富士見市の問題を漫画で表現

 昨年の2月に富士見市役所からの依頼で始まったこのプロジェクト。一年がかりで完成し、先週、富士見市役所にお届けしました。
 公共施設のかかえている問題をできるだけ多くの人に知ってほしいと、漫画を描くことになりました。
 富士見市の施設を見学した後、ストーリーを氏家が、漫画を大原と北村が担当し、何度も富士見市役所の方と話し合い、この度、完成となりました。
 4月からは、各公共施設に冊子が置かれる予定です。
 
 ぜひ、見かけた際は、開いてみてください。