皆さんこんにちは!

緊急事態宣言が解除されて1か月が経ち、高校生の皆さんが登校する姿を毎朝見かけるようになりました。

 

校門の前に立つ学校の先生と元気に挨拶している姿を見て、早くも本来の生活が戻ってきたような気がしています。

しかし、第二波が懸念される中、まだまだ油断は禁物です・・・。

 

皆さんの高校も含め、教育現場では万全な感染症対策をして、学校での授業が再開されてきています。

 

淑徳大学看護栄養学部栄養学科では、前回の栄養学科ブログで紹介した遠隔授業に組み合わせる形で、対面授業(実際に大学で教員と学生が顔を合わせて行う授業、という意味です)として6月末より実験と実習が始まりました

 

そこで今回のブログでは、対面授業で実験を行ううえでの取り組みをご紹介いたします!

  

大学全体の取り組みとなりますが、実験室も窓を開けて密閉空間を避けています。外の暑い空気が入ってくるため、特に今のような夏場は室内の温度管理にも気を付けなければなりません。

 

  これまでは1クラス40人程度で実験をしていましたが、密になることを避けるために人数を半分にし、席も対角線上に座ってもらっています。

 

 

本来は1班5~6人編成でしたが、感染症対策として2~3人に減らしています。一人当たりの実験スペースが確保できるという面でも、良い取り組みかもしれません。

 

 

実験内容は共同作業が少ないものに変更し、器具や試薬をできるだけ個人で使えるようにしています。

 

 

別の実験台で行う作業は代表者を呼んで、一か所に大人数が集まらないように配慮しています。

 

 

午前クラスと午後クラスで共有する試薬等は、授業終了後に担当教員がエタノール消毒を行います。実験台の消毒は片付けの一環として、学生にやってもらっています。

  

授業形式の講義科目とは異なり実験実習は、共同作業の中でチームの重要性や自分のやるべきことを考え、将来、管理栄養士として医療現場に出るための準備をする場でもあります。

 

感染症対策で共同作業が制限されることは、チームワークを身に着ける機会が減ることにもつながるため、なんとか感染症対策と学びを両立させようと、栄養学科では日々試行錯誤が続いております。

 

 

皆さんの高校ではどのような対策がとられていますか?

私たち大学の教育現場と情報交換ができたら良いですね。

  

さて、本ブログ最後になりますが、残念ながらコロナ禍が続いていくのが現状です・・・。

 

辛い思いをしているのは、皆さんも私たち教職員もきっと同じです。

しかし、少しでも希望があれば、ともに頑張る仲間がいれば、心にあるネガティブな思いは消せる・・・と思いませんか?

 

未来の自分を強くイメージすることが、将来の夢に近づく第一歩です。

アフターコロナという言葉も生まれていますが、これからも学びの場がより良いものになると信じて、みんなで夢に向かって走り続けましょう!

学舎に学生の姿が戻ってきました!

 

淑徳大学では4月より遠隔授業のスタイルで授業を行ってきましたが、6月22日より看護栄養学部では一部の実習・実験・演習について、1回人数を20人程度に制限し、クラスに分割して対面授業を開始しました。


6月22日は、ちょうど「基礎看護学実習Ⅰ(1年生)」の始まりの日です。Early Exposure(早期体験)学習を通じて看護への興味関心を高め、看護師の役割についての理解を深める実習です。118名の受講生が、「(Zoomを使用した)遠隔オリエンテーション」に始まり、「(Zoomを使用した)遠隔カンファレンス・ディスカッション」「遠隔での課題取組(レポート)」だけでなく、入学後初めての対面授業となる「感染予防に関する学内演習(手指衛生と個人防護具の着脱)」を、3日間かけて6つのクラスに分けて少人数制で行いました。さらに、2つの病院が実習を受け入れてくださり、半日ずつ交代で「臨地実習(見学)」も行われました。

 

<しばらくぶりの1年生を迎えるための掲示>

1年生は、入学オリエンテーションと健康診断の機会に2回だけ登校したのですが、2か月以上間をあけての登校で、学内での対面授業は「初」となります。建物内で迷わないように、案内掲示を丁寧に行いました。また、受講生の動線を決め、人が密集しないための工夫も凝らしました

 

写真【迷わないための案内掲示板】

  

