2020年5月アーカイブ

チャレンジ1年生!

ペンネーム  栁澤

 

新入生の皆さんこんにちは✿

人文学部表現学科の栁澤です。

コロナの影響で登校できず、不安な日々が続いていますが、少しでも大学生活を楽しんでもらえるようにメッセージをお伝えしようと思います!

 

皆さんと同じ1年生の頃は、特別なことは何もしない毎日代わり映えのない大学生活を送っていました。

そんな私が2年生のとき、先生に声をかけていただいたことがきっかけで「表現学科アンバサダー」として活動をすることに!

 

アンバサダーの役割は、オープンキャンパスに来てくれた高校生に表現学科はどのようなことをするのかを説明し魅力を発信することです。

私に務まるのか不安でしたが、やってみなければ味わうことのできない想像していた以上のやりがいや充実感を得ることができました。

 

また、そういった活動に参加したことで先生方や先輩方との交流も深まり、さらに自分の視野が広がりました。

 

今思い返すと、1年生のときからもう少し積極的に活動をしていればよかったな…と感じています。

 

新入生の皆さんには、これから色々なことに挑戦して充実した大学生活を送ってほしいです!

H18024 狩野珠希

   新一年生の皆さんこんにちは!人文学部表現学科三年生の狩野です。

 

 私からはシラバスについてお話します。そもそもシラバスとは講義の内容や進め方が書いてある計画書のことです。しっかり読まないと授業で必要な課題を忘れてしまったり、提出課題の多い講義ばかり取ってしまって苦労する羽目になったりします。

 シラバスはSナビにログインして、学生時間割表から見ることができます。

 

                                                                                     こんな感じ。

 

   特に最終課題のチェックは大事です!楽な講義かと思ったら最終課題がとても複雑で難しかった、やりたいことがあったから取った講義なのに最後まで何もせず終わってしまったなど、後悔してしまうかもしれません。

 対面授業時だと回によっては用意しなければならないものあったりするので、シラバスはこまめにチェックするようにしましょう!

 

いわはし

 

新入生の皆さん、こんにちは。淑徳大学に通いはじめて三年が経ちましたいわはしです。

 

今回私からお伝えしたいのは、「大学の周りは確認しておこう」ということです。

大学の周りの道を確認しておくことで、思いがけない近道を発見できたり、気になるお店を見つけることができるのです。あと知らない道を歩くだけでなんとなくワクワクしませんか?するはずです。

 

       http://www.retro-station.jp/03_kanto/tokiwadai.html

 

そして、これは私や友人の実体験なのですが、すっかり定着した通学ルートも、見直して他のルートを確認することで時間やお金の無駄に気が付けることがあります。むしろ今回私が一番言いたかったのはこのことです!

バスと電車を乗り継いで通っていたが電車だけを利用した方が定期代が安く済んだとか、定期券を購入して電車通学だったものの、所要時間は徒歩と同じだったとか。嘘のようで本当にこのようなことが起こってしまうのです。前者が友人、後者が私の話です。二年生の秋に気が付いてショックを受けました。

 

時間やお金の損をなくすためにも、新入生の皆さんには早いうちに最適な通学ルートを見つけてほしいと思います。歩いての通学も案外楽しいですよ。

ここまでお読みいただきありがとうございました!それでは、よいキャンパスライフをお過ごしくださいね。

   新入生の皆さん、はじめまして。

   白寄ゼミ所属の澤本と申します。

 

 1年生におかれましては新型コロナウイルスの影響で入学式を迎えられずに学生生活が始まったことでしょう。そのため、購入したスーツに1度も袖を通していない方も多いと思います。今回は、大学生活でのスーツ活用について私の体験をもとに述べたいと思います。

 

 淑徳大学では、「降誕会」、「盂蘭盆会」、そして「成道会」など年間数回の宗教行事が開催されいます。この行事は授業として扱われ1年生は必修です。その際には、スーツ着用が求められます。※当日スーツ以外で来てしまうと出席できず、来年(2年次)での参加となりますので気をつけください。

   学外では、面接を伴う試験を受けたりしたため他の学生に比べ多かったかもしれません。ですが時折、構内でスーツ姿の学生を見かけました。訊ねると、「アルバイト先で使用するから」とのことでした。実際、私も短期のアルバイト先では黒のスーツが指定の服装でした。入学式ではグレーのスーツでしたが、やはり黒は何かと便利なため再度購入しました。※無理に1式揃えずとも量販店でも購入できますのでご安心ください。

