声優・矢島晶子先生をお迎えして

はじめまして!表現学科1年ブログ委員の水村です。

 皆さん、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけ役の声優さんが昨年、矢島晶子さんから小林由美子さんにバトンタッチされたニュースは記憶に新しいでしょう。
 

   先日、6月27日の「表現文化入門」の授業にて、25年以上“しんちゃん”役を務められた矢島晶子先生をお迎えして、様々なお話を聞かせていただきました!(なんと、矢島先生は、淑徳短期大学の卒業生なんです。)
 矢島先生が私たちの為に特別にお話しくださった内容なので、あまり詳しく記載できないのは残念ですが、とても有意義なひと時を過ごさせていただきました。
 

   また、当日の授業は1年生の必修授業内に行われたのですが、他学年の先輩方も多くご出席されており、矢島先生の人気の凄さが窺えました。

 矢島先生は、自身がどうして声優の世界に足を踏み入れることになったのか、や、声優という仕事を務めるに当たって気を付けていること、声優の世界についてなど、普段絶対に聞けないようなお話を私たちにしてくださいました。
 授業中、矢島先生の温かいジョークに笑いが巻き起こったり、真面目なお話に皆が真剣な眼差しを向けていたりと、とても豊かな雰囲気で、学生たちに大好評の授業となりました!

 一生に一度あるかないかの貴重な経験をさせてくださった矢島先生には感謝の気持ちを伝えたいです。本当に楽しい時間をありがとうございました!これからも矢島先生の声優としての活動を応援しています!