<初めてのユニフォームで学内演習>

4月5日に採寸して出来上がっていたユニフォームも、1年生に袖を通してもらうのを心待ちにしていました。やっと持ち主と巡り合え、おろこんでいることでしょう。

 

「感染予防に関する学内演習」では、6分割したグループをさらに2分割し、「手指衛生」と「個人防護具の着脱」の2つの演習を、別室にてローテーションで行ったため、1クラスが最大でも13人という超少数クラスです。ソーシャルディスタンスを保ち、感染予防に留意して行いました。

 

個人防護具(PPE)の着脱は新型コロナウィルスに対応するものではありませんが、一般的な感染症対策で用いられるエプロンと手袋を用いての演習です。

  

写真【エプロンをつけてみましょう】

 

写真【ほら、汚染されているのがわかりますね】

 

手指衛生の演習は、①流水と石鹸による手洗い、②擦式手指消毒剤を用いた正しい消毒の手順を実践しました。手洗いの後には洗い残しが検出する器械に手をかざしてみます。さて、結果はいかに!?

 

 

写真【(手洗い)洗い残しはないかな?】

 


写真【ここが今一つ・・・】

写真【正しい手指消毒の方法は?】

  

<いざ臨地実習施設に出発!>

学内で更衣し、近隣の実習病院に向かいます。緑豊かな自然あふれる千葉第二キャンパスですが、北・南・東の3方向のお隣は実習病院が立ち並んでいます。なんと立地条件の良いこと!!今回はA病院とB病院に向かいます。緊張した中にも、夢と希望に胸を弾ませて病棟に向かいました。

「看護師になる第一歩です。たくさんのことを学んできてくださいね。いってらっしゃーい。」

写真【A病院に向かいます】

 

写真【緑がまぶしい環境】

 

写真【こちらのチームはB病院へ】

 

<臨地実習…指導者は淑徳大学の卒業生…「先輩!!」>

1人の看護師に1人の学生が付いてシャドーイングを行いました。見ること聞くこと初めてのことだらけですが、看護師がどんな風に患者さんに接しているのか、どのようなことに配慮しているのか、しっかりと看護の心を感じ取ることができました。指導に当たった看護師は、行っていることを一つ一つ丁寧に説明してくださいました。1年生もその全身を使って一生懸命学んできました。

臨地で指導をしてくださる看護師は本学の卒業生も多く、ある病棟では今日も淑徳大学の卒業生が指導者として待っていてくださいました。自分もこんな素敵な看護師になりたい!と思った1年生も多いはずです。

 

コロナ禍で中々先は見えませんが、看護師へと続く看護学生としての第一歩を踏み出した学生さんたちを千葉第二キャンパス教職員一同、心から応援しています。

 

本学部2年生の老年看護学実習Ⅰは、本来ならば介護予防教室への参加、人生史について高齢者へのインタビュー、昔の遊びやグランドゴルフの体験を実施する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症に配慮して遠隔実習を行っています。

 

本学部の老年看護学実習Ⅰの実習目的は、「高齢者の加齢による変化やその変化にあわせた生活の多様性について理解し、高齢者が住み慣れた地域で、より良く生きるための課題について考える」ことです。

その目的を達成するための目標のひとつとして「高齢者との関わりに欠かせない祈りやいのちについて理解を深める」ことを設定していますが、これは本学ならではの特徴的な実習目標だと思います。



祈りと看護のつながりは、イメージしにくくありませんか?

 

本学の建学の精神は、大乗仏教の精神に基づき、人間開発、社会開発に貢献する人材育成です。

看護学は特に生老病死、いずれのステージでも対象者の“いのち”に向き合う仕事であるため、現代科学の知見を学びスキルを磨いていきます。

それと同時に、老いに対する悲哀、病と向き合っている対象の痛みや悩み、死にゆく不安や恐れなどは科学的なことだけでは十分に対応ができません。本学の大乗仏教の理念は“いのち”に向きあう上で大切だと考えています。

 

特別養護老人ホームである淑徳共生園では最上階にお堂があり観音様をお迎えして週に一度、各宗派の僧侶にボランティアでお勤めと講話をお願いしています。高齢者の参加は任意ですが多くの方に好評で、それだけ心の平安、よりどころを求めていることがわかります。

 

