歴史学科 八潮子ども夢大学2017開催!

こんにちは!人文学部歴史学科2年の今井陽基です。
12月16日に「八潮子ども夢大学」をやりました。

「八潮子ども夢大学」とは八潮市の小学生が大学の授業を体験します。
大学がどんなところなのかを知るために行う目的で、八潮市と各大学が連携して実施しています。

淑徳大学では、博物館教育論という学芸員課程の授業を履修している学生と八潮市の小学生が一緒になって体験授業を行いました。

前日までリハーサルを繰り返し、当日を迎えました。

須田君の司会で開校式が始まり、森田喜久男教授のあいさつ、そして児童代表の元気なあいさつがありました。

そして体験授業が始まりました。最初に縄文時代について私が説明しました。

次に小池優士君が古銭について説明をし、岩田芽依さんが拓本の取り方を説明してくれました。

私も含めてみんな緊張していました!(笑)

そして一通り説明が終わり、拓本取りを始めます。最初に古銭の拓本を取り、次に縄文土器の拓本を取りました。
古銭の拓本、そして自分が練習の時に難しく感じた土器の拓本取りも小学生のみんなはきれいに取れていてびっくり・・・みんなとても上手でした!!


拓本取りには小学生の保護者の皆さんにも参加していただきました。
そして拓本取りが終わったら小学生にワークシートを書いてもらいました。


その後、閉校式をして最後は学食でご飯を食べて「八潮子ども夢大学」が終わりました。

普段小学生と接することがあまりないので緊張しましたが、小学生の皆さんが楽しそうにやってくれたので良かったです。
今回、ワークシートからパワーポイントの作成、拓本取りの練習まで先生方に協力していただきながら学生中心で活動したことは、学芸員課程を履修している学生にとって貴重な経験になりました。
先生方、小学生のみなさん、そして「八潮子ども夢大学」に協力してくださった皆さんありがとうございました!!

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30