3年生がアルバイト先から内定をもらいました!

こんにちは、総合キャリア支援室岡田裕子です猫

 

 

2020年を迎えて、あっという間に大学センター入試ですね。
総合キャリア支援室では、年明けから3年生の就職活動が本格化し、最も忙しい時期を迎えます。


2020卒の特徴として、とにかく採用活動が早い!

 

本学の学生も後期に入ってから、インターンシップ採用やアルバイト採用などで選考・内定が相次ぎました。

 

今まで、アルバイト先にそのまま就職する学生は、遊びとアルバイトに明け暮れ、就職活動をせず、卒業してしまう・・どうしようといった例がほとんどでした。
しかも新卒採用枠ではなく、現場での中途採用扱い。店長に推薦してもらい、人事の方のアポイントがとれるのをじっと待つ、といった感じでした。

 

今年、飲食系のアルバイトから内定を頂戴した学生(3年生)に話を伺ったところ、
とても丁寧な会社説明会があり、長年やっていたアルバイトでは気づかなかった企業のSDGsの取り組みに感動、内定後は、新たな気持ちでアルバイトに取り組めるようになった、と話してくれました。

 

一次・二次選考と新卒採用同様で、最終選考では役員との1対1の面接で、事業内容や将来のキャリア設計について、かなり深堀した質問があったそうです。

 

企業側も、現場のアルバイト人材を再評価し、有望な学生にぜひ来てほしい、と本気で考えているようです。
人手不足の深刻化と言ってしまえばそれまでですが、外資系では当たり前でした。(コストコでは、コストコでの学生アルバイト期間を職歴にいれてくれます)

 

何らかの縁や志向があってアルバイトとして働いている学生を再評価する取り組み、
今後日本でも加速しそうですね。

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • img
  • pdf
  • 2012