6月12日(金)は92人の学生とGoogle meetをつなぎ、本学の理事長であり、大巌寺住職の長谷川匡俊先生の勤行と、淑徳大学と大巌寺について、および音楽法要についてご講話いただいたものを、事前に録画した動画視聴してもらいました。また、お二人の檀家さんに祈りやいのちについて語っていただいたお話の録画動画を視聴してもらいました。

 

実習の学びでは、spiritual careは科学的な知識と技術だけでは不十分であること、“いのち”に向き合う大切さ、先祖から自分へのつながる“いのち”の連鎖、高齢者の尊重、音楽法要の回向文から他者へ向ける視点が看護につながること、等の意見があり、高齢者との関わりに欠かせない“祈り”や“いのち”について学びが深まったようです。

我が国では、地域で生活するすべての人が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。

 

この地域包括ケアシステムに即応できる看護師育成のために、本学では、4年次の総合実習で「多職種連携」という分野を立ち上げました。

実際の実習では、疾病や障がいをもつ人々が、自らの住む地域でその人らしく生活できるよう多職種での連携の在り方や支援の方法を学ぶ実習を行いました。

 

実習では、疾病や障がいを持ちながらも、その人らしく暮らしていくための支援や調整を行っている地域包括支援センター、急性期病院の入退院支援室、認定看護師、セルフ・ヘルプグループで活躍している講師から、それぞれの役割や活動の実際についてリモートで一時間程度の講義を受けました。

(※セルフ・ヘルプグループとは、なんらかの疾患や障がい・悩みなどを抱えた人たち同士が自発的につながった集団をさします。)

自らがオストメイトで患者会の運営をされている日本オストミー千葉支部長の木下さんの講義では、患者の立場からストーマを造設した人々が生活をする中での支障やその対処方法など実体験を交えてお話を頂きました。

(※様々な疾病や事故などにより、お腹に排泄のための『ストーマ(人工肛門・人工膀胱)』を造設した人を『オストメイト』といいます)

 

ピア・カウンセリング等も積極的に行われており、セルフ・ヘルプグループを地域の社会資源として活用していく意義や必要性も考えることができました。

 木下さんの講義を受けた学生達の感想が、日本オストミー協会の季刊誌に掲載される予定です。

 

 

これからも時代の流れに即応できる看護師育成のための看護教育を目指していきます。

 

緊急事態宣言は解除されましたが、看護栄養学部においては3密による感染リスクを避けるため、引き続き一部を除いて遠隔講義体制を基本とした対応を行っています。

 

今回は5月に行われた看護学科における4年生オンライン総合実習(地域看護学)の取り組みを紹介します。

 

地域看護学ではこれまでの学びを統合し、在宅看護におけるケアマネジメントや継続看護の重要性の理解、地域包括ケアシステムにおける看護職の役割の理解等を総合実習の目標としています。

 

実習先である訪問看護ステーション等に行けない分、教員とのオンライン個人面談やオンライングループワークを何度も行い、施設等の協力を得て作成した動画の視聴から得た学びの共有、仮想事例の看護計画を行いました。

 


教科書の仮想事例をもとに、入院中から退院後の地域生活においても一貫した質のある看護が提供されるよう「継続看護計画」を立案し、学びを深めることができました!

実習成果発表会も全てオンラインで行い、学生が主体となり活発な質疑応答・意見交換を行い、学びを深めることができました。(画像内「4つの助」とは、自助・互助・共助・公助による助け合いの仕組みのことを言います。)

 

 

最後に淑徳の”S”ポーズでオンライン記念撮影!

本当に頑張りましたね。

 

学生からも「教員と密に連絡を取り合いながら行えたので、何をすればよいか明確にして、実習に取り組むことができた」、「架空事例ではあったが、領域実習の学びや動画を活用して看護を展開していき、実習目標の達成に近づくことができた」などオンライン実習ならではのメリットを活かし、主体的に学習に取り組むことができました。さすが4年生!

 

続いて卒業研究が始まります。

この調子で、コロナに負けずに学修を続けていきましょう。皆さんにはその力が十分に備わっています。

 

千葉第二キャンパス一同、皆さんを応援しています!

 5月も残りわずかになりましたが、新型コロナウイルスの影響は今もなお続いています。

最近では、全国でさまざまな規制が緩和されています。今後、私たちの生活がどうなるか気になるところです。

 

さて、高校生の皆さん、看護栄養学部の皆さん、自宅での勉強は慣れましたか?

