総合キャリア支援室利用者の声の最近のブログ記事

こんにちは。

総合キャリア支援室 松岡ですコスモス

 

3月も最終週になりました晴れ

3年生は就活がスタートして、総合キャリア支援室クローバーは連日大盛況です。

 

 

 

当日予約枠も埋まってしまうことが多いのが実情。

相談希望の方は事前に予約してもらうほうがいいと思いますビックリマーク

 

今日は、今、来室している人はどんな悩みを持っているのかをご紹介します。

 

■「友達はもう企業説明会や選考をしている。私はまだ何も始まっていない。。。とても焦るし不安」

そんな声が多いです。

今、選考が始まっているのは多くはサービス系の企業です。

小売や流通、ブライダルやアパレル等の一部の企業では 選考が進んでいますが、これらの企業は2次募集、3次募集も期待されます。

 

その他の企業は4月以降の説明会であったり、 中には5月にならないと選考が始まらないところもあります。

業界によって、選考の進み方は違いますので、 友達の情報に振り回されないこと!が大切ですね。

 

■「どの企業にエントリーしていいかわからない。。。」

ついつい、名前の聞いたことがある企業を目指してしまいますね。

それはしょうがないことだと思います。

大手や有名企業でもエントリーしてみてください。

ただ、同時に他の中小企業にも目を向けて欲しいなと思っています。

といっても、、、企業を選ぶ目はまだまだ持ててないですよね。

 

就活をスタートするという意味で、興味関心のあることを手がけている会社でもいいのです。

例えば、スポーツが好きなら、スポーツ用品販売、スポーツ用品の商社、スポーツイベントの会社。 インテリアが好きなら、家具の販売、空間デザイン、雑貨の企画制作。

そこに働くことを考えてしまうと、エントリーボタンを押せなくなってしまいます。 エントリーしても、途中で選考を辞退することはできます。

就活の経験値を上げる、企業や業界の研究をする、社会を広く見てみる・・・ そんな気持ちでエントリーしても大丈夫です!

まずは、企業との出会いの機会を自分で作っていきましょう。

 

■「中小企業ってどうやって探したらいいですか?」

中小企業の求人は、まだあまり多くなっていません。

おそらくは4月下旬以降に、求人が多くなってくると思われます。

1)中小企業の合同説明会に参加する  

 ・埼玉西部地域企業合同説明会 4/28 @所沢

2)中小企業家同友会(Jobway)のサイトをチェック   

3)大学求人をチェック   

 ポータルから「求人Navi」をクリック!   毎日どんどん届いています!

 

こんなところからも探してみてくださいね!

 

■「何がしたいのかわからない・・・」

本当に迷いますよね。

自分が何がしたいのか、何に向いているのか。

すっきりする答えは、なかなか見つからないけど、 何度かの相談を通して、一緒に見つけてみませんか?

 

就職活動は、テストのように正解はありません。

いろんな企業を見て、選考を受けてみて、 『ここで働けるかも』と思える企業を見つけていくのが就職活動です。

それは企業も同じです。

何度も説明会を開催し、たくさんの選考を通して学生と会って話し、 『この人となら働ける』と思える学生を見つけていくのが採用活動です。

 

回り道のようですが、それは決して無駄にはなりません。

少しずつ、歩みを進めてみませんか?

 

みなさんの就職活動は始まったばかりです。

これから約半年以上の活動になります。

 

ラッキーなことに、企業の求人数は去年よりも増えていきますアップ

人と比べない 歩みを止めない 一人で抱えない

 

そのためにも総合キャリア支援室クローバーに相談に来てくださいね!

お待ちしていますパー

 

 

こんにちは。

総合キャリア支援室 竹内ですニコニコ

 

昨日は、埼玉キャンパスで平成26年度卒業証書授与式が執り行われました。

この学年は4年前の東日本大震災で入学式が中止となった学年です。

聞くと、成人式も大雪だったとか・・

 

昨夜も雨雨

とても心配していましたが、今日は快晴で、無事盛大に卒業式が行われ大学関係者一同ホッとしています。

 

 

本当に 卒業 おめでとうございます。

 

 

総合キャリア支援室では、恒例の卒業お祝い装飾にして、卒業生をお祝いしました。

そして多くの卒業生が来室してくれました。

 

 

そして多くのメッセージを残してくれました。

 

 

一部紹介します。

宝石ブルーキャリア支援室の皆さんのおかげで、良い就職活動ができました!ありがとうございます。

宝石ブルー就職が決まるまで超~お世話になりました。泣きながら話した日もとっても懐かしいです(笑)ありがとうございました!!

