6/22オープンキャンパス【文芸表現コース】

こんにちは。人文学部表現学科の杉原麻美です。

 

今日は、6月22日のオープンキャンパスの模様をご紹介します。

 

①文芸表現コースの体験授業

  「気持ち」を伝える ~相手の心に響く言葉を選ぼう~

 

今回は、プロポーズの言葉を題材に、国内外の名作映画の中のセリフやここ2~3年の間に人気を集めているフラッシュモブ(※)のプロポーズも紹介しながら、「情報を伝える言葉」と「気持ちを伝える言葉」とでそれぞれ必要な要素について考える授業を行いました。      

(※)フラッシュモブ・・・街の中などで、歩行者を装った人たちが次々にダンスや歌などのパフォーマンスを繰り広げていく行為。その模様を動画で共有することで、さらに話題が広がる。

 

②特別講義 

  脚本家の武田樹里さんをお迎えしたトーク・セッション

 午後には、現役で活躍されている脚本家の武田樹里さんとのトーク・セッションを行いました。武田樹里さんは、映画「受験のシンデレラ」でモナコ国際映画祭の最優秀脚本賞を受賞されていて、表現学科の客員教授として5月に1年生の前でも授業をしていただいています。 

今日のトーク・セッションでは、脚本家というお仕事の内容やご自身がどのようにして脚本家を目指しチャンスをつかんだのかについてお話いただきながら、学生にもっていてほしい視点をアドバイスしてくださいました。

 

★6月22日のオープンキャンパスの模様はコチラ★ 

 

次回のオープンキャンパスは、7月13日(日)です。詳細はコチラをご参照ください。

 

私の担当する文芸表現コースの体験授業では、客員教授の作詞家・作家の吉元由美さんをお迎えします。

吉元由美さんは、平原綾香さんのミリオンセラー「Jupiter」をはじめ、松田聖子さんや杏里さんなどのヒット曲を多数手がけてきた人気作詞家であり、「こころ歳時記」など日本語に関する本も執筆されています。

「言葉のセンスを磨きたい!」と考えている人には、たいへんおすすめの授業です!