表現学科の最近のブログ記事

トップスタァ

こんにちは!淑徳大学の表現学科の一年生には、演劇の授業が必修科目となっています。

前期では発声などの専門的な演習なのですが、後学期からは、なんと、クラスで演劇を作って発表するんです!

照明から音響、脚本や演出、製作進行まで・・・・・・もちろん役者さんもいます!

本格的にやるので、幼稚園の頃に行うようなお遊戯会とは当然違います。ですから、演技の授業になると、皆意気込んでいるような気がしています。

ちなみに私は脚本家志望なのですが、脚本家志望が多いために、作品は投票制となってしまいました・・・・・・

他の脚本家志望者達もレベルの高いモノを出しているので、自分の作品が選ばれるか、緊張でいっぱいです。

今回の演技の授業では、忘れかけていた競争するということ、自己アピールするということ、そして、表現する楽しさを思い出したような気がしました!

 

 1年川島夕汰

白寄ゼミ知恩院へ

95日。私たち白寄ゼミ一行は、ゼミ合宿の最終日であるこの日に知恩院に向かいました。


 

知恩院を訪れた理由。それは、ここ知恩院が浄土宗の総本山であり、淑徳の教祖である輪島聞声先生が眠っている場所、そして、今年が100回忌でもあったからです。

 

前日の激しい雷雨から打って変わり、朝から晴天に恵まれ、日差しが強く照り返してました。

しかし、知恩院に足を踏み入れると、空気が違って感じられました。

 


輪島聞声先生のお墓に案内してもらい、掃除をした後、みんなでお参りをしてきました。お墓には100回忌の卒塔婆が立てかけられていて、今日の淑徳にも影響力のある方なのだと実感しました。

 


100回忌という節目にお参りできたご縁を大切にし、今後も淑徳の精神である「共生」を繋いでいけたらと思います。



9月5日にm BAY POINT幕張ビルで開催されたNTT東日本ラジオCMコンテストに参加しました。 コンテストの内容は、NTT東日本の企業イメージが伝わるように、15秒のラジオCMコピー(企業イメージ広告)を表現するというものです。 15秒という短い枠の中に伝えたいことを盛り込むのは、とても難しかったです。しかし、同じ課題に向き合う中で、チームそれぞれの、新しい発想や、光る才能に、多くの学びや発見がありました。 他大学の学生と同じ課題に取り組む機会はなかなかないので、 とても良い刺激を受けることができ、勉強になりました。 NTT東日本のどの活動に注目するかという視点の持って行き方や、語り方の特徴(掛け合い・1人語りなど)により、作品の色や味が違っていてとても面白かったです。 一緒に参加した2年生の飯島彩帆さんと私の作品は、 私達、助けられている。 サクサク繋がるwi-fi環境。 お店や電車の空席状況。 国境を越えた翻訳サービスの提供。 様々なカタチで「繋がる」を届ける。 お世話になります、NTT東日本。 難しい単語を並べるよりも、私たちにとって身近なNTT東日本の活動を取り上げ、サービスを受ける側の視点でCM脚本を考えました。 意識をしていないところでも、NTT東日本さんの活動に助けられている場面がたくさんあることを知り、その感謝の想いを作品に込めました。 また、サービスの「環境、状況、提供」と韻を踏んだ文言でまとめ、聞こえやすさ、馴染みやすさにこだわりました。 与えられた時間の中で、2人でたくさん考えて工夫をして、作品を完成させました。その結果、最優秀賞というとても素敵な賞を頂くことが出来ました。 表彰式や、メディアからの取材を受け、自分たちの作品が評価されることの喜びを痛感しました。 私はこのような、「作品作り」とは、ほぼ無縁だったので最初は不安な気持ちがありました。しかし、白寄先生に声をかけて頂き、チャンスを頂くことができたこと、可能性を広げて頂いたことに、とても感謝しています。 夏休みに、大学生らしい貴重な体験をすることが出来ました。ここでの経験を活かして、ゼミの活動や就職活動も頑張っていきたいと思います。  表現学科 3年吉田愛深

3日間のゼミ合宿

 大学生の夏休みも終盤を迎えた頃、白寄ゼミでは九月の三日~五日を使って合宿を行いました。行先は京都。三日間を存分に使い、調査・研究活動をしながらさまざまな名所を訪れました。

 一日目は嵐山へ。渡月橋を渡ったり竹林の道を歩いたり、昼食では各々好みの和食を注文したりして、初日から京都の「和」を堪能することができました。今回の研究テーマであるピクトグラムについても歩きながら調査を進め、ホテルに帰る頃にはすっかり外が暗くなっていました。

 

 二日目は伏見稲荷大社や宇治、午後には金閣寺へ向かいましたが、金閣寺を出ようとしたところで突然強烈な雷雨が。びしょ濡れになりながら急いで雨宿りをしに行き、その後なんとかタクシーを見つけてホテルに戻りました。それ以降の予定はことごとく中止となってしまいましたが、全員が無事だったこと、そして、また元気に集まって夕飯を食べに行けたことが嬉しく感じられました。

 

 

 最終日は知恩院を訪れて輪島聞声先生のお墓参りをした後、二条城や龍安寺にも足を運び、最後まで京都を味わい尽くすことができました。

 

 たくさん歩き、ハプニングもあった三日間でしたが、帰る頃には全員が満足な顔をしていました。充実した三日間、今回のゼミ合宿は非常に有意義なものになりました。

 3年 内田 巧斗

アフタートーク!

