こんにちは!季節は夏へと変わり、暑さが厳しい日が続いています。本学は前期の授業が終了し、夏休みを迎えました。

今回は3年生前期に履修する『栄養教育論実習Ⅱ』の実習を紹介します。この実習は、2年生後期に履修する「栄養教育実習Ⅰ」、同じく3年生前期に履修の「栄養教育論Ⅲ」の知識を基に学修する科目で、対象者の行動変容に必要な行動科学理論や、カウンセリングの視点・技法等について、事例や体験学習を通じて理解し、様々な場面で適切なコミュニケーションがとれるようにすることが目標になっています。

全15回中、第13・14回目の実習では、個別の栄養教育について、体験学習を通して学ぶために、教員がクライエント役となり、ロールプレイによる個別の栄養教育を実践しました。

 


この実践をした学生からの感想として、

「クライエントを目の前にすると早く言葉を返さなければならないという焦りから、聞くだけ聞いて、答えについてあまり考えられずに次の話題に変えてしまった。緊張や焦りから思っていた通りのカウンセリングが全くできなかった。」

「クライエントの問題点や目標を見つけるのに必死で、クライエントへの共感や受容の態度を取るのがおろそかになってしまった。」

「事前に準備をしていたにも関わらず、質問しようとしていたことや、準備していた資料を全く使うことが出来ず、自分の勉強不足を痛感した。」

「講義を聞いていると自分もできるかなと思っていたけれど、実際にやっていると自分の知識の少なさを実感し、もっと勉強する必要があると思った。」

「準備性がどの段階かを見極めるための質問をすることの難しさを感じた。」等があり、自分の思っていた通りに進めることが出来なかった残念な気持ちや、反省がありました。


また、「日常生活において、コミュニケーションや質問を積極的に行い、会話力を身につけていきたいと思った。」「自分の知識を伝えるのではなく、その人のことをよく見て、それぞれに合った対応をしていくことが大切だと思った。」「クライエントにも考えていることや思っていることがたくさんあるということを学び、クライエント主体で問題解決をしなければならないと実感した。」「クライエントは言いたいことや悩みをストレートに言わず、遠回しに言ってくるように思った。クライエントの発言から、クライエント自身の本当の心理を読み取らなければならないと感じた。」、等の感想もあり、この実習を通して、新たな目標や今後の自分に必要なことに気付くことも出来たようです。

コロナ禍で実験実習の実施には一部制限がありますが、その中でも学生たちは、様々なことを体験・経験し、学びを深めています。

今年も仏教看護論が開講されました!!

淑徳大学看護学科の独自の学びの一つに「仏教看護論」があります。

今年も浄土宗光照院の住職であり、臨床佛教研究所研究員も務められている吉水岳彦先生に講義をしていただきました。

仏教看護論では、第一回目の講義で宗教について正しい知識を身に付けることから始めていきます。

その後、大乗仏教の教えについて学びながら、病むことや老いていく過程で体験する「喪失」や「苦しみ」の意味を考えるために、「遺書作成ワーク」や「傾聴(敬聴)ワーク」などにも取り組みました

私たち、看護師の仕事は人の生老病死に向き合う仕事です。とても責任も重い仕事ですし、対象者の「苦悩」に共に向き合うことから共感性疲労もとても強い職業といわれています。

そのため、仏教看護論では、看護の対象者のみならず、自分自身を大切にすることの大切さを学ぶために「慈しみの瞑想」など、セルフケアの方法についても学びました。

学生の学びの一部です

  • 本当の意味で「相手に寄り添う」ということの意味を深く考えることができた。

  • 患者の心の「苦しみ」や「怒り」、「痛み」などを安心して表出できるような環境を作っていくことも看護師の大切な役割だと思った。

  • 仏教看護論の講義では、当たり前のことを当たり前と思わず、周囲への感謝の気持ちや思いやりの気持ちを持つことの大切さ、尊さなどを感じた。

  • 自分のことも相手のことも同様に、心から大切にできる人間になりたいと思った。

  • 今まで自分は「死」というものに向き合ったことがなかったが、看護の対象者は、「死」と向き合っている方々も多く、学生時代に一度「死」というものと真剣に向き合うことができてよかった。

今年も仏教看護論を通して、看護師として、一人の人間として、生きていく上で、とても大切な事柄をたくさん学ぶことができました。

 

これらの学びや気づきを忘れず、たくさんの人の心を照らせる人になっていってくださいね。心から応援しています。

皆さんこんにちは!

