大学間連携共同教育推進事業 2015年度第1回大学間連携FD研修会を開催しました。

平成27年8月6日(金)に、本学千葉キャンパスで「大規模教室におけるアクティブラーニングについて」を諸演題に大学間連携共同教育推進事業 2015年度第1回大学間連携FD研修会及び大学間連携共同教育推進事業 アクティブラーニング研究会を千葉キャンパス教育向上委員会と共催し、学内外の教職員や教育関係者など104名に参加いただきました。また大学間連携共同教育推進事業の連携校とテレビ会議システムで繋ぎ、連携校でも連携FD及びアクティブラーニング研究会への参加がありました。


午前は、大学間連携FDとして北海道大学名誉教授・大学教育学会会長の小笠原正明先生に「大規模教室におけるアクティブラーニング」を演題としてご講演いただきました。



午後は、大学間連携共同教育推進事業 アクティブラーニング研究会として、大規模教室のアクティブラーニングをテーマにクリッカーを用いての現状の確認や、KPT法などを活用しながらワークショップが実施されました。

ワークショップでは参加者が熱心に議論を行い、大規模教室でのアクティブラーニングの課題・改善や学生の自己効力感を高める工夫等についてまとめ、発表が行われました。


なお、このFDの詳細の報告は、高等教育研究開発センター年報第3号で行う予定です。