 

   このように現在は日の目を見ないスーツですが、大学生活では様々な場面で使用する機会があります。今後の参考にしてみてください。

ペンネーム イシカワ

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

休校のまま再開の見通しが立っていない今、大学の雰囲気がつかめず、何かと不安に感じる方もいらっしゃると思います。淑徳大学は、他大学と比べて少人数で授業を受けたり、活動することが多いです。過ごしていくうちに、共通の話題で盛り上がる友人も見つかります。

ぜひ、楽しみに待っていてください!

 

↓↓↓ざっくりと、一年次にどのようなことをしたのかご紹介します。↓↓↓

 

 

↑一年次の演劇で作った道具 

    

学祭(お化け屋敷)の手作り案内文書↑

 

クラスごとに行なった演劇は、脚本や道具など何もかもがオリジナル。表現学科ならではの授業です。同じクラスの学生ともぎゅぎゅっと仲良く!(※新型コロナウイルスの状況により、今後の授業内容は変更になる可能性もあります)

 

大学の学祭、これぞ青春!定番のお化け屋敷は、凝って、凝って、凝りました。「血っぽくしたい」と案内文書の紙には赤い絵の具を……。本番では実際にお客さんを入れつつも、「ここ、もっとこうしたくない?」といった感じで改良を重ねるなどして、徹底的なこだわりを見せました。

 

さまざまな形で表現するチャンスが降ってきます。大学が始まったら表現して遊びつくしましょう!

ペンネーム まぐろ

 

みなさんはじめまして。白寄ゼミ所属のペンネームまぐろです。

夢や志を持って淑徳大学に入学したのに全てがオンライン授業になってしまって、モヤモヤや不安を抱えてる学生も多いことでしょう。

 

大丈夫。私たちも不安です!(笑)

笑いことじゃないけれど、こんなこと一生に一度です。

Stay Home.  おうち時間を楽しみましょう!

 

さて、私からは2つ、みなさんにお伝えしようと思います。

 

1個目。この期間をチャンスと捉えて、文章力UPを目指しましょう!

直接顔を合わせられない今、課題やメールの文面が全てになってきます。

不安な敬語などは今のうちになくしておこう!

 

2個目。TwitterやInstagramでも良いです。仲間を見つけよう!

なかなか難しいことを言っているのは百も承知です。

「3年だからそんなこと言えるんだろ」うん。そうかもしれません。

それでも私は、みなさんに仲間を見つけてほしい。作って欲しい。

せっかく目標を持って、同じ淑徳大学に入学した同世代。一生物の仲間ができるはずです。

「#春から淑徳」とか「#春から淑徳大学人文学部表現学科」とか、いろんなハッシュタグがあると思います。

ちょっとだけ勇気を出して、自分から関わりにいってみよう。

※(個人情報の流出には気をつけてね)※

 

そしてなにより、仲間ができると、課題の確認をしあえる。

ちなみに私は、とある講義の大問4を解かずに課題を提出してました。

やらかすときは誰でもやらかす。

こういう失敗をしないためにも、仲間っていた方がいいと思う。うん。

 

オンライン授業、課題、大変だと思うけど頑張ろうね!

大学構内でみなさんに会えるのを心待ちにしています!

 

 

大学内にはこんなに綺麗な景色を見れる場所もあるよ!

新入生の皆さん初めまして!

人文学部表現学科3年の“抹茶と猫が好き”です!

 

外出自粛が終わって大学生活が送れるようになったときのために、ここでは何かと必要になる「証明書の発行」について簡単にお話ししていきます。

 

数ある証明書の中でも学生証は授業開始時、お店での学割として多く利用します。(私もよくカラオケに行くので、金額が安くなる学割って大事ですよね)

しかし「どこかへ落としてしまった、または無くしてしまった」「破損してしまった」ということも…。

 

大事な証明書、どうやって発行すれば良いのか分からず悩んでしまう人も少なからずいるでしょう。

そんな時、簡単に証明書を発行できる方法があります。

 

それが「証明書発行機(パピルスメイト)」です!※全体像の写真がありませんでした。

 

 

基本的にカードリーダーに学生証をタッチ(または手打ち)→暗証番号入力→必要な証明書のところをタッチ→発行部数を選択→手数料を入金→出てきたものを学生支援部に渡せば完了です!