宝石ブルーなかなか就職が決まらなくてあせりましたが、あきらめずにキャリアに通いました。キャリアにきたら必ず得るものがありますっ!ありがとうございました!!

宝石ブルー在校生の皆さんへ 焦らずゆっくりで大丈夫!!やりたいことを選んで3月に決まったよ(笑)

 

 

最後に、卒業生の皆さん

卒業おめでとうございます。

 

社会での活躍、ずっとずっと応援しています。

何か困ったことがあったら、いや、困ったことがなくても、ぜひ近況を話しにきてください。

総合キャリア支援室一同楽しみにしています。ニコニコ

 

 

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、いよいよラスト第十弾です! 

介護関連企業に内定したIさんの体験談です。

4年・男子(人間環境学科)内定先:福祉関連企業 総合職

 

以前から興味を持っていた「営業の仕事」「企画をする仕事」というキーワードで、

幅広くいろいろな業種の会社説明会に参加することから就活をスタートしました。

自分だけの先入観にこだわらず、友人や家族、総合キャリア支援室クローバーなどからの意見も参考にしながら実際に活動してみて、経験したことに基づいて、自分の個性を活かせる仕事を探していきました。

1社受けるつど、実力を増していった印象が強かったです。

 

以下、Iさんからの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

3年生の1月頃から説明会には参加していましたが、本格的に就活を始めたのは4年生の4月頃からです。

総合キャリア支援室クローバーに通い、履歴書作成や企業相談をするようになりました。

6月頃からは書類選考に通過して面接を受けられるようになりました。

今思うと、もっと早く就活を始めればよかったと思っています。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

営業や企画、あとは介護などです。

介護機器や介護施設の営業、企画にしぼっていきました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

一番心がけたことは、採用担当の方の印象に残る履歴書を作ることです。

また、言葉遣いや背筋を伸ばした姿勢、明るい笑顔など、面接の際に第一印象を良くするように普段から心がけました。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか?

圧迫面接です。

「本当はウチの会社でなくても良いのじゃないのか?」と試されるような質問をされて心が折れかけたことがあります。

面接官が何を意図してその質問をしているのか、面接が終わった後で気付いて悔しかったことが次へのステップにつながった経験もあります。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

圧迫面接もありましたが、それ以外の面接で感じたことは、面接官は思っていたよりみなさん優しくて、コミュニケーションを取ろうとしてくださっていると思いました。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

クリップ 就活は特に早め早めの準備が必要だということです。

準備が整っていると心に余裕を持って就活に臨めるからです。

また、実際に就活しながら学べることも多く、もっと早くから就活していたら、その経験を活かせたのにと後悔することもありました。

 

クリップ 私が何よりも総合キャリア支援室クローバーを利用していて良かったと思うのは、様々な求人や説明会を紹介してくださったことです。

特に、内定獲得に近付くには、学内合同説明会に参加することだと実感しています。

私もこの学内合説がきっかけで内定をいただくことができました。

学内合説では、どの企業の方も丁寧に対応してくださり、何よりも淑徳大学から採用したいという気持ちが強く伝わってきます。

 

クリップ また、私はキャリア支援室クローバーを週に1度程利用していましたが、就活をしていて少しでも不安になったりした時は、授業の合間に顔を出してみたり、企業の面接直後に電話をかけたりするなど、とても気軽に相談ができました。

 

クリップ 総合キャリア支援室クローバーは、とてもあたたかい場所です。

初めは、「本当に自分のことを分かってくれてくれるのか。」「しっかりと親身に話を聞いてくれるのか」などといった不安もありましたが、今では、一番就活において安心ができる場所となりました。

相談員の方々はわずか数回の面談でしっかりと自分の個性を見抜いて、自分にあった企業を紹介してくれます。

これから就活をする方々も私のようにきっと総合キャリア支援室クローバーが一番安心できる場所になると思います。

もしまだ履歴書も書けていなくて、どんな企業を志望したいのかなどの相談内容が明確に決まっていなくても、お話をして自分を知ってもらう機会を作るとこれからの就活がスムーズになると思います。

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第九弾! 

