歴史学科 入学式の日-夢と目標-

夢と目標

はじめまして。人文学部歴史学科4年の大間望です。
4月5日は、人文学部、短期大学部の入学式が行われました。

1年生の皆さんには、心より入学のお祝いを申し上げます。

さて、僕は、入学式の音楽法要に聖歌隊として参加したわけですが、
舞台から会場を見回してみると、新1年生がズラッと着席しているのが見え
かつて新1年生であった自分の姿が思い浮かびました。

三年前、僕は
「どんな学生生活になるのだろう?」
と期待と不安でいっぱいでした。

実際、学生になってからは、歴史学をまなびつつ、
サークルで自主映画を制作し、充実した日々を過ごしていました。

そして4年生になった現在は、就職活動中です。

1年生の皆さんには、よく学び、よく遊んで、
自分のやりたいことを発見してほしいと思います。
それが、後々、将来の夢・目標に繋がるでしょう。

やりたいことが見つかる場所―それが、大学という場所であり、
皆さんの夢・目標を育んでくれる場所のだと思うのです。
それがいつの日か、桜花のように咲き誇ることを願っています。

1年生の頃の自分の夢と目標を思い出し、
僕もまた、就職活動に一層精進しようと、と気を引き締めました。
来年、自分の夢と目標を満開に導くために…


(後輩の2,3年生が、考古学研究会の勧誘に来ていました。)