歴史学科 2016年度 淑徳祭 模擬店

こんにちは!歴史学科1年の時田翔太郎です。
私たち1年の歴史学科は模擬店で揚げたこ焼きを出店しました。
準備の時間とみんなで集まれる機会が全くなく、前日準備日にたこ焼きの試し作りや看板作りなどをすべての準備を行うことになりました。
会場のセッティングから試食会、材料機材の調達まで駆け足でやらなければ間に合わない状態でした。
さらに、私らは実行委員の仕事もあったため少人数でこれらの作業を終える必要がありました。
でもみんなの素早い連携と先生、教授の方々の手助けによって、これまでにないハイペースで準備を進めていてくれたので丸一日、余すことなく時間を使い、出店の準備をすべて終えることができました。
当日の二日間は各々の働きと臨機応変の対応の結果、揚げたこ焼きを全約200食売り切ることに成功しました。
売り上げにすると、みんなから集めた予算の2倍をたたき出す形になりました。
さらに全学部の出店のランキングで総合3位をいただきました。
これは今までで快挙とのことで第3期生が歴史を作ったような気がします。