表現学科の最近のブログ記事

東京キャンパスのある板橋区は、「絵本」にゆかりのある自治体です。

世界最大の児童書ブックフェア「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」に連携した絵本原画展が板橋区立美術館で1981年に開催されて以来、板橋区にはイタリアのボローニャ市から世界の絵本が寄贈され、その3万冊にも及ぶコレクションは今春に移設オープンした板橋区立中央図書館の1階に所蔵されています。

(区のホームページ「絵本のまち板橋」より)

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kusei/1025922/index.html

 

表現学科では、これまでに絵本を研究対象としたゼミ活動も行われています。今回は、その一環で4月13日(火)に東京キャンパスで、国際交流基金モスクワ日本文化センター主催の『てぶくろをかいに』絵本表紙コンクールの審査会が行われました。新美南吉の同作品の物語を動画でロシアの子どもたちに見てもらい、表紙のイラストを描いて応募してもらう企画です。

(​​『てぶくろをかいに』絵本表紙コンクール 詳細)

https://www.value-press.com/pressrelease/267966

 

 寄せられた500以上の作品を部門ごとに分け、審査が実施されました。

 

実際に並べられた作品をじっくりと審査していきました。

 

 審査員、スタッフとの集合写真。審査員には、児童文学を研究される先生方のほか、動画用イラストを担当されたはせがわゆうじさん(イラストレーター)、声の出演をされた井上あずみさん(​歌手・​「となりのトトロ」主題歌ほか)とゆーゆさんも参加されました。

(集合写真のみマスクを外して撮影を行いましたが、感染防止対策を徹底して審査会を実施しました)

 

審査の模様を見学する中で「手に取りたくなる表紙とはどのようなものか」といった、プロの方々の貴重なコメントをお聞きすることができました。

 

杉原ゼミ 絵本審査会スタッフ

(表現学科3年)足立陽紀、上原航、松本柚香、堀米ひな

新入生セミナー

2021年度の新入生セミナーは、大学にて4月16日、17日の2日間にわたって行われました。


16日は、年に3回行っている宗教行事の一つ「花まつり」そして、「建学の精神」について学びました。各クラスに分かれ、事前に録画しておいたDVDを視聴するスタイルでしたが、どの教室も厳かな空気が流れていました。


17日は、表現学科初の試みでプロの劇団の演劇の映像を視聴しました。1時間強の作品をみな食い入るような目で観ていました。
その後は、先輩学生主催の新入生歓迎会として、先輩たちへのなんでも質問タイム、ジェスチャー伝言ゲームなどのレクリエーション、ビンゴゲームが行われました。しっかり感染症予防対策がとられながら、楽しい時間を過ごしました。
16時の終了時間には、新入生たちは打ち解け、連絡先を交換する姿があちこちで見られました。




表現学科2期生(2019年春卒)の田中夏未さんは、

大学卒業後も働きながらマンガ家を目指して創作活動を続け、

昨年は「第2回ラララボ!1dayハイスピードマンガ賞」の

グランプリを受賞されました。

 

そして、このほど受賞後2作目の作品

「恋に恋なんてしない」(ペンネーム:山吹子)が

LaLaDX(ララデラックス:白泉社)2021年5月号に掲載されました。

32ページの読み切りマンガで、大学のキャンパスを舞台に

女子学生の揺れる心情を描いた作品です。

 

 

~ご本人のコメント~

「受賞から読切掲載まで1年かかってしまいましたが、

描き続ければチャンスを掴めるのだという

自信にも繋がりました。」

 

在学中の田中さんは、3年次のゼミ研究で

「人の心を惹きつけるストーリー」を研究し、

卒業制作ではアンドロイドを介した親子の絆を

描いたマンガに取り組みました。

 

卒業後も夢をあきらめずに努力を続け

プロデビューを果たした

田中さんの今後の活躍が楽しみです。

新学期が始まると同時に、6号館の食堂も営業を開始しました!
全席にアクリル板を設置したり、容器は使い捨てのものにするなど、コロナ感染防止にも気を付けています。
5号館の売店では焼きたてパンやスナックなどが購入できます。どちらもこれまでより充実した品ぞろえになっています。
授業の後は、美味しいメニューが待っていますよ!

食堂

食堂

食堂

3月20日にオープンキャンパスが行われました。


昨年1年間、対面でのオープンキャンパスがなかなか実施できずにおりました。そこで、表現学科について紹介したり、案内したりする「表現学科アンバサダー」学生も活動できずにおりましたが、今回、やっと始動いたしました!
2021年度の「表現学科アンバサダー」は9名。今回、初出場のため、かなり緊張していたようですが、無事に大役を努めてくれました。

3時にオープンキャンパスが終了した後も、次回のためにレイアウトを考えたり、展示物を精査したり、積極的に活動してくれるメンバーです。
オープンキャンパスにご来場くださる高校生のみなさまのさまざまな質問にも答えますので、ぜひ、表現学科のブースへお越しください。



3月19日に、新2年生による新2年生のためのセミナーが行われました。

実行委員によるソーラン節のダンス披露で、みんなをリラックスさせました。朝からいきなりにぎやかなソーラン節の音に最初は、「何が起こるの?」とけげんな顔をしていた学生たちも、実行委員の全力の迫力あるダンスに元気をもらい、MCの掛け声に合わせ、全員で手拍子。ソーラン節効果?は、かなりなもので、開始後、10分で一体感が生まれました。
その後、グループに分かれレクリエーションが行われました。ジェステャーゲーム、ワードウルフ、お題トークの後、再び階段教室に全員集合し、指スマ大会が始まりました。