高校によって色々な授業の形があると思います。

不便な面もあるかもしれませんが、それぞれのやり方で続けていきましょう。


“継続は力なり”です!

 

現在、淑徳大学看護栄養学部でも、色々な方法で自宅学習をサポートしています。

前回のブログでは栄養学科の解剖学生理学実習について紹介しましたので、今回は少し視野を広げて、栄養学科全体で行われている遠隔授業を紹介いたします!

 

【S-Navi クラスプロファイル】


本学科では大学独自のポータルシステムを使い、パソコンから履修している授業についてシラバスの参照や課題提出、授業資料の共有、先生からの課題に関するコメントなどをみることができます。

課題が授業曜日、時限ごとに分けられており、遠隔授業に関するすべての課題や授業資料がインターネット上で見られるので自宅での勉強に大いに役立てることができます。



【e-ラーニングを用いた学習】

e-ラーニングとはインターネットを利用した学習形態のことです。これまでは主に日頃の自己学習や長期休みの指定課題に使用していましたが、現在は遠隔授業の一つとして活用されています。

パソコンやスマホから手軽に学習することができるだけでなく、その場で結果がわかり何度でも復習することができます。

 

 

【Google機能を使用した授業】

皆さんはGoogleのネット検索はよく使っていると思いますが、GoogleドライブやGoogleフォームはご存じですか?

インターネット上で学生と教員とで授業資料の共有ができるGoogleドライブや、スマホでも簡単に入力できるアンケート機能が便利なGoogleフォームを使用した授業もあります。

 

 

【Zoomミーティングを使用したオンライン授業】

この状況の中、よく耳にする「オンライン」によって、教員と学生の顔を合わせながらリアルタイムで授業が行えるシステムです。

もちろん、その時に参加することが難しい学生もいるので、録画したものを後ほど見ることも可能になっています。

 

【動画配信】

前回のブログでも紹介しましたが、実験、実習は引き続き動画を撮影して配信をしています。

実際に自身で操作することができない分、教員の実験動画を参考にして自宅での勉強に活用できるようにしています。 

 

 

今回は5つの取り組みについて紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

教職員一丸となり、この状況を乗り越えようと奮闘しています!

少しでも早く大学での授業が始まって欲しいというのが、皆さんの願いでも私たち教職員の願いでもあるのです・・・、教育現場は「3つの密(密閉・密集・密接)」になりやすく、なかなか今までのように皆さんと顔を合わせることができません・・・。

 

1日も早く今までの生活に戻ることができるように願いつつ、大学として「今」できることを行っていき、皆さんの大学生活の支えになっていけるように頑張ります!

新型コロナウィルス感染症の影響により、未曽有の事態が未だ続いております。

緊急事態宣言により、対面式講義の再開も延期となり、千葉第二キャンパスでも様々なオンライン授業への取り組みが開始されています。

 

各領域で様々な取り組みを行っていますが、今回は小児看護領域における総合実習の取り組みを紹介したいと思います。

 

総合実習では、学生さんのPCやネット環境の調査を十分に行った上で、実現可能な遠隔実習の方法について小児看護領域の教員で話し合いを熱心に重ねました。



【領域会議の一幕・・密を避けて議論に議論を重ねました】

 

本来であれば実習場に出向き、4年間の集大成となる総合実習ですが、今回のコロナ禍により実習施設での実習が行えないため、各領域で教員が試行錯誤をして遠隔指導による総合実習を行っています。

 

臨地実習では、机上では学べない臨床での実践を通し、現場の声を聴くことから得られる学びとグループ討議などから自らの学びを深めることができることが実習最大の利点であり学びです。その実習での学びをどのようにして遠隔実習の中でおこなっていくかが最大の焦点となりました。

 

小児看護領域ではzoomGoogle meetを用いたオリエンテーションや臨床で実践を行っている方に参加していただいてのミニ講演会、看護の専門性について発表会行いました。



【オリエンテーションの一幕】

さすが4年生ともなると、遠隔で行うという障壁があっても、その壁を自らの知恵と努力で乗り越える力がついていて、教員が想定していた学びを遥かに超えた学びをしてくれて、本当に頼もしく感じました。



【看護の専門性についての発表会】

このようにして、学生さんの学びが深まるように、教員も試行錯誤を重ね、講義や実習を再構築しています。

 

