資料請求

学位論文に係る評価にあたっての基準

Ⅰ.看護学専攻(修士課程)の三つの方針

本研究科では、建学の精神に基づき教育の目的を達成するために、入学前のアドミッション・ポリシー、在学中のカリキュラム・ポリシー、卒業時のディプロマ・ポリシーを定め、これらのポリシーの下、教育効果及び学修成果に対する測定を行う。

1.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科では、課程修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)達成のため、以下の教育課程の編成・教育内容、教育方法及び教育評価の3つの観点から、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を定める。

1)【教育課程の編成・教育内容】

本研究科では、看護学分野に関するより高度な専門的知識と応用的能力を獲得するとともに、看護学研究に必要な手法や能力を身に付けることにより、看護の実践と研究の推進、人材育成を行いうる人材を養成するため、「基礎科目」、「看護展開科目」、「看護管理科目」、「地域連携・協働科目」、「研究指導科目」の各科目群を設け、高度な専門性を有した人材として必要となる理論的知識と応用的能力を体系的に身に付けることが可能となるよう授業科目を配置している。

  1. 「基礎科目」では、看護学を発展させる基盤となる科目として、保健、医療、福祉にかかわる各専門職の連携・協働のあり方を検討する科目、看護学研究に関する知識及び研究方法を理解し、看護学研究における量的研究及び質的研究の研究手法や研究能力を修得する科目、看護現場における倫理的判断や倫理的課題に介入できる能力を高める科目を必修科目として置く。その他、選択科目として看護政策、看護教育、終末期の看取りをめぐる諸問題について学ぶ科目、ケアの実践力を高め、病態に関するアセスメント力を高める科目を置く。
  2. 「看護展開科目」では、看護学における専門領域ごとに高度な専門的知識と応用的能力を身に付けるための「特論」と、各看護援助に関する最新の知見や動向に関する理解を深め、看護の対象の特性や看護の場面に応じた現象を科学的に探究するための「演習」を選択科目として置く。
  3. 「看護管理科目」では、看護におけるマネジメントおよびリーダーシップについての能力を高めるための「特論」および「演習」を選択科目として置く。
  4. 「地域連携・協働科目」では、地域精神看護学に関する高度な専門知識と応用的能力を身に付けるとともに、地域の保健・医療・福祉分野における多職種の連携・協働に関する高度な専門的知識と応用的能力を身に付けるための「特論」と、各看護援助に関する最新の知見や動向に関する理解を深め、看護の対象の特性や看護の場面に応じた現象を科学的に探究するための「演習」を選択科目として置く。
  5. 「研究指導科目」では、各自の看護に関する課題を見出し、自らの研究課題について科学的に探究する能力を養うための「看護学特別研究」を必修科目として置く。
  6. リサーチワークにコースワークを適切に組み合わせた体系的な教育プログラムを提供する。
  7. 科目の体系及び各科目において身に付けるべき知識・技能・態度を明示するため、科目体系図を作成する。

2) 【教育方法】

  1. 「基礎科目」や「特論」では、授業形態として、ディスカッションやプレゼンテーションを多く取り入れ、最新の知見や動向に関する理解を深める。
  2. 「演習」では、少人数クラスによるさまざまな演習により、看護実践の場との関わりや文献検討等の主体的学びの場をもつ。
  3. 「研究指導科目」では、1年次後期より一貫した演習形式による研究指導を行い、研究成果を修士論文として完成させるまでのプロセスを指導する。
  4. シラバス(授業計画)には、修了認定・学位授与の方針に基づく学修の到達目標、評看護学研究科における学位論文に係る評価にあたっての基準価基準、授業内容、授業外学修等を具体的に記載する。
  5. 学生の主体的な学びを促進するため、参加型授業や実習、授業外の積極的な学修などアクティブラーニングを取り入れた教育方法を実践する。
  6. 体系的な科目履修を可能とするための典型的な履修モデルの提示による履修指導を行う。

3)【教育評価】

  1. 授業評価アンケートを実施し、個々の授業内容・授業方法の改善や、組織全体として授業が円滑に運営されているかどうかの検証を行う。
  2. 学生の事後学修レポートによる授業ごとの到達度、さらに学期末の最終到達度に基づく厳格な成績評価を検証するとともに、全体としてGPA(科目の成績評価)制度を用いて学修成果を把握する。
  3. 学修成果を間接的に把握するため、定期的に授業時間以外の学修状況や学修行動に関する調査を行い、学年進行に伴う学生の成長変化や学修支援の評価を行う。

2.修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本研究科は、以下に示す知識・技能・態度を有し、所定の単位数以上を修得し、かつ、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に課程修了を認定し、修士(看護学)の学位を授与する。

1)【専門教育分野における知識・技能・態度】

  1. 看護学に関する高度な知識・技術を体系的に修得している。
  2. 看護学に関する統合的な視点を修得している。

2)【専門教育分野における独自の知見の生成】

  1. 看護専門分野の知識を、社会的・学問的に要請されている問題に対し適切に適用できる。
  2. 看護専門分野において独自の知見を生成し、社会に発信できる。

3) 専門職としてのアイデンティティと実践能力】

  1. 地域社会の保健・医療・福祉の発展に寄与する看護専門職としての使命感と倫理的責任を自覚している。
  2. 看護専門職として、看護の実践と研究の推進、人材育成を行うことができる。