先日、劇団銅鑼『ENDLESS-挑戦!-』の公演が行われました。私は劇団銅鑼さんのアフタートークに参加させていただきました。

今作は実際にあったことをもとに産廃産業を舞台としていました。

そこで、SDGsについてアフタートークをしました。SDGsとは持続可能な開発のための2030アジェンダのことです。

例えば、貧困をなくす、陸の豊かさを守るなどのことで、今回ゲストとして私と多摩美術大学の学生さん、石坂産業の方と田辺さんでトークに挑みました。

改めて考えると、役者は環境に悪いことを一歩間違えればしてしまうのではないだろうか、と感じました。例えば大道具のバラしの時、細かい釘を取らないだけで無駄なガスを増やすことになる。小道具を細かく砕いて廃棄しないと不燃にもなる。

ふだん何気に無意識にやっていて、こんなこと細かく考えたりしなかったので改めて考える良い機会になりました。

また、終始みなさんと穏やかに、お客様も交えて、こんなことあるよね…、直さないと、環境や開発のために何ができるかと話し合うことができ、貴重な時間となりました。

 

 

岡村ゼミ4年  大橋愛実

マナーがいいね!

学科のある先生の研究室に入っていく学生を見かけた。なんと、ノックする前に、肩にかけていた鞄を置いて、研究室に入っていった。

先生が指導したのか?学生自身による行いなのか?どちらにしても、ここまでマナーが良い学生がいるとは。。。素晴らしい!

ですが、廊下に貴重品を置くのは良くないので、研究室のドアの内側に置かせてもらったほうがいいですね。

 

夏休みは、ここ!

夏休みも残すところ、あと10日。
あれもやればよかった、これもすれば良かった・・・と後悔ばかり。笑
ということで、思いっきりディズニー・シーで遊んで来ました!

開園を待つ、長蛇の列に並んでいる時は、暑くて嫌になりそうでしたが、さすが「夢の国」。入園すると同時にファストパスに抽選・・・
絶叫系が苦手な私は、今回はこんな周り方をして来ました。
海底2万マイルで海の神秘を感じ、マジックランプシアターで迫力満点のジーニーのパフォーマンスにうっとりし、キャラバンカルーゼルの二階建てメリーゴーランドで童心にかえり、ディズニーシーエレクトリックレールウェイでニューヨークへ移動、ブロードウェイミュージックシアターでビッグバンビートを鑑賞、パイレーツサマーバトルゲットウェットで修行という名の濡れる一体感を体験、トイストーリーマニアで撃ちまくり、タートルトークでおしゃべりに感心し、ビッグシティヴィークルでニューヨークの街を一周、ディズニーシートランジットスチーマーラインで船旅を経験、ファンタズミック で別れを惜しみ・・・

夏休みの楽しい一日を終えました!

 

 

 

 

 

8月25日のオープンキャンパスでは、SF小説など数多くの作品を発表している作家であり本学客員教授の川又千秋先生による体験授業が行われました。

文芸表現に興味がある高校生50名が真剣な表情でメモをとりながら、先生の話に聞き入っていました。

先生は、ご自身の経験談を交えながら、作品に仕上げるコツのようなものをお話くださいました。

また、谷崎潤一郎の「文章読本」の一節を紹介しながら、論を進めるなど、非常に魅力ある講義でして。

参加した高校生からも「とても満足した」とのアンケート結果が多数届いています。

こんにちは。私たち、表現学科のありのままをくわしーく説明し、可愛い後輩を大歓迎すべく、オープンキャンパスの

表現学科ブースにおります在校生「表現学科アンバサダー」です。

 

入口に私たちのプロフィールも書いてありますから、ぜひご覧いただき、気軽に話しかけてくださいね。



ところで、8月25日のオープンキャンパスの体験授業は、SF作家の川又千秋先生。3年生になると、川又先生の授業が受講できます。先輩たちからは、2年生から川又先生の授業が受けられるようにしてほしい!と毎年要望の声があがっていると聞いています。私たちも今から楽しみです!

ぜひ、次のオープンキャンパスで体験授業に参加してみてください!川又先生の世界観がのぞけます。

8月4日のオープンキャンパスでは、声優の菊池正美先生による体験授業が行われ、多くの高校生がアテレコに挑戦しました。菊池先生は、長年「ちびまる子ちゃん」の花輪くんを演じています。皆さんがご存知の多くのアニメ作品、ゲーム、CM、ナレーションなどでもご活躍です。

毎年、菊池先生の体験授業は希望者が多く、スタジオに入りきれません。今年も、できるだけ多くの方に体験いただきたいと教室にマイクを置いての授業になりました。

菊池先生の授業は、三年生の後期に履修できます。現役の声優の先生による本格的な授業は、毎週学生が楽しみにしている授業の1つでもあります。

もう1人声優の七緒はるひ先生の授業が二年生の後期に履修できます。

次回のオープンキャンパス8月25日は、SF作家であり本学の客員教授の川又千秋先生による授業があります。
楽しみですね!