 

私は、

Aさんはどうしているだろう・・・?と、ずっと心配していました。

 

 

そんな夏休み明けのある日、Aさんが来室ビックリマークアップ

 

 

久しぶりに現れたAさんの姿勢に、なにかが吹っ切れたような変化を感じました。

 

『奮発して630円のボールペンを買ったんですニコニコビックリマークビックリマーク
『単純に履歴書を書くことを楽しみたかったから。。音譜

 

 

 

いままでのAさんの就活は、どちらかと言うと型にはまった「マニュアル通り」に近いものがありました。
そのAさんが、失敗や挫折を繰り返して気付いたのは、マニュアル通りにするよりも、【就活を楽しもうビックリマークということだったようです。

 

今まで頼ってきた「マニュアル」からは、自分にとってプラスになる方法や知識のみを吸収し、
等身大の自分の姿で選考に臨み、何よりも就活を楽しもうとしています。

 

肩の力がいい形で抜けて、Aさんらしさを出していければ、

きっと結果が着いてくるのではないかと思います合格

それを最後まで応援していこう、と思っていますニコニコ

 

 

あなたの就職活動では、自分なりのどのような工夫がなされていますか?

就活が思うようにいかないと悩んでいる方は、就職活動に対する捉え方を少し変えてみると、案外うまくいくかもしれませんビックリマーク


あなたに一番合った就活の進め方を、総合キャリア支援室で一緒に探してみませんか??

2021年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • career
  • file
  • img
  • pdf
  • 2012