インターンシップを選ぶポイント

こんにちは。
総合キャリア支援室の西平です豚


 

あいにくのお天気が続いておりますが
梅雨があければあっという間に、夏休みが始まります!

 

夏休みといえばインターンシップを考えている学生も
多いのではないでしょうか。

 

淑徳大学経営学部では
単位認定型インターンシップも行っており、
3年生で履修している学生も多いですね。

そこで今回はインターンシップを選ぶポイントについてお話したいと思います。

 

6月に入り、総合キャリア支援室では
インターンシップの問い合わせが増えています。

 

先日も、インターンシップを履修している学生から、
「大学紹介プログラムで行きたいA社があるが、もしそこに行けなければ
他の企業に行きたくありません」
という相談を受けました。


確かに、興味のある企業を実際に目で見て、肌で感じ、
体験してみるとことは、とても勉強になります。

 

でも、興味のない企業であったとしても、実際に体験してみると
「意外に自分にあっているかも」
「やはりこの業界は合わないかな」
など、やってみて初めて気がつくこともあるのです。


もし希望のA社にいけなくても、
同業他社のB社C社にも目を向けてみると
競合比較ができますし、それぞれの社風も見ることができます。


それでもやっぱりA社だと確信したら、
その経験を就職活動で志望理由に盛り込んで
思いをぶつけていきましょう。

就職してから、他の企業を見ることは難しいです。
昨今のインターンシップブームで、
企業も積極的にインターンシップ生を受け入れていますので

夏休みなども利用して数社の企業を見ることをおすすめします!

 

1DAYなどの短期インターンシップもたくさんありますので、
ぜひ学生にしかできない経験をたくさんしてみてくださいね。

 

将来の進路選択や就職活動に役立つことはもちろん
学生時代に色々な企業を見ることが経験となり
社会人になったときに、きっと役に立つ時がきますよ。



総合キャリア支援室では
インターンシップの相談も受け付けていますので
気軽に足を運んでくださいね音譜

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img
  • pdf
  • 2012