旅行業界に行くビックリマークとの信念と、資格取得への努力が実ってみごと内定を獲得したYさん。

4年・女子(経営コミュニケーション学科)内定先:大手旅行会社

 

旅行業界は年々人気が上昇している業界です。

競争倍率も高かったと思いますが、大手旅行会社に内定を得るために、どんな準備をしていたのかを聞いています。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

以下、Oさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

就職は、旅行業界に進むことを決めていたので、スタートの瞬間12月1日の0:00ちょうどにエントリーをしていきました。

一般の企業が来る合説ではなく、旅行業界だけの合同説明会に参加したりしました。

 

2どんな職種を中心にうけてきましたか?

旅行は競争率は激しいと思います。在学中に資格も取ったので旅行会社に絞って就活してきました。

今の内定先は資格の実習で行ったことがあり、添乗員さんもとても良い方だったので、

その当時からこの会社に絶対に入りたいと思っていました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

エントリーシートや履歴書は、自己分析が重要だと気づきました。

思いのほか自分ではなかなか書けないと感じましたね。

私は「負けず嫌い」が自分の特徴だと思っていたのですが、先輩や先生に手伝ってもらって自己分析していくことで違う強みを見出すことができるようになりました。

やはり客観的な意見があるといいなと思います。それ以降、書類が通過するようになりました。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

選考内容が知らされていなくて、面接だと思っていたら、部屋に机と紙とホワイトボードがあって「高齢化が進むにあたってどう旅行を販売していくか」というグループワークだったことがあります。

専門的な知識も必要なテーマだったので、一緒にワークをした就活生もなかなか意見が出ずまとめていくのは難しかったです。

ただ、グループワークは、答えを評価しているというよりは、どのくらい発言をするか、協調性を持って進めているかなどの過程を見ているんだと感じました。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

マイペースな性格だったので、なかなか髪の毛も就活スタイルにしていないくらいでした。

業界も決まっていたので、それほど焦ってもいなかったように思います。

ただ、自分はできているつもりだったけど、自分のことをアピールするのは難しかったので、自己分析をしっかりやるべきだと思いました。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

先輩や先生、キャリア等、いろんな人に就活を手伝ってもらう方がいいと思います。

一人では気づけなかったことがわかったり、新しい道が見つかったりすると思います。

-------------------------------------――

以上です。

 

実習で行った会社に惚れ込んで、この会社に入りたい!という気持ちを持ち就活したYさん。

実際にその企業の中で働く経験から感じたことがそのままその企業への熱意に変わっていったといえるでしょう。

熱意を伝えられること、自分がその企業でどんな役に立ちたいかをアピールできることは、とても大切ですキラキラ

 

自分だけでなく、いろんな人の力を借りて就活するのも、視野が広がってよかったのだと感じます。

  

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第八弾! 

金融に行くことを目標に、就活をスタートしたOさん。

4年・男子(経営コミュニケーション学科)内定先:埼玉県内の信用金庫

 

目指す業界の選考の特徴なども事前に調査するなど、準備にしっかり力を入れたことで希望業界への内定を獲得しました。

Oさんの準備性はぜひ見習いたいところですね。

 

以下、Oさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

やりたいことが決まっていたので、まずは金融機関へのエントリーを進めました。

数社にエントリーし、企業単独の説明会に行くことを中心に活動を始めました。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

金融を目指し、とりあえず自分が住んでいる埼玉県から見ていこうと思い、県内の銀行や信用金庫にエントリーしていきました。

金融は採用人数も多いですが受ける人数も多いので倍率が高かったと思います。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

金融業界は、筆記試験は必ずあるので、3年生から筆記試験対策の勉強が非常に大事だと思っていました。

金融は一般常識が多いので、SPIよりは一般常識の問題集を買って、ボロボロになるくらい勉強しました。

一般常識は国・数・理・社・英語・時事問題と内容が広範囲です。何度も読み返しました。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

うわさで聞いていた圧迫面接にあたったことが印象に残っています。

質問の受け答えもすごく冷たかったり。目を合わせてもらえなかったり、面接中なのに他のことしてたり。

私が取得した資格のことを突っ込まれ「それは勉強しても意味ないよね」などを言われました。

自分も反論したことを覚えています。 他の企業でも、集団面接で自分だけに質問が1つぐらいしか来なかったこともありました。

ちょっと帰りの電車で凹みました。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

就活は不安もありましたが、1ヶ月ぐらいで決まるだろうと簡単に思っていました。

実際に筆記試験や面接で何社かあっさり落ちたことで焦りが出ました。

最初は5社ぐらいのエントリーでしたが、最終的にはエントリー数は70社。

実際に選考を受けたのは20社ぐらい。

やっぱりそれなりに時間がかかると感じました。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

筆記はしっかり対策しておくことで自信につながっていくと思います。

-------------------------------------――

以上です。

 

埼玉県内の金融機関を目指すという限られた業界への挑戦でした。

数社落ちたところで他業界も目を向けエントリー数は増えていったのでしょうが、結果的には信用金庫への内定を獲得しています。

 

筆記試験対策を徹底して行う実行力が、内定獲得に結びついたのですね音譜

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第七弾! 

