『殻から飛び出せ!』

初めまして、こんにちは。表現学科ブログ委員の川島です。
 
皆さんは今一人暮らしでしょうか?それとも、実家暮らしでしょうか?
私は、実家から学校に通おうと思うと2時間半もの時間が掛かるため、一人暮らしを始めました。
周りの友達に「2時間掛けて通学してくる。」という人も少なくはないですが、やはりほぼ毎日はキツいと聞きました。
1限が始まるのが9時なので、2時間通学に掛かる人は大体朝の6時ごろには家に出ないといけません。しかし、私は学校から歩いて10分程度の場所で暮らしているため、最悪8時50分に出ても間に合います。
そう考えると、一人暮らしは合理的かなとしみじみと思う今日この頃であります。
 
それはさておいて、そんな一人暮らしを支えるための一人暮らし専用の親睦会が先日執り行われました。
みんなでホットプレートを囲んでの焼肉会だったのですが、食べきれないほどのお肉を頂き、ホットケーキやお菓子、ジュースまで提供して頂け、更には残った食材などを持ち帰ってもいいというまさに至れり尽くせり。
毎月の食費を賄っている我々一人暮らし学生にはありがたい催し物でありました。

 


 

それも勿論あるのですが、何よりもこの焼肉会の目的でもある親睦を深めるというのが何よりも印象的でした。
周りはみんな初対面、初めは気まずくなるのでは?と危惧していましたが、そこは一人暮らし専用。
みんな同じ『一人暮らし』という接点を持っているので、警戒が解けるまでにそれほどの時間は要しませんでした。
また、短期大学部、人文学部の人や違う学科の人たちも参加しているので、普通に学校生活を送っていたら会うことはなかっただろう人たちと仲良くなれるという貴重な時間でもありました。
自分の知らない世界が話を通して見えてきたり、また、一人暮らしの処世術のようなものを学んだりと出来て、とても有意義な会でした。

 


 

一人暮らしの方、一人暮らしをこれからしようと考えている方、是非このブログを機会に冒険してみることをお勧めいたします。

   2019年、淑徳大学人文学部表現学科にアンバサダーが誕生しました。

   アンバサダーの役割は、オープンキャンパスの時に来校してくださる皆様に表現学科の魅力を伝えるとともに、実際の授業や大学生活などに関する質問にお答えすることで、より多くの方に淑徳大学人文学部表現学科を知っていただくことです。
 

   本日、2019年度アンバサダー6人の打ち合わせがありました。初回にもかかわらず、和気あいあいと進みました。
  これから1年間、より多くの高校生に淑徳大学の良さを知って貰えるように取り組んでいきたいと思います。

表現学科 3年 氏家

こんにちは、表現学科1年の高橋です。


先日、ブログ委員の決起集会をしに先生の研究室を訪れたのですが、無人のはずの室内から物音がするんです。
何かと思って扉を開けたら、そこに居たのは赤いルンバ君でした。お菓子がお好きなようです。

また会おうね、ルンバ君。

みなさんこんにちは!
HEARTサークル長の冨田佳奈です。

5/30(木)にHEARTサークルの新入生歓迎会を行いました。

今年度からサークル員は50名を超え、大きなサークルになってきたため、普段あまり話さない先輩や後輩、同期ともたくさん交流することができたのではないでしょうか?

これからこのメンバーで活動していくのがとても楽しみです♪
一緒にHEARTサークルを盛り上げていきましょう!


初めまして、表現学科1年の大月です。

今年度より、新たに表現学科にブログ委員が結成されました!
総勢6名のブログ委員が記事を書き、皆様にお届け致します♪

表現学科の日常や、楽しい出来事をどんどん掲載していきますので、これからの記事にどうぞご期待ください!