 

5月に、「保健師課程特集!」と題して保健師についての内容を記載させていただいた、看護学科3年 向日葵と百合です。

 

2021年も半年が過ぎ、これから夏を迎えようとしています。コロナ禍も続き、様々な制限の中で新たな生活に適応しようとしている事だと思います。

マスクの着用が当たり前になっている中で、着用自体がストレスに感じてしまう季節ですが、今はみんなで感染拡大を徹底して乗り越えていきましょう。

「言われなくても徹底してるよ!」と言った声がたくさん聞こえそうなので、固い話はここまでにして・・・(笑)

 

さて、看護学科3年生の向日葵は男子学生で、百合は女子学生です。

そこで男性目線・女性目線から看護学生の日常を紹介させていただきたいと思います!

 

初めに、向日葵から男子看護学生としての日常をお話しさせてもらいます。

 

高校生の皆さん、特に男子高校生の皆さん!

看護学科は女性が9割を占めており、年々増えてきていとはいえ今もまだ男子学生は少ないのが現状です。確かに、私も入学式では女性の多さに圧倒されました…。

 

ですが、忙しい日々の中で講義や実習と、たくさんの同級生とグループを組み共に学ぶことで、自然と友好関係は築くことができるので何も心配しないでください!

何よりも、看護師になりたい!という同じ思い、夢の実現のために努力することはかけがえのない素晴らしい経験であり、自然と性別を超えた強い友情へと繋がると思います。


一足先に女性社会を経験した男子学生として、胸を張って言えることです!

 

続いては、百合から女性目線のお話です!

私は女子大学生3年生の立場から、友好関係について話していきますね。

 

最近は男子看護学生も増えてきてはいますが、やっぱりまだ女子看護学生の方が断然多いですよね。

 

この淑徳大学の看護学科も同様に、女性の方が多いです!

そこで懸念されるのが…「女性社会は怖い」ということではないでしょうか?

私も実際、入学前は不安や緊張が大きく、友好関係を築くことができるのか心配していました。

 

しかしここで、私の一意見として言わせていただきます。

決して怖がることはありません!!

 

たしかに仲のいいグループに分かれたりはしていますが、授業内でグループワークを行うことが多いため、多くの学生と関わることとなります。そこで話が弾んで新たに仲良くなることも実際にあるので、ほとんどの人と話す機会が設けられます。

私はそこで新たに話す人の特徴やいい所を見つけるのを楽しみにしています。

 

私の卒業までの目標は、同学年全員と話をすることです(笑)。

これを目標に、今後も学校生活を充実させていきたいと思っています!

 

これからも、看護学生の生の声として様々なことを発信していきたいと思います。

 

以上、向日葵,百合でした!



令和 3 年 7 月 10 日(土)に淑徳大学校友会との共催で、卒業生の集いを開催いたしました。


詳しくはこちらをご覧ください。

こんにちは!

梅雨入りをし、安定しない天気が続きていますが大学では感染予防をしながらも、対面で授業を行っています。


今回は1年生前学期に行われる『調理学実習』をのぞいてみましょう。


調理学実習は、基本的な調理操作や調理器具や機器の使い方等など調理技術の体験と習得を目的として実習を行っています。


今回の授業内容は洋食の料理で、コンソメスープ、コートレット、マセドアンサラダ、マドレーヌを作ります。

どのような料理なのか楽しみですね。

 

師範台にて先生のデモンストレーションを受けている様子です。

作業のポイントや、食材の切り方など必死にメモをとっていました。

大学ではメモは必須です!この後に調理作業に大きくかかわります。

 

ここから、各班に分かれて調理開始です!

コロナ禍の影響もあり、例年の半分の人数で実習を行っています。

少人数でも各班協力をして実習に取り組んでいますね。

実習中には担当教員が見て回り、丁寧に指導されていました。

先生が見て回って下さると安心して調理ができますね。

コートレットの添え物の人参を切っています。

シャトー切りという切り方で丸くなるように面取りをしていきます。

皆さん綺麗に切れていました。

‘ドンドンドンドン‘と調理室に音が響き渡っています!

コートレット用のお肉をたたいていました。

たたくことで繊維をつぶし、お肉を柔らかくしているようです。

完成!!

コンソメスープはお肉、野菜から出汁をとりました。

顆粒とは違う味を感じることができますね。

授業では和食、洋食、中華の出汁のとり方の違いを学ぶことができます。

 

また、料理に合った野菜の切り方をすることでおいしさ、見栄えが良くなりますね。

どの料理も美味しそうです!