そして、各クラスの1位学生3人による優勝決定戦が行われ、Aクラスの学生が見事勝者に!
だれに聞いても、「楽しかった」と返ってきました。

午後は、先輩学生による図書館ガイダンス、大学の施設見学、そして、レクや、質問タイムなど、大学を大いに楽しみました。
やっと大学生になったと実感した1日になったようです。
実行委員の学生たちのおかげで、とても充実した新2年生セミナーになりました。





人文学部では淑徳大学東京図書館と連携して
「読書マラソン 人文学部」という読書推奨活動を実施しています。
 
2020年度は、11月から1月の3カ月間に
各学科の教育研究活動に関係する図書を3冊以上読み、
その中でもっとも感銘を受けた1冊について
約400字の論評を提出してもらいました。
 
優秀賞に選出されたのは、表現学科1年生の宮本 奏さんです。
東京図書館長である歴史学科の森田教授より、賞品(図書カード)が授与されました。

宮本さんが論評対象に選んだのは
『紙の本は滅びない』(福嶋聡 著、ポプラ社)
このほか宮本さんの読書リストには、
川賞受賞作家・津村記久子さんの短編集『サキの忘れ物』(新潮社)、
授業の参考図書にも選ばれていた
編集者・ライターのための必修基礎知識』(雷鳥社)が挙がっていました。
ノンフィクション、小説、実用書…と、
書籍のカテゴリーを広げて読んでいるのも特徴的ですね。
 
図書館は春休み中も利用が可能です。
学生の皆さんはぜひ足を運んでみてください。
 
 
 
 

昨年からのコロナ禍により、入学式、新入生セミナーなど、すべての行事が中止になってしまった学生たちも淑徳生になって1年が経ちました。
いきなりのリモート授業、やり方が正しいのか?間違っているのか?聞きたくても友だちと呼べる人もいないまま過ぎた前期、数回の対面授業を経てSNSでやっと繋がった仲間、それでも、まだ友だち!と言っていいのか・・・

そこで、そんな学生たちが次年度から、より快適な大学生活を送れるよう19日に新2年生セミナーを実施します。
午前中は、学生企画として、ソーシャルディスタンスを守りながらのレクリエーション、午後は、先輩学生によるグループごとの図書館ガイダンスや、キャンパスツアーなど。
実施に向けて、9日には学生企画担当の新2年生リーダーが集まりました。会場となる階段教室を確認したり、レクリエーションで使うものを準備したりしました。
19日には、新2年生の笑顔が見られることでしょう。

 

 

2月27日土曜日に、板橋区文化交流財団主催の第20回日本語スピーチ大会がリモートにて実施されました。
その司会・進行を本学表現学科の4名佐々木さん、渡邊さん、倉持さん、上遠野さんが担当しました。
 
毎年、2月に行われるこの外国人出場者による日本語スピーチ大会ですが、コロナ禍の今年度は感染症予防対策として、初めてオンラインで行われました。
日本と母国の文化の違いや、日本文化・習慣などについて、自身の経験や日頃感じていることなど、1人3分程度でスピーチしたものを事前録画しておき、それを順に配信する間に、学生たちによる出場者の紹介、および、スピーチ後の感想がはさまれました。
 
配信を聞いていた方からの感想の中には、学生たちに対する賞賛のメッセージもあったそうです。
 
 
 
 
 

皆さん、こんにちは。表現学科3年の山口真由です。

私は、地域支援ボランティアセンター東京が毎年発行する広報誌「ボランティアニュース」の制作に学生スタッフとして3年間携わらせていただきました。

1年生の時は、何もかもが初めてでわからないことばかりでしたが、現在は3年生として後輩にアドバイスができるようになった自分に成長を感じます。

 

これまでの広報誌制作では、他学部の学生へのインタビューや原稿の作成を行ってきましたが、今年度はデスク担当として初めて構成ラフを作成しました。担当の先生のアドバイスや過去に発刊された広報誌などを参考にして構成ラフを制作し、広報誌制作チームでの打ち合わせを重ねながら完成させることができました。

 

また、昨年度までは印刷会社の方と同じ空間で同じ物を見ながら打ち合わせを行っていましたが、今年度はコロナ禍でオンラインでの打ち合わせとなりました。そこで、広報誌の現物を見ないまま打ち合わせをする難しさと自分のイメージを伝えるための話し方を学ぶことができました。

 

今年度の学生編集スタッフは私の他に1年生が4人も参加してくれました。また、表紙のイラストも立候補してくれた1年生が作成してくれました。

初めて広報誌制作に参加した1年生たちは、最初は不安が大きく初めての作業に苦戦することもあったけれど、協力しながら制作する広報誌が少しずつ形になっていく過程やインタビューでなかなか聞くことのできないお話を聞けたことが嬉しかった、学びになったと感想を話してくれました。

「ボランティアニュース」Vol.63は3月に発行されるので、キャンパスで見かけたらぜひ手にとって読んでください。

 

3年間地域支援ボランティアセンター東京の広報誌制作に携わり、広報誌を完成させるために支えていただいた全ての方に心から感謝しています。これからも、学びや感動を感じられる広報誌制作に多くの学生が携わってくれることを期待しています。

 

 

Zoomでの編集会議では各自のアイデアや意見を共有して進めました。

 

 

印刷会社さんとの入稿打合せもリモートで行いました。

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31