コロナ禍だからできないのではなく、こういう状況だからこそ知恵を搾り、可能な限りの教育を提供したい・・その一念で、遠隔授業を千葉第二キャンパス一丸となって取り組み頑張っています。


学生さんも友達と会えなかったり、実習場に足を運べなかったりと、学びの共有に高い障壁を感じ、モチベーションを維持することがむつかしい時もあると思いますが、コロナ禍によってできなくなったことだけに目を向けるのではなく、こういう状況だからこそ、できること、できたことにも目を向けて、お互いに頑張っていきましょう。

 

一日も早くコロナ禍が収束し、日常を取り戻せる日が来ますように・・・

千葉第二キャンパス教職員一同、皆さんの学びに寄り添い、教育活動により専念していきたいと考えています。

オンライン講義体制の構築等について積極的に議論しています。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、未曽有の事態が未だ続いております。本学学生の皆さんも不安と闘いながら毎日を過ごしていることでしょう…。

 

緊急事態宣言により、大学が原則立ち入り禁止となっている中、全国的にもオンライン授業体制の構築が求められています。

 

看護学科においては、4月早期から教員、及び教務が有志でFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動の一環として、現状の共有とオンライン講義体制の安定的な構築について話し合いが行われています。

 

 週1回程度行っています!

 

様々なオンラインツールがある中、何をどのように活用すれば教育活動がより促進されるか、また、学生にとって分かりやすいか等が盛んに話し合われました。

 

講義のみならず出欠管理や課題の提出・受け取りなどの管理方法について、それぞれの教員が実施している工夫や知恵を共有し、学科として統一した対応を行えるよう議論しています。

 

今後も不測の事態が続くと思われますが、学科一丸となって、教育の質が担保されるよう努力して参ります!!

 

全国の新学期が始まって1か月が経ちましたが、新型コロナウイルスの影響による教育現場の試行錯誤が日々報道されています。

 

皆さんの高校でも、新型コロナウイルスに対する様々な対策がとられているかと思いますが、私たち淑徳大学看護栄養学部でも、大学での授業開始を延期し、自宅でできる課題やオンライン授業の準備を進めるなど、色々な形で学生の学びをサポートしています。

 

でも、実験や実習についてはどうでしょうか。

実際に手を動かしたり、目で見たりと、自ら体験して知識を得ることが醍醐味ですので、自宅でただ参考書を見るだけ・・・というのは少し寂しいですよね。

 

そこで本年度は、ブログ企画第一弾として実験実習に着目し、自宅での学習を実りのある時間にしようという取り組みを紹介していきます!

 

それでは早速、栄養学科の「解剖学生理学実習」を覗いてみましょう!

 

 

2年生前期の解剖学生理学実習では、解剖生理学、病態学という分野について、人体模型や臓器模型を使って私たちの身体の仕組みを勉強します。

それこそ人体模型は一家に一台とはいきませんので、自宅でも実際に目で見て学べるように、動画を配信することにいたしました!

 

 撮影にはGoProを使います。スマホと連携しているので、撮影した動画がその場で確認できます。

 

 

撮影1日目。肝臓の模型を使って、解剖学専門の教員が解説します。

 

担当教員が一丸となって動画を撮影しています。良いアングルになるように苦戦中・・・。

 

 

撮影2日目。人体模型のアップはインパクトがありますね!さあ、撮影はまだまだ続きます。

 

動画の作成はいつもの講義のようにはいかず、撮影後の編集作業、時には撮影し直したりと、思ったよりもなかなか大変です・・・。

でも、少しでも勉強しやすい環境が整えられるように、教員も色々なことに挑戦しています。

 

このような動画配信やオンラインによる授業を始めとして、これから色々な勉強の形が生まれていくかと思います。

 

高校生の皆さん、看護栄養学部の皆さん、そして全国の学生の皆さん、環境的にも気持ち的にもなかなか自宅学習に取り組めないかもしれませんが、このような時だからこそ、色々な勉強法に挑戦して今できることにしっかり取り組み、来る(きたる)日のために実力を積んでいきましょう!

 

看護学科新入生のみなさん、いかがお過ごしですか?


各科目からの課題も届き始め、そろそろ教科書の読み込みから取り掛かっているのではないかと思います。


皆さんに向けて、教員からのメッセージをお届けします。



それでは5月にお会いできるのを楽しみにしています。