 

淑徳大学1号館1階のエレベーターのすぐそばに1台置いてあるので、何かあったときのために少し触ってみるのも良いかもしれませんね。

 

学生証はテスト間近に無くしてしまった場合、再発行している間は試験用仮学生証があるので大丈夫です!

 

詳しい説明はできませんでしたが、難しいことはないので安心して下さい。

外出自粛が終わって皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

こんにちは!表現学科3年の大久保綾です。

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。そしてこの記事が淑徳大学東京キャンパスでの過ごし方や大学生活のなかで少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

「食堂」

東京キャンパスには2つの食堂があり、表現学科は主に4号館の食堂を使うことが多いと思います。新校舎での食堂はまだ使ったことがないのですが、一緒に売っているホットスナックのおすすめを紹介したいと思います。(仕様が変わっていたらすみません)

 

 ←レモンパイ

                                                                                                                   

                                                 

ストロベリーチュロス→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな種類があるので

毎日何を食べようか悩みます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ピアノ練習室」

人文学部は使うことの少ない1号館の地下にあります。

使用方法は学生便覧にも書いてある通り1階エントランスホールにおいてある用紙に空いていて好きな部屋に学籍番号と名前、使用開始時間を書き込めば大丈夫です。

使用時間は原則1時間で使える曜日は記入用紙に書いてある通りです。(張り紙によってばらばらなので迷うと思いますがわからないことは近くの学生支援部にて聞いてみてください)

部屋数が多いので自身にあったピアノを探すのも楽しいですよ♪エアコンもついているので快適に弾くことができますよ!

 

その他にもいろいろな施設があるのでぜひ色んなところに訪れてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

                                                                                                    

こんにちは。

白寄ゼミ表現学科3年、笠原亜瑠人です。「あると」と読みます。

入学後、未だに他の学生と顔を合わせることもできずに不安に感じている新入生の皆さんに、僕たちが1,2年の時に体験した授業についてなどを紹介して、少しでも『こういう感じなのか~』と思ってもらえる紹介ができればと思っています。

 

 

こちらは2年の後期で履修できる白寄先生の表現文化研究Ⅰ(文芸表現)で行う課外学習の際に撮った浅草での写真です。各グループに分かれて、調べたいものも自由に、グループごとに決めて行う課外学習です。自分たちの興味のあることを深く調べていく内容なので、学習意欲が増し、とても良い経験でした。外出自粛の現在では難しい講義形式にはなるかと思いますが、担当の白寄先生がとても楽しい人柄なので、きっと講義を盛り上げてくれますよ。

 

そうですよね…先生?

 

以上、3年笠原がお送りしました~。

ペンネーム新入生頑張れ

 

長い自粛生活のなか、大学というものが未知のもである新入生は多く不安を抱いていることでしょう。

 

授業なども含め不安なことは多いと思います。

そんな中で友達ができるのかなという不安もあると思います。

 

その不安を少しでも無くすためのアドバイスができたらなと。

 

一年生の時自分がなにをやっていたかなと思い返すと、毎日空いた時間は友達と「トランプ」をしていました。今の時代アナログな遊びかなとも思われますが、トランプこそ利用してもらいたいツールなのです。

 

趣味にとらわれすぎて仲良くなろうと思うとなかなか、難しく限界もあります。

 

 

その問題を取り払うのが「トランプ」です!

 
一年生は授業も多く時間は限られますが、暇な時間は少しでもあると思います。

そんなとき友達と集まってトランプをしてみてください!!

仲を深めるのに非常に役立つと思います。

 

大富豪やババ抜きなど簡単でメジャーなものが良いでしょう!!

これならルールも簡単に教えられますし、みんな楽しめますよ〜

 

トランプは男女関係なく気軽に遊べるというところもオススメな点です。

まわりの友達も気軽に誘いやすいため、大人数でやってみてください

みんな共通で遊べるツールは友達作りに一役買うことでしょう

 

トランプに飽きたらUNOや人狼をしてみるのもオススメですよ!!