実習後は試食です。皆さん美味しそうに食べていました。

感染対策として一方方向を向いて黙食で試食しています。

 

今後もこのように対策を行いながら、学生が楽しく学習できるようしていきます。

みなさんは、「ナッジ」という言葉をご存じでしょうか。

人の意思決定には独特のクセがあることを踏まえて、よくない行動を指導、禁止したりするよりも、環境を整えて本人や社会にとって望ましい行動ができるように「そっと後押しする」という意味です。これを用いた行動変容の手法が、近年注目されており、男性用便器にハエのマークをいれたらトイレのマナーが向上した、放置自転車の多い場所に「ここは自転車捨て場です」と張り紙を貼ったら放置自転車が減った、などの事例が有名です。

看護学科2年生では、健康生活支援論Ⅰの講義において人々の保健活動についての学修を深めます。看護というと、病院等で病気や障害をもつ人々への働きかけを思い浮かべる人が多いと思いますが、病気や障害の予防も看護の重要な役割です。そこで、ゲストスピーカーとして横浜市保健師でNPO法人Policy Garage理事の高橋勇太さんに「ナッジの利いた保健活動とは~人々の健康生活をそっと後押ししよう~」というテーマでお話しをいただきました。

ナッジに関する基本的なお話しを中心に伺いながら、具体的な事例として、市町村から送付される健診案内の例から、「どうしたら健診を多くの人に受けてもらえるか」といった「人の行動をどう考えるか」というテーマを一緒に考えあいました。

学生からは「規制に頼ることなく望ましい行動ができるよう支援することはとても良いことだと思った」「日々の生活の細かなところに組み込まれていることや、環境を少し工夫するだけで人の行動を変えることができると知り興味をもった」「ナッジは、病院などの場でも活用できると思った」など、多くの学びに関する感想や、ナッジを活用した新たなアイディアも聞かれました。

みなさんのまわりにも、「ナッジ」をいかした行動変容に向けた工夫があるかもしれません。見つけてみると面白いかもしれませんね。

図書館では6月30日まで、ナッジに関する書籍展示コーナーを設けています!在学生はぜひ足を運んでください。

 

最後に、学生が考えた講義に関する俳句を三つ掲載します。

  • 変えていく そっと背中を 押す支援
  • 世の中を 変える力を 感じたよ
  • 意思決定 ナッジでそっと 後押しを

成人看護学演習の演習風景

成人看護学演習(3年次科目)では、手術を受けた患者の事例を用いて、看護過程の展開の演習を行っています。

1、2年生で学習してきた知識を活用して、事例の患者さんに必要な看護について考え、記述する演習です。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、zoomを活用して2つの教室に分かれて行うことで、教室内の人数を少なくしたり、フェイスシールドを着けながらディスカッションをしたりと、いつもの年とは少し様子が違う演習ですが、この演習が9月以降の臨地実習に関連してくるので、みんな一生懸命取り組んでいます。

真剣にグループワークに取り組む学生たち

真剣にグループワークに取り組む学生たち


コロナ禍の終息を願うとともに、看護学生もしっかりと感染対策を講じながら、引き続き勉学に励んでいきたいと思います。教員も学生の学びが担保できるよう、全力で取り組んでいきます。


みなさんこんにちは!
ジメジメとした日が多くなり、梅雨の時期になりましたね…。
天気予報はこまめにチェックしていきましょう。

さて、栄養学科の実験実習を覗いてみようコーナーの第2弾は、3年生前期「臨床栄養学実習Ⅱ」をご紹介します!

講義の「臨床栄養学」では、さまざまな疾患や病態に関する知識を習得します。
その知識をもとに、ある疾患を持つ患者さんがいると想定して、どのような栄養管理が適切か、どのような献立を提供するか、病院管理栄養士の業務を実践するのが本実習となります。

今回おじゃました授業では、2型糖尿病患者の症例から、栄養面での問題点を抽出して、「栄養ケアプラン」を作成するようです!

まずは基本症例を先生が説明します。
学生は、「重要だ!」と思ったことはすかさずメモを取っていました。

次に別の症例から、実際に学生自身で栄養ケアプランを作成していきます。
データには、主訴(患者の訴え)、既往歴(過去の病気や健康状態)、現病歴(いつから発症したか、症状の変化)、身体所見、検査所見、生活・食事摂取状況が書かれています。

特に生活・食事摂取状況については、普段の食事内容や食事時間、食嗜好、生活活動内容なども書かれています。
そのため、今後どのような食事指導を行う必要があるのかを導くために、さまざまなデータをよく読み、どのような問題点があるのか、疾患を改善するにはどうすればよいかを考える必要があります。


次に、各自の作成プランを班内で話し合う時間です。
患者さんの食生活に合わせ、適切な栄養素バランスの範囲中で指示エネルギー量を導いていきます。
気になったところはどんどん発言しているのが印象的でした。


指示エネルギー量の中で、「糖尿病交換表」を使用して、どの食材を、どれくらい食べてもらうかも考えています。
数値をホワイトボードに書き出しています。


最後に、班で栄養ケアプランを発表してもらいます。
班ごとで同じような視点もあれば、発表を聞いて、新しい問題点を見つけることもできますね。

この授業について、ご担当の桑原先生に伺いました!

