【面接に向けて】

こんにちは。総合キャリア支援室の新井ですチューリップ赤
新緑の眩しい季節となりましたね目

 

今、総合キャリア支援室は就活相談でたくさんの4年生が来室しています。

面談にきた学生に聞いてみると

「就職活動でお金がかかるのでアルバイトに精を出していました」

「エントリーシートの締め切りに追われ、必死でした」

「お祈りメールをもらい、落ち込んでいました」

「内定もらいました。でも納得いくまで就職活動続けます」

10人いたら10通りの就職活動があり、正解はありません。

就職活動も内定を取ることがゴールではなく、スタートなのですよね。

だからこそ、会社に入ってから、どう働くか、何を実現したいのかが問われてきます。

 

面接では、

「入社したら、10年後どんな働き方をしていたいですか?」

「将来、どんなキャリアプランを描いていますか」

と、未来についての考えを質問されます。

この質問の意図は何でしょう?

この質問で企業の方は何を知りたいと思いますか?

入社する若者が、

・仕事での目標を持っているか

・それに向けてどんな努力をしているのか、またはしようとしているのか

を知りたいのだと感じます。

目の前の学生の今の姿だけでなく、5年・10年先の姿を想像し、

伸びしろはあるか、活躍してくれそうか、

その学生の未来の姿にまで目を向けているのです。

そんな先のことなんてわからない、アルバイトはしたことあるけど、

実際社会人として働いたこともないし・・・と思う気持ちもわかります。

 

自分で想像できないのであれば、志望企業のホームページやパンフレットで、

先輩社員のインタビューや事業内容を理解しておきましょう。

少し働くイメージが見えてくると思います。

説明会や選考の際に、仕事内容ややりがいについて質問をしてみるのもいいですね。

面接でよく聞かれる質問には、しっかり準備していきたいところです。

 

総合キャリア支援室で、面接対策をしていきましょう。

お待ちしています音譜

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img
  • pdf
  • 2012