新入生の皆さんもたくさんの課題が課されていて、早くも不安を抱えてしまっている人も中にはいると思います。

少しでも応援ができたらと思い、4つのポイントについて簡単にまとめます。

 

1 最低限の決まり事を守る

タイトル、学籍番号、名前を入れておけば大丈夫です。課題によってはファイル名が指定されている場合もありますが、その際は指示に従ってください。

あとは文章をしっかりとまとめましょう。

 

2 進まなくなったら休憩をとる

表現学科は創作課題が非常に多く、モチベーションが上がっていなければ課題の進みが悪くなってしまうこともあります。そのようなときに無理に課題をすることはあまりお勧めできません。しっかりと休憩しましょう。

 

3 予定を立てる

いつ何の課題を進めるのか、しっかりと予定を立てておいたほうが良いです。たくさんの課題の前に億劫になってしまう気持ちも分かりますが、効率よくこなしていく上でまと

めておいた方が良いです。

 

4 相談すること

分からないことがあったら相談しましょう。友人でも教授でも構いませんので、とにかく聞きましょう。私も友人に相談しながら課題を進めています。

 

4つのポイントについてまとめてきましたが、私もほぼ常に課題のことで不安を覚えたりしてきました。同じような心境の方の助けになれたならば幸いです。

 

浦島祐介

新1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 私は3年の兵藤と申します。

「ご入学おめでとうございます」とは言ったものの、新型コロナウイルスの感染拡大により新入生セミナーなどが中止になってしまったり…大学がどういった場所かもわからず日々大学から送られてくる課題をやったり…とまだ実感が持てないですよね。

そんな中で私は皆さんが少ならからず興味を持っているであろう「サークル」について紹介させてください。

私は現在「HEART サークル」というサークルに所属しており、サークル長を務めています。 私たちHEART サークルは「自分たちのしたいことをする!」という動機のもと、活動しています。載せている写真は2月初めにあった、地域の小学校のお餅つき大会のボランティアの写真です。

これは集合写真なので活動内容が伝わらないと思いますが気になる人は是非コロナウイルスが収束したらサークルに遊びに来てください(笑)

もともとはこういったボランティアもサークルを立ち上げた先輩たちが自主的に始めたも ので、現在では様々な団体様からお声をかけていただくほどになりました。 やっぱり、大学での「サークル」って自分の大学生活を活気づける良い存在になると思います。

先輩、後輩などの縦の繋がりもできますし、横の繋がりだって当然できると思います。 私が紹介した HEARTサークルは淑徳大学の数あるサークルのうちの1つです。サークルに興味がある人はコロナウイルスが収束したら様々なサークルに見学に行ってみて是非自分にあったサークルを見つけてみてください。 HEARTサークルは皆さんが見学に来てくださることを心からお待ちしています。

 

   新一年生の皆さん、こんにちは!

 人文学部表現学科3年の代々木の者です。

 新一年生の皆様におかれましては、外出自粛により、せっかく入学が決まっているキャンパスに入れなくて、悔しい思いをしていることでしょう。

 先が見えない今ですが、いつ自粛期間が終了してもいいように、今回は私が、キャンパスに入れたらまずするべきことを説明したいと思います。

 

  1. 大学Wi-Fiを登録しよう!

 キャンパス内で使えるWi-Fiをご自身のスマホやPCに登録することで、調べものをする際に、通信料を気にせずに済みます!

 ↓の手順で登録できるので、是非やっておきましょう!

 

     

     2. 時間割をスクショしておこう!

 東京キャンパスは施設の大きさに対して部屋の位置が妙に多く(個人の感想です)、講義ごとに部屋を移動する必要があるので、道に迷いやすい人や部屋の番号を覚えることが苦手な人は、はじめのころは混乱するかもしれません(私がそうでした)。

 S-naviの時間割をスクリーンショットで撮影しておいて、いつでもスマホでみられるようにしておくとよいでしょう!

 

   他にもいろいろありますが、まずはこの2つを習得して、アドバンテージを得ましょう!

こんにちは。
 
入学したものの、一度も大学構内に入れないまま、課題に追われている新入生の皆さんに先輩からのメッセージを載せます。
まず、白寄ゼミ3年生からの新入生にこんなこと知っておくと大学生活いいかも?のような情報も含めたメッセージを次号から送ります。
 
お楽しみに!
 
 
白寄ゼミ3年生