経営学部

観光経営学科

ここが特徴!

1.観光産業や観光地で活躍できる経営人材をめざす

観光の現場で必要な知識や、ホスピタリティをもち、さらに観光産業や観光地で経営能力を発揮できる人材を養成します。

2.体験型学習を通じて観光経営の実践を学ぶ

観光の現場に貢献する経営人材を育成するため、さまざまな体験型学習を用意。経営学の基礎から経営戦略など、観光経営に必要な知識を多面的に学ぶとともに、体験型学習により実践力を身につけます。

3.就職・キャリアに活かせる資格取得をサポート

旅行業務取扱管理者、ブライダルコーディネート技能検定(旧ABC検定)、TOEIC、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)など、将来、観光の現場で活躍するうえで役立つ資格取得をサポートします。

観光ビジネスで活躍するための、知識と経験を身につける

観光経営学科 観光経営学科では、観光ビジネスの経営に必要な知識と実践力を身につけることができます。
講義以外にも、ホテルや旅行業などの体験型学習が多く設けられています。
観光経営学科で、観光ビジネスのマネジメントや、観光を通じた地域活性化とまちづくりのプロフェッショナルとして活躍できる力をつけていきます。

目指せる資格

観光経営学科では、次のような資格を取得することができます。

旅行業務取扱管理者/マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)/秘書技能検定/TOEIC/ブライダルコーディネート技能検定 など

卒業後の進路

観光経営学科の学生の進路は、次のようになっています。

  • ホテル業界
  • 旅行業界
  • 運輸サービス業界(航空・鉄道)
  • エンターテインメント業界
  • イベント業界
  • ブライダル業界
  • レジャー・リゾート・テーマパーク産業
  • 外食産業 など

経営学部ブログ

地域・社会と連携した体験学習で学ぶ学生の活動を発信しています。経営学部ブログにてご覧ください。

  • 経営学部ブログ
閉じる