3.リサーチルーブリックを用いたカリキュラム評価<

本研究科では、修士論文評価基準に照らした独自のリサーチルーブリックを作成し、研究指導に活用している。リサーチルーブリックは、12の評価項目(①要項との合致、②論文テーマ、③研究目的、④研究の背景、⑤研究の意義、⑥文献検討、⑦研究方法、⑧分析方法、⑨結果、⑩考察、⑪倫理的配慮、⑫倫理の一貫性)で構成され、項目ごとに評価の観点と4段階の達成度を明示している。

大学院生は研究のプロセスに従い、6時点(①仮テーマ提出、②研究計画発表会、③中間発表会、④副指導教員への提出、⑤修士論文提出、⑥修士論文発表会)を基本として評価項目に沿って自己評価(到達度と根拠)する。指導教員は個々の大学院生の到達度を確認すると共に、研究指導に活用している。

4.看護学特別研究経過報告書を用いたカリキュラム評価

本研究科独自の看護学特別研究経過報告書を作成し、研究の進行状況や発表会等での学びや課題の確認行い、研究の途上における学修成果を把握し、研究指導に活用している。看護学特別研究経過報告書は、履修計画、研究計画、研究活動の実施経過、実績報告で構成されている。大学院生は、1年次の後学期より報告書記入による自己評価を行う。指導教員は個々の大学院生の到達度を確認すると共に、研究指導に活用している。

Ⅱ. 看護学専攻修士課程の論文等の評価

看護学専攻修士課程学位(修士)論文等の評価は、学位(修士)論文及び口述試験審査のいずれにおいても合格した者を最終的に合格とする。

1.看護学専攻修士課程における学位(修士)論文評価

学位(修士)論文においては、以下の表の12項目を統合し、合格(S:大変優れている、A:優れている、B:普通)、条件付合格(C:努力が必要)、不合格(D:多大な努力が必要)で評価する。 なお、条件付合格の場合は、指導教員の指導の下、修正したものを指定した期日までに提出するも のとする。

看護学専攻課程学位(修士)における論文評価項目

No. 項 目 内 容
要項との合致 ・修士論文の体裁(書式)と提出要領に適合しているか
論 文 テ ー マ ・簡潔で内容を適切に満たしているか
研 究 目 的 ・研究目的が明確で適切であるか
研 究 の 背 景 ・研究問題の背景を適切にとらえているか
研 究 の 意 義 ・看護学上の意義があるか
・意義が明確で看護に貢献できるか
・独創性があるか
文 献 検 討 ・文献検討は十分になされているか
・文献検討は適切か
・引用文献、参考資料の記載方法は適切か
研 究 方 法 ・研究目的に適した研究方法であるか
・研究対象や方法は適切か、明記されているか
・データ収集は適切か
分 析 方 法 ・分析方法は、適切か 妥当か
・分析方法は信頼性があるか
結 果 ・データに基づいて結果が明記されているか
10 考 察 ・関連する文献を用いて考察が行われているか
11 倫理的配慮 ・倫理的配慮が十分なされているか
・倫理基準に達しているか
12 論理の一貫性 ・論理の展開に一貫性があるか

2.看護学専攻修士課程における口述試験評価

口述試験においては、論文評価結果を踏まえた上で、以下の表の3項目を統合し、合格 (S:大変優れている、A:優れている、B:普通、C:努力が必要)、不合格(D:多大な 努力が必要)で評価する。

看護学専攻課程学位(修士)における口述審査項目

No. 評価項目
1 専門的概念をよく理解し、正しく使用して話すことができたか
2 審査員の質問を正確に理解し、質問の主旨に的確に対応して回答できたか
3 論理的に、順序立てて、明確に、説得力をもって話すことができていたか

Ⅲ.学修成果の評価に対する基準

1. 教育評価

  1. 授業評価アンケートを実施し、個々の授業内容・授業方法の改善や、組織全体として授業が円滑に運営されているかどうかの検証を行う。
  2. 学生の事後学修レポートによる授業ごとの到達度、さらに学期末の最終到達度に基づく厳格な成績評価を検証するとともに、全体としてGPA(科目の成績評価)制度を用いて学修成果を把握する。
  3. 学修成果を間接的に把握するため、定期的に授業時間以外の学修状況や学修行動に関する調査を行い、学年進行に伴う学生の成長変化や学修支援の評価を行う。
  4. 2.試験及び成績

    1. 履修した授業科目に対しては、筆記、論文、口述その他によって試験を行う。試験は学期末又は、学年末に行う。
    2. 出席時間数は、授業時間の2/3以上を満たしていることとする。
    3. 病気その他やむを得ない事情により試験を受けることのできない者には、追試験を行うことがある。
    4. 成績評価は、授業科目、学位論文等の成績は、点数をもってこれを表わし90点以上をS、80点以上をA、70点以上をB、60点以上をC、60点未満をDとする。
      1. 授業科目 S・A・B・Cを合格とする。
      2. 学位論文 S・A・B・Cを合格とする。
      3. 最終試験 合格・不合格とする。
    5. 成績評価についての問い合わせは、事務部にて「大学院看護学研究科成績評価問い合わせシート」に記入提出すること。

    修了認定・学位授与方針に照らした自己評価票を用いたDPおよび学修成果の評価

    本研究科独自の修了認定・学位授与方針に照らした自己評価票を作成し、DPおよび学修成果の評価を行うとともに、教育の点検・評価、改善に活用している。修了認定・学位授与方針に照らした自己評価票は、3つのDPに対する16の評価項目と自由記述で構成され、16の項目に対しては3件法で回答を得ている。修了生の自己評価結果は、大学院担当教員間で共有し、これに基づく教育の点検・評価、改善を行うほか、大学院教育向上委員会を中心に、調査結果を踏まえたFD研修会を企画、実施している。

閉じる
大学案内
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア・就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる