歴史学科 教職サークル「淑徳大学 師道塾」第2回目

先週発会式を終えた教職サークル「淑徳大学 師道塾」。

今日はその第2回目です。

 

今回は、「板書案を作成する」がテーマ。参加した学生には30分が与えられ、その場で山川出版社の高校教科書を使用し、「小国の分立」の項目について板書案を作成してもらいました。

教職を志す学生の集まりだけあって、その表情は真剣そのもの。

 

制限時間内に板書案を完成させて、ホットするのもつかの間。次に板書案に基づいた模擬授業へと移ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとは、実際の模擬授業を参観して、それぞれの学生や教職担当の土井教授や田中助教から、改善点などを指摘しあい、教員としてのスキルや考え方を全員で共有しました。

 

今後もこうした活動を通じて、教員への階段を1つずつ上がっていきます。

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30