H24年度就職実績報告

クローバーゴールデンウィークの閉室のお知らせクローバー

閉室期間

【4/27(土)~4/29(月)】及び【5/2(木)~5/5(日)】

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★

 

こんにちは。

総合キャリア支援室 権田ですヒツジ

 

埼玉キャンパスの平成24年度の就職実績が決定しましたので、ご報告します。

 

-------------------------------------------

 

宝石緑就職希望者に占める就職内定率 95.2%   昨年度比 2.5%UPアップ

  (就職内定者 217名 就職希望者 228名)

   (参考)

  埼玉県平均 88.8% (平成24年度)

  全国平均   93.9% (平成24年度)

 

宝石緑卒業生に占める就職内定率 76.4%   昨年度比 3.6%UPアップ

  (就職内定者 217名 卒業生 284名)

   (参考)

  埼玉県平均 67.3%(平成24年度)

  全国平均   66.0%(平成24年度)

 

-------------------------------------------

 

詳細はこちらからご覧いただけます

H24就職実績.pdf

 


結果的に、

就職希望者に占める内定率も、

卒業生に占める内定率も、

本キャンパス開設以来、最高の数字となりました。

 

景況感改善の兆し、などとニュースでは言われていました。

しかし、現場で一人ひとりを見てきた立場としては、

やはり簡単にはいかない、学生一人ひとりの課題があったというのが実感です。

 

結果こそ、昨年よりも上回る数字となっていますが、

実際のところでは、3月ギリギリまで苦労している学生がいる状況でした。

支援をしていくスタッフチームも、悩み、互いに相談し、施策を常に検討しながら支援をしてきました。

 

昨年を上回る結果を出せた最終的な要因としては、いろいろありますが、

おそらく一番は、

「学生も、そしてスタッフチームも、決まるまであきらめなかった。」

この一点につきると思います。

 


スムーズに就職先を決められる学生もいます。

でも、そうではない学生も、少なからずいます。

  ・就活のやり方

  ・自分の見せ方・魅せ方

  ・企業や仕事の選び方

そういうところで、壁に当たり、立ち止まり、悩んで、また挑んで、

そしてようやく自分の社会でのスタート地点(内定先)と出会えた学生の方が、むしろ多いと思います。

 

そういう学生たちに、途中で「もうだめだ」と諦めさせない。

そのことに、こだわってきました。

必ず、打開点があります。

問題は、情報が足りないことなのか、

スキルが足りないことなのか、

こだわりが強すぎることなのか、

可能性を狭めている考え方なのか、

自分の良さを認められないことなのか。

 

根気よく話しあうこともありました。

 


 

 

過去の記事⇒

内定率と個別支援体制

ジョブサポーター大活躍中です

読売新聞に記事が掲載されました

 

 

「内定率」という数字で出てしまうと、どこか無機質なもの、

高いか低いか、という単純なものになってしまいますが、

この数字の中に、一人ひとりの学生の就職活動という

紆余曲折のストーリーが詰まっているように感じます。

 

このようにして社会に羽ばたいていった卒業生の皆さんが、生き生きと活躍してくれること。

それが、私たちの何よりの喜びです。

 

現3年生はもちろん、

まだこれからの1,2年生、

それから、今後、淑徳大学埼玉キャンパスに入学する未来の淑徳生。

 

総合キャリア支援室でお会いし、

一緒にあなたの社会のスタート地点を見つけていけることを

楽しみに待っていますニコニコ




2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • career
  • file
  • img
  • pdf
  • 2012