   新たに1年生が17名加わったHEARTサークルの今年初の板橋区でのイベントは「こどもわくわくフェスタ」でした。  「こどもわくわくフェスタ」とは、児童館で日頃行われているさまざまな遊びを乳幼児親子に楽しんでもらおうというものです。数年前から、毎年HEARTサークルもお手伝いさせていただいています。
今年は、5月26日日曜日に開催されました。
 
   HEARTサークルからは、去年よりも多い40名ものメンバーが参加し、大勢の子どもたちとふれあいました。

   
   観測史上初となった猛暑の中、笑顔で子どもたちと接し、また、子どもたちを笑顔にできるよう、一人ひとりが、考え、行動しました。
   
   今年は、1年生と2年生、3年生がチームを組み、それぞれの遊び場をお手伝いしました。地域の方々との交流はもちろん、1年生と先輩との交流の場ともなり、充実した楽しい一日となりました。
   
   HEARTサークルはこれからも地域の交流を大事に活動していきたいと思います。
 
 
HEARTサークル2年 香織

皆様初めまして。表現学科2年生の飯島です!
今回は私自身も所属している、東京キャンパスのサークル「劇団早生まれ」について、紹介させていただきます!

「劇団早生まれ」は表現学科の2年生5人が集まり、今年の1月に結成した演劇サークルです。その名の通り、1・2・3月生まれの5人がメンバーです。
5月に書き下ろしの脚本「兎にも神にも」で旗揚げ公演をしました。2日間2ステージの公演は、様々な方のおかげで、両日ともに満員御礼でした。誠にありがとうございました!
「兎にも神にも」は、 脚本はもちろん、演出や音響照明、衣装メイクにもこだわりを散りばめた作品です。その作品を多くの人に観てもらえたことが嬉しかったです。


今現在は12月の次回公演に向けて動き始めており、各々が自分の課題を見つけつつ執筆活動に取り組んでいます!
結成して約半年、勢い溢れる「劇団早生まれ」に、これからもご注目ください!

12月の第2回公演で皆様に会えるのを心より楽しみにしております。

皆さん初めまして。歴史学科1年の佐藤です。

5月17日に私たち新入生4名は歓迎会を開いていただきました。

今回作ったのは、餃子とたこ焼き。先輩方と学年の壁を越えて協力して作りました。  

 

こちらが作業の様子です。

 

歓迎会の様子です。

 普段なかなかお話しする機会がない先輩方と講義や学校生活についてお話できる、とても貴重で楽しい時間を過ごすことができました。

私たちの為にこのような会を企画していただき本当にありがとうございました。

皆さん、はじめまして。歴史学科1年の林です。

5月17日に考古学研究会の新入生歓迎会を開いて頂きました。

今回は水餃子とたこ焼きを先輩方と作りました。

ちなみに水餃子はセロリ入りのものと普通のものの2種類です。

 

作業はたこ焼きを作るグループと餃子を作るグループに分かれて行いました。

ちなみに私は餃子を作るグループでした。

 

作業風景はこんな感じです。

 

 

自分から積極的に手伝うことはできませんでしたが、すごく楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

来年こそはちゃんと積極的に手伝えるといいな。

 

ちなみにセロリ入りの餃子にハマりました…(笑)美味しかった…。

歴史学科に新入生が入学して早くも1ヶ月が過ぎました。

1年次生にとって初めてのフィールドワーク。

テーマはずばり、「淑徳大学について知る!」

これから4年間の学生生活をおくり、いずれ母校となる淑徳大学について知るために、

大学発祥の地・千葉キャンパスを訪れました。

まずは大学に隣接する浄土宗・大巌寺を訪問。

ここでは同寺の住職であり、学園の理事長でもある長谷川匡俊先生から、

大巌寺の概要、そして学祖がどのような思いで淑徳大学を建学することになったのか、

詳細な説明がありました。

熱心にメモをとりながら、日本仏教史の研究者でもある長谷川先生の説明に耳を傾けています。

その後は大巌寺宝物館に移動し、同寺に伝来する古文書や彫刻、絵画などを見学。

歴史学科の学生だけに、興味が尽きなかったようです。

最後に淑徳大学千葉キャンパスに設置されている「淑徳大学アーカイブズ」へ。

ここでは、淑徳大学の歴史を知ることができます。

専門のアーキビストの先生による解説を聞き、大学に関しての知識を深めたようです。

3時間にわたるフィールドワークは、充実した内容となりました。

長時間にわたり解説していただきました長谷川理事長先生、

桜井・大嶌両先生、ありがとうございました。