職業観が深まる小説 5選!

こんにちは。
総合キャリア支援室キャリアカウンセラー阿部です黄色い花

 

今日は「職業観が深まる小説」をご紹介。
もうすぐ夏休み!小説を読み、将来を考える時間を作ってみてください。

 

①『ランチのアッコちゃん』 柚木麻子著
 取り柄がないと思っていた、派遣社員・23歳の女性が成長していくストーリー。
 上司「あっこさん」の言葉に、前向きな気持ちをもらえる人も多いでしょう。


②『路』 吉田修一著
 台湾赴任となった商社4年目の主人公が、新幹線開通にむけて奮闘する物語。
 人との交流も丁寧に描かれており、心が温かくなる一作です。

 


③『この世にたやすい仕事はない』 津村記久子著
 新卒でずっと働いていた仕事につまずいて、燃え尽き症候群になった主人公。
 ハローワークで紹介された仕事に次々就いて…。
 2012年まで兼業作家だった著書。働くことをリアル描くのが得意な作家です。


④『県庁おもてなし課』 有川ひろ著
 地方活性化に奮闘する主人公は、まだ若手職員。
 公務員志望者だけではなく、観光、地方活性化を就活の軸としてる学生も必読!

 


⑤『何者』 朝井リョウ著
 就活の情報交換をきっかけに集まった5人の人間模様。
 主人公の心の動きに、痛いほど共感する部分があると思います。
 職業観を深めなければ…と思う一冊かもしれません。

 

 

今回紹介した小説は、映像化された作品のみを選びました。
ドラマ、映画作品も探してみてくださいね。

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • career
  • file
  • img
  • pdf
  • 2012