「表現文化研究Ⅰ(視覚表現)」広告PR・販促プランの策定

 「表現文化研究Ⅰ(視覚表現)」では、毎年企業と組んでのPBLを

行っています。企業が実際に抱える課題を提示していただき、

その課題を解決するための広告PR・販促プランを策定するという

ものです。

 

 今期は9月はじめにキリンビバレッジから、乳酸菌飲料の

スーパーでの販促プランを策定し、さらにはポスター・POPを

作成するというお題を頂きました。

 

 2カ月弱かけて取り組んだ成果を、10月21日にキリンビバレッジの

社員の方を前にプレゼンテーションしました。5班に分かれての発表では

「主婦 公式応援代表飲料」「家族のプラズマ乳酸菌。」「女神が降りる

乳酸菌飲料」といったキーワードで、課題分析からコンセプト提示、

具体的な販促プランまでパワーポイントを使って発表しました。

 

 

 実際に企業の方を前にプレゼンするのは、学生にとって

初めての経験です。「企業の方に発表するのはとても緊張感があり

ました」という学生もいるなか、各班とも堂々としたプレゼンでした。

 

 発表に対しては、キリンビバレッジのご担当からコメントを頂きました。

学生からは「ターゲット設定について細かく設定すべきだという指摘を

受けて反省した」「細部までのご意見が勉強になった」という感想が聞かれ

ました。

 

 

 また他の班の発表からもおおいに刺激を受けたようです。「自分が考えつかなかった

視点があり新鮮だった」「データやグラフがパワポに盛り込まれていた班は説得力が

あった」という声が挙がりました。

 

 今回制作したポスターやPOPの一部は、実際にスーパーの店頭で貼られる予定です。

さらに文化祭でも、発表資料やポスターを掲示し、来場者からコメントをもらうことを

計画しています。