2019年10月アーカイブ

歴史学科では、将来教職を目指す学生が、教職サークルを立ち上げ、日々奮闘しています。

後学期からは6期生が入塾しました。以下は、初めて授業をすることとなった1年次生のレポートです。

 

はじめまして!歴史学科1年渡辺里菜です。

 

私は1029日に、教職サークルの師道塾ではじめての模擬授業を行いました。

 

内容は〈鎖国政策〉について。

模擬授業をするのは初めての経験です。


何もわからないまま、1ヶ月ほど前に板書案、プリント案を自分1人で作成してみました。

それを師道塾の先輩に見せてアドバイスをもらい、改善するということを繰り返しました。


その間に、同級生の前で模擬授業の練習を2.3回行いました。

そして、発表の2週間ほど前には、板書案とプリント案を作成(それぞれ3回ずつ直しました)。

何人かの先輩の前で練習をするなどして授業を作っていきました。



 

板書内容、授業で話したいことを頭に入れて本番の模擬授業をしました。


相当な時間と労力を使い事前準備をしましたが、いざ模擬授業をすると、思い通りにいきません。

自分の中では100点満点中10点もつけられないような授業でした。


用意していた発問を2問も飛ばし、教室を広く使えず、早口で話してしまいました。

大勢の人の目の前に立ち授業をすることが、こんなにも難しいのかと改めて思いました。




反省点が目立つ授業ではありましたが、その反面、笑顔で授業を進行できたことや黒板に字を書く速さなど、良い面にも気がつくことができました。

そして、改めて教師になりたいと強く思いました。

 

自分では納得がいかない初めての模擬授業でしたが、師道塾で学び必ず「面白くて分かりやすい授業」を展開できる教師になりたいです。

 

指導してくださった先輩方、田中先生 ありがとうございました!!!

  11月10日(日)に、よしもと幕張イオンモール劇場にて、吉本興業と淑徳大学がコラボレーションしたお笑いライブイベントを開催します。
それに向けて我々表現学科の学生は、構成作家である善積様を大学にお招きして、イベント当日に向けて打ち合わせを行いました。

  打ち合わせは終始和やかに進み、数多くの芸人さんの台本を見てこられた善積様からは、業界のことや面白いコントの要素など、貴重なお話を伺うことができました。

  当日は、学生によるひな壇トークや、創作コントの披露がされる予定です。
  素人ながら、一生懸命やらせていただくので、よろしくお願いします。

 

   10月27日に行われた淑徳大学と姉妹法人マハヤナ学園100周年記念式典、記念講演、祝賀会の総合司会を表現学科3年の櫛田さん、小杉さんが担当しました。

 



   緊張感漂う音楽法要から開始し、池上彰さんの記念講演、祝賀会と、和やかな雰囲気で進みました。

   予想外の出来事に対応したり、スムーズに進行したりしたことから、2人は多くの方にお褒めの言葉をいただきました。 また、最後の来場者からの拍手には、2人も「感動しました。」と笑顔で話していました。
   今回100周年という記念すべきイベントの司会という貴重な機会をいただいたことに改めて感謝の気持ちを抱いたようです。

 


   今後も、表現学科での学びを活かし、積極的にさまざまなことに挑戦し、活躍してほしいと思いました。

 

   こんにちは!
   HEARTサークル3年の冨田です。

   10/27に上板南口銀座商店街で行われた「まもりん坊子ども縁日祭り」に参加させていただきました。

   ヨーヨー釣りや、輪投げなどの遊べるブース、わたあめやお菓子配りなど、さまざまなブースがあり、たくさんの子どもたちが楽しんでくれました。

 



   私たちサークル員はそれぞれのブースのお手伝いをさせていただき、商店街の方々と一緒に子どもたちとふれあい、お祭りを盛り上げることに貢献できたのではないかと思います。
   また、子どもたちだけでなく、サークル員1人1人の表情が明るく楽しそうだったのも印象的でした。

   来月も複数のボランティアのお話をいただいているので、この経験を活かして、やりきりたいと思います!

 

南房総市ボランティア

 10月6日(日)、台風15号の被害を受けた千葉県南房総市で、淑徳大学の学生と職員の方々で災害支援ボランティアを行いました。学生は千葉キャンパスをはじめ、埼玉キャンパス、東京キャンパスからも参加がありました。

 まず、南房総市にある三芳保健福祉センターに行き、ボランティア保険に加入したり、ボランティアについての心得などの説明を受けたりしました。そこで、南房総市は住民の方の約半数が高齢者で、特に一人暮らしをしている方は瓦礫などの片付けが難しく、人手が足りていないとのお話がありました。

 三芳保健福祉センターで手続きや活動準備を終えた後、依頼者のお宅である活動先へ向かいました。その移動中に、南房総市の街中の様子を見ていましたが、瓦屋根の一軒家はブルーシートで屋根を覆っているところが多く見受けられました。また、大きな看板が倒れているところもありました。

