一人暮らし学生対象の料理教室 人文学部

2016年5月30日(月)に7号館地下調理室で1年生と2年生を対象に料理教室が開かれました。
今回は栃木県にゆかりのある料理を作りました。宇都宮餃子というわけで餃子、かんぴょうの生産が日本一というわけで手巻き寿司、それとけんちん汁を作りました。3年生が手際よく焼き上がった餃子を皿に移すのを見ながら、1年生が手伝っていました。巻く量が多すぎると巻けなくなってしまうので、巻き寿司が一番苦労していました。
  作り終わってみんなで食べてみると、餃子が人気でした。醤油、お酢、ラー油につけて、だれもが美味しい美味しいと言って食べていました。けんちん汁と巻き寿司も完食で、特にけんちん汁は食べたことがない人もいたのでこの機会に食べることができて良い経験になったのではないでしょうか。
  食べ終わった後はみんなで栃木県にまつわるクイズに挑戦しました。正解者には栃木県限定のお菓子である、レモン牛乳キャラメルやスカイベリーチョコなどがプレゼントされました。思いの外正解者が出ず、みんなあまり栃木のことを知っていなかったということがわかりました。これを機に少しは覚えてくれると嬉しいですね。次回はどの県の料理がでてくるのでしょうか。どの県も、その地域の良さを持った美味しい料理に違いないので楽しみです。