学生それぞれの夏休み・沖縄編

高校の修学旅行で訪れた沖縄へ出かけたNくん。運転免許証を手にし、大学生として訪れた沖縄は、また違った楽しみ方をしたようです。

「懐かしくもあり新しい発見もありました」と少し日に焼けた顔で話すNくんは、なんだか夏休み中に、一回り、いえ、二回りも大きくなった印象を受けました。
「海は透明で、底まではっきりと確認することができました。関東の海では底までを肉眼で確認することはできないので、改めて感動を覚えました。そして、水平に沈んでいく太陽を見ながら、これだ!!これを見たかったんだ!!と興奮しました。夕焼けはとてもロマンティックで、まるで絵画を見ているようでした」と表現する力に必要な感性を磨いてきたようです。

また、琉球文化が漂い米軍基地もあることから、どことなく異国情緒漂う沖縄のドライブは、非日常の風、そして、空気の匂いがしたそうです。

五感を研ぎすませる旅になったようですね。

 

    

 

表現学科教授:白寄まゆみ