「本実習では、卒業後、臨床分野で活躍できる人材を育成することを目的として、調理実習や症例検討を中心に、現場で対応できる知識と実践力を養います。基本を学ぶことで物事の見方、捉え方がわかり、指導ポイントを整理していきます。いままで様々な授業で学んできた知識も必要になるため、総括的な実習も占めていますよ。」

3年生後期では毎年、実際に病院で実習を行います。
学内の実習で得た知識・実践力を活かして頑張ってほしいです!

みなさんこんにちは!

肌寒かった4月から、1日を通して過ごしやすい季節へ変わりました。

本学は感染症対策を行いながら、様々な授業形式を用いて実施しています。

みなさんも、引き続き体調管理・感染症対策をきちんと行っていきましょう!

 

さて、今年度も先輩方がどのような実験実習をしているのかブログを通してご紹介していきます。

第1弾は、3年生前期に行われる『応用栄養学実習』を覗いてみようと思います!

 

今回の授業は、自分自身の栄養状態を客観的に評価するため、どうやらパソコンで栄養計算ソフトを操作するようです…。

 

事前に連続した3日間の食事を記録してもらい、栄養計算ソフトを使って1日のエネルギー摂取量を求めています。

今年度ご着任された阿曽菜美先生が、学生の質問に答えています。

 

食材をすべて記入するのは大変ですが、自身の食事を見直す良いきっかけにもなりそうですね。

 

こちらの学生は、自身の24時間の生活活動記録をもとに、どれくらいのエネルギーを消費したのか求めています!

求めるには「メッツ(METs)」という運動強度の単位を用います。

睡眠・歩行・授業などなど…ひとつひとつに「メッツ」が存在しています。

行動が数値化されると、よく活動した日、のんびりしていた日がはっきりとわかりますね。

 

今回の授業や以前実施した身体測定をもとにして、自身の栄養評価を行っていくことになります。

 

この授業のポイントを阿曽先生に伺いました!

身体測定や食事調査による栄養評価は、対象者さんの栄養ケアを行っていくうえで、とても重要な情報源となります。この授業では、栄養評価の手法を身に付けるのはもちろんのこと、自分自身を対象に評価を行うことで、対象者さんの気持ちを理解することや、自分自身の食事や生活習慣について見直すことも目標としています。

 

現在履修中の学生もぜひ参考にしてみてください。

51歳でアルツハイマー型認知症と診断された佐藤雅彦氏は、診断後のご自身の体験、幸せな点、社会に訴えたいこと、幸せの条件、生きるための3ヶ条、いかに生きるか、困ってはいないが不便な点とその対策などを説明してくださいました。

 

ホームページを通して、作成した絵画や塗り絵、撮影した写真について説明してくださいました。

佐藤氏HPは以下からアクセスできます

https://www.sato-masahiko.com/activity/

 

 

講義ではご自身がデザインしたステキなTシャツを披露してくださいました。

 

学生は、看護師にどのように対応してほしいか質問しました。その回答として、

・   正面から声をかけてほしい

・   一時しのぎの嘘はつかないでほしい

・   上から目線ではなく平等な立場で「一緒にやりましょう」「一緒に楽しみましょう」と言ってほしい

・  個性・好みを尊重してほしい

・   一度に複数の指示を出さないでほしい

・  不機嫌な態度で接しないでいつも笑顔で接してほしい

など、たくさん教えてくださいました。

終了後の学生の感想には、講義をしてくださった佐藤氏への感謝とともに多くの学びが記載されていました。いくつか抜粋してお知らせします。

・   認知症に対する印象、考え方が変大きく変わった

・   認知症だからといって、できないわけではない、特に私たちと何も変わらない

・   出来ることを奪わず、したいことに挑戦できる環境を作ることを意識できるようにしたい

 

とても有意義な60分間でした、講義をしてくださった佐藤雅彦氏に深く感謝しています。どうもありがとうございました。