自然体で無理をせず、でもしっかりと選ぶ目を持って活動したYさん目

4年・女子(経営コミュニケーション学科)内定先:不動産投資販売会社(他、外食系等多数内定)

 

不動産業界に興味を持って、内定を獲得しました。

ほぼ自力でがんばったYさんの体験談です。

以下、Yさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

とりあえずスタートした時はいくつか合説に行ってみました。

1ヶ月ぐらいいろんな合説に参加してみると、いつもいる企業だと気づいたり、学生を強く勧誘している企業があったり、いろんなことが観察できました。

また、自分が興味ある会社と興味ない会社が、合説を回っているうちにはっきりわかりました。

興味ある企業には、ブースでそのままエントリーしたりしました。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

最初は何を受けていいか分からなかったです。

でもいろいろな企業を見たりしているうちに、なんとなくエントリーが増えていきました。

自己PRを掲載できるサイトがあって、そこへ登録したところ、企業からスカウトメールが来たのをきっかけに、いくつかの企業の選考を受け始めるようになりました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

面接は練習もして笑顔で元気にを心がけましたが、でも現場ではやっぱり緊張してしまいましたね。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

内定をもらった企業は不動産業なので、選考の中で電話営業のロールプレイがあったことが印象に残っています。

会社の人がお客さん役となり、その方に不動産を電話で勧めることを体験しました。

そういうことは嫌だって思うかもしれないけど、自分が向いているかどうかもわかるので経験した方がいいかなって思います。

自分がどのくらいその仕事を理解しているかが問われていたのだと思います。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

あんまり人に相談もせず、キャリアにも行かなかったのは、ちょっと自分に自信があったのかもしれないと思います。

説明会で履歴書の書き方なども教えてくれた企業があり、それを結構参考にしました。

まずは行動していくことで、思っていたよりも自分ができるという自信がついていったのが意外でしたね。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

自分が一方的に入りたいという履歴書ではなく、入って何をしたいか、

入社することでどんなメリットがあるかを志望動機に書けることが大事だと思います。

-------------------------------------――

以上です。

 

合同説明会に複数参加する行動力と、その場の空気に飲み込まれずにきちんと企業を観察する力は、就職活動にとても役立ったのではないでしょうか。

自分がやりたいことがわからなくても、動いてみることで切り開けるのだと思います。

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第六弾! 

最初から小売業界を目指していたYさん。

4年・男子(経営コミュニケーション学科)内定先:大手衣料品販売チェーン

 

きっかけは授業で見たある企業のビジネス戦略でしたビックリマーク

企業との出会いはどこにあるかわかりませんね。

自分の適性も考えて志望業界を決めたYさんの体験です。

 

以下、Yさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

12月にスタートした時から、就活サイトでいろんな企業へエントリーすることからスタートしました。

大学で実施された就活関連の講座は、3年生の時から出席していました。

まずは就活に慣れようという気持ちで少しずつ始め、合説にも行きました。

大きな会場での合説では、こんなにたくさんの学生と一緒に就活するんだと圧倒されたことを覚えています。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

基本的には小売業を中心に受けてきました。

アルバイトも接客なので人と関わる仕事をしたいと思っていました。

内定をもらった企業へのエントリーは、ゼミで観たビデオがきっかけです。

その企業に興味を持ったのでまずは受けてみようとエントリーしました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

企業のことを調べることはすごく意識しました。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

面接は何度やっても緊張しました。印象に残っているのはある企業の面接です。

面接で一度怒られたことがありました。集団面接で終わった後に、企業のことを何も知らないねって10分ぐらいみんな説教されて。

何も準備しないでぶっつけ本番で受けていたのでそれがダメだと思い知らされました。その後本命の企業の面接があり、しっかり企業のことを調べていきました。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

企業の選考は難しくてなかなか進めないものだと思っていましたが、意外と順調に進んで行ったのであんまり苦労しなかったです。

業界が合っていたのかもしれません。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

第一印象はしっかりしていこう!と思っていました。

小売業なのでそのあたりが評価されたのかもしれません。

第一印象は大切だと思います。

-------------------------------------――

以上です。

 

最初から小売業を見ていたYさん。

明るい表情や清潔感のある身だしなみが好評を得られるポイントだったといいます。

そして一番大事なのはその企業を知ること。

大切にしたいことをきちんと認識して選考にのぞめると結果もついてくるのですね。

  

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第五弾! 