 実際に依頼者のお宅へ伺い、指示書に書かれている作業内容の確認をしてから作業を始めました。依頼者の方は、高齢の女性の方でやはり1人では片付けをすることが難しいとのことでした。2階建てのお宅で、2階のゴミや荷物を分別する人たちと、1階で軽トラックにそれらのものを載せる人たちに分かれて作業を行いました。

 2階の部分は屋根が剥がれており、床にはガラスの破片が飛び散っていました。依頼者の方に捨てていいものかどうか確認をとりながら作業を進めました。

 ボランティアの活動時間が限られていることもあり、2階にあるものを全て片付けることはできませんでした。しかし、活動終了後に依頼者の方が目に涙を浮かべながら、感謝の気持ちを伝えてくださいました。

 今回のボランティアで、一度行くだけではなく、支援を「続ける」ことの大切さを実感しました。

 

 表現学科2年 見上夏美

 白寄ゼミでは、10月16日にイオンスタイル板橋前野町店にて行われた特殊詐欺防止キャンペーンに参加してきました。

 以前作成したオレオレ詐欺と受け子詐欺の防止ポスターを、ポケットティッシュと合わせて地域の方々に配布させていただきました。

 

 

 このような体験は初めてのゼミ生もいて、自分もその一人でした。しかし、思い切って声をかけてみると地域の方々が快く受け取って下さったので、心が温まりました。

 また、自分たちが制作に携わったポスターが学外に行き渡っていることをその場で感じ取ることができて良かったです。受け取ってすぐにポスターに興味を示してくださる方もいて、大変嬉しく感じました。

 

 

 ポスター作成から配布まで、多くの貴重な経験となりました。この活動により、一つでも多くの特殊詐欺防止に繋がってほしいと思います。

 

 

表現学科3年 内田

第48回板橋区民まつり

1020日に行われた板橋区民まつりに参加しました! 

来場者の方々に淑徳大学東京キャンパスを紹介しながら、ポスターやグッズなどを配布しました。

中高生に限らず、幅広い年齢の方々とお話しさせて頂きました。大学を知ってもらえる機会はあまりないので、貴重な経験をすることができました。 

白寄ゼミでの活動で、警視庁志村警察署と連携して作成した、振込詐欺防止のポスターや、ポケットティッシュは、「わかりやすい」「可愛い」「完成度が高い」と好評でした。 

「詐欺に引っかからないように目につくところにポスターを飾る」と言ってくださった方も何人もいらっしゃいました。キャッチーコピーや、キャラクター、イラストをいちから考え、制作された過程も知っていたからこそ、来場者の方々のご意見を直接聞くことができ、とても嬉しかったです。

このような地域との交流や、活動はとても大切だと改めて感じた時間でした。


 


表現学科3年 吉田愛深

淑徳祭に向けて

こんにちは、表現学科一年の榎戸です。
今回は、私たち一年A組が淑徳祭で行う『一風変わったカフェ』の内容を、チラ見せしようと思います!

 

 

 

 

こんな感じで収録中〜。
「え、カフェじゃないの?」と思われた方、あなたの反応は正常です。しかし、ちゃんとカフェになるのでご安心ください。

何をしているのか、詳しくはまだ内緒ですが……。でも、『他にはないもの』であることは間違いありません! 一年A組のカフェをお楽しみに!

もちろん、他クラス・他サークルにも、足を運んでいただきたいです。
地域全体が盛り上がるような淑徳祭にできるよう、これからも準備、頑張ります!!

 毎年白寄ゼミで取り組んでいる特殊詐欺防止キャンペーンのポスターを作成させていただきました。

 今年度は、オレオレ詐欺と受け子詐欺の場面を「桃太郎」をモチーフにしてみました。

 キャッチコピーはみんなの案をもとに練り、キャラクターもいちから考え、だれにでもわかるようにと意識しました。

 

 

 このような防犯ポスターを作成するのは初めてのことで試行錯誤を繰り返しました。しかし、先週、板橋区の3万世帯に新聞の折り込みとしても、配布され、周囲の方々から評価していただきました。非常に良い経験となりました。

 また、特殊詐欺についての理解を深めるきっかけとなり、危険性について改めて考えさせられました。

 より多くの方に特殊詐欺について知っていただき、気をつけていただければと思います。

 

 

表現学科3年 野村、藤井

GPA成績優秀者表彰式

10月1日に、成績優秀者および、成績向上者表彰が行われました。

1年生の私は、初めてのことでしたし、突然連絡がきたので、驚きました。しかし、とても嬉しかったです。

今後もしっかりと学業にも励みたいと思っています。

 

 

先週火曜日から淑徳大学公開講座が始まりました。9月24日、副学長や、板橋区教育委員会の方をお迎えし、開講式が行われました。

本年度は「伝える力」をテーマに表現学科の教員の話を聴くことができます。
第1回の講座から、受講生の熱心な質問や、笑い声が、会場の外にまで聞こえてきました。

受講生にとっても、講師にとっても、充実した楽しい時間になりそうです。