旅行業界を目指していたIさん。

4年・女子(経営コミュニケーション学科)内定先:留学支援斡旋会社

 

でもひとつの業界だけではなく、少し業界や視野を広げたことで、現在の内定企業に出会うことができました。

「旅」と「英語」の二つをつなげていく発想の転換が、早期の内定につながったようです。

以下、Iさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

スタートと同時に、就活サイトで興味がある会社にどんどんエントリーしました。

12月、1月は会社説明会に行って、来ている学生の雰囲気を見たりしました。

早く終わりたかったので早く取り組もうと思っていました。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

最初は旅行業を中心に見ていましたが、1つの業界に絞るのは怖かったので、英語と旅行のキーワードを中心にして探していきました。

少し視野を広げるようにした時に留学関連の会社を見つけました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

興味を持った企業は、とにかくエントリーして実際に説明会に参加してみること。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

ある企業の説明会に行ったら、説明後そのまま選考に進みたい人は残ってくださいと言われて、グループディスカッションとグループ面接を実施しました。

ちょっと説明を聞いてみよう・見てみようと思って行ったのに、いきなり選考に進むことになり、心の準備もできていなかったのでびっくりしたことを覚えています。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

就職できるのか、という不安が強かったのですぐに活動を始めたのですが、やっぱりエントリーして説明会へ行く企業は、来ている学生の感じも似ているなぁ~って思いました。

同じような興味を持っているからかもしれません。

選考を重ねていくうちに結構就活を楽しめる自分がいて意外だなと思いました。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

最初は不安だと思うけど、就活を楽しんでいいと思います。

選考では大学外の友人もできますし、お互いの情報交換も似た企業を受けているので役立ちます。

どんどん友達を作ってみてはどうでしょうか。

-------------------------------------――

以上です。

 

はじめから目指す方向性が決まっていたIさん。

でもひとつの業界にこだわらず、自分で興味のあるキーワードを組み合わせてみたことで、内定を得た企業との出会いがありました。

就活中でも柔軟に変化していくことが大切ですねパー

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第四弾! 

 

旅行会社を中心に就活をスタートしたHさん。

4年・女子(文化コミュニケーション学科)内定先:有名アパレル企業(セレクトショップ)

 

活動がなかなか進まない中で自分自身と向き合い、改めてファッションへの興味の強さを自覚しました。

それからはアパレルへの応募を中心に活動。

熱心な企業研究は、キャリアカウンセラーも驚くほど。

第一希望のアパレル企業へ内定をもらったHさんの体験談です。

 

以下、Hさんの声です↓

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

就活が始まる前は旅行業界に行くことを決めていました。

12月1日のスタート時に、掲載されている旅行会社にどんどんエントリーしていきました。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

ファッションが昔から好きだったのですが、旅行を目指して資格を取得すると決めたときに、ファッションへの興味を封印したというか、見ないようにしてきた経緯があります。

でも、アパレル企業を見るとワクワクした気持ちがあるのは確かでした。

キャリアで相談した際に「ファッションが好きなんだよね」と言われ、改めてその気持ちを大切にしようと、志望を変更しました。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

エントリーした企業の研究や店舗の見学はこまめにしていました。

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

アパレルだったので一般企業とは違うなぁと思います。

書類も珍しい質問が多いですし、自由記述欄には印象に残ることを考えて書きました。

グループワークも白紙が置いてあってペーパータワーを作ってくださいとか、変わった選考が多かったです。

選考に来ている人も個性的で自分のファッションを打ち出している人も多かったですね。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

早くから準備していて、夏休みからセミナーに行ったり先輩に話を聴いたりしていたつもりだったけど、いざ就活が始まるとエントリーシートが書けないことが私にとってはギャップでした。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

最初の頃は、キャリアに行くのもちょっと遠慮していましたが、キャリアに行くようになって、自分の気持ちに気づくようになりました。今思えばもっと早くから行けばよかったかなと思っています。

みなさん総合キャリア支援室クローバーを使っていきましょう。

-------------------------------------――

以上です。

 

Hさんは、相手の目をまっすぐに見て話すことができる人です目キラキラ

選考での第一印象もとても良かったのではないかと思います。

熱心に企業研究をしている姿が印象的でした。

丁寧に選考へ応募する姿勢は、企業の人にも熱意としてとらえられます。

 

自分のファッションへの想いを信じること、手を抜かずに企業研究することが内定への近道だと感じました。

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

************************************************************************************

夏休み期間は、事務局一斉休業期間を除き(8/13(水)~8/15(金)は閉室)、

平日は毎日開室しています。ドリンクサービスも実施中。コーヒー

************************************************************************************

 

こんにちは。

総合キャリア支援室です。かに座

 

夏休み中のブログは、恒例となりつつある「夏の特集」です。

今年は「内定者の体験談特集」にしました。

8/4~9/5の火曜と木曜の週2回発信していきますのでお楽しみに。

 

過去にはキャリアスタッフの働く気持ちなどを特集しています。

キャリア支援室のスタッフの人柄なども分かるかと思いますので、アーカイブをぜひご参照ください。

 

では、第三弾! 

住宅関連会社を中心に複数社受け続けたUさん。

4年・女子(経営コミュニケーション学科) 内定先:中堅住宅資材メーカー

 

思うような結果が出ず途中で何度もくじけそうになり、その他関連会社に一時は揺れ動いた時期も。

しかし「自分が本当にやりたいことは何か?」という原点に立ち返りキャリアカウンセラーと共に自己分析を行うことで、目指すべき方向性が固まったアップ

 

それまで大手企業しか受けてこなかったが、

学内求人の紹介から地元埼玉の中小企業も視野に入れた活動を再開し、結果、当初から希望していた住宅関連会社からの内定を得ることができた。

 

以下、Uさんの声です矢印

-------------------------------------――

1いつごろどんなことから就職活動をスタートしましたか?

3年生の夏から就職活動を意識し始め、資格取得を目指し「秘書技能検定」を受ける。

キャリア主催の夏の「就活一日体験講座」にも参加し、本番さながらの選考プロセスを体験。

本格的な活動は12/1からリクナビにてエントリーを開始した。

 

2どんな職種を中心に受けてきましたか

住宅、自動車、金融関連会社を中心に、総合職・営業職・事務職など幅広く受けていた。

 

3就活準備で心がけたことはなんですか?

■気負うことなく『自分らしさ』を忘れない

■人一倍心配性なので、『念には念を』で常に心に余裕を持つこと

 

4就職活動で印象に残っている選考はありますか

良い印象 : 緊張でガチガチになっている私を気遣っていただき、人事の方が面接前に一緒に深呼吸をしてくれた。世間話などフランクな雰囲気であったため、飾ることなく素の自分で面接に臨めた。

悪い印象 : 個人面接にて人事の方の自慢話を永遠30分も聞かされ、挙句の果てには不採用通知。

 

5就職活動を始める前と後で感じたギャップはなんですか?思っていることと違うと感じたことをお聞かせください

面接では必ず「志望動機」や「自己PR」は聞かれるものだと思っていた。

面接前日にしっかりと答えられるよう万全の準備をして臨んでいたのだが、ほとんどの面接で聞かれず。

人事の質問も堅苦しいものではなく、「趣味」や「サークル・アルバイト」などの身近な話を深堀されるパターンが多かった。

表面的な情報のみならず、私自身の『人間性』や『人柄』を重視してくれたことに驚いたとともに、わたしそのものを見てくれているという実感を持つことができて、なんだか嬉しかった。

 

6就活前の3年生に伝えたいこと、アドバイスをお願いします。

就活を終え、一番後悔しているのは行動力の無さ。

私は早起きが苦手で、午前中に開催される会社説明会へは数える程度しか参加できなかった。

就職活動は一人ひとり選考の種類や時期も異なり、長期戦。

だからこそ、「今しかできない!」「過去には戻れない!」ということを肝に銘じて

悔いのない就活をしてほしい。

がんばれ、3年生!!

-------------------------------------――

以上です。

 

Uさんは、就活を通して「自己分析」の大切さに気付き、キャリア支援室クローバーを活用して取り組んでいました。

一度は諦めかけた「自分が本当にやりたいこと」と真正面から向き合い、

心を奮い立たせて再度チャレンジしたのです。

その結果、希望していた業界での就職を見事決めました。

 

3年生に向けた『悔いのない就活をしてほしい』というアドバイスも、Uさんの実体験からの言葉ですね。

 

内定した方のリアルな声です。

ぜひ参考にしてくださいねビックリマークビックリマーク

 

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • career
  • file
  • img
  • pdf
  • 2012