栄養学科の最近のブログ記事

皆さんこんにちは!

緊急事態宣言が解除されて1か月が経ち、高校生の皆さんが登校する姿を毎朝見かけるようになりました。

 

校門の前に立つ学校の先生と元気に挨拶している姿を見て、早くも本来の生活が戻ってきたような気がしています。

しかし、第二波が懸念される中、まだまだ油断は禁物です・・・。

 

皆さんの高校も含め、教育現場では万全な感染症対策をして、学校での授業が再開されてきています。

 

淑徳大学看護栄養学部栄養学科では、前回の栄養学科ブログで紹介した遠隔授業に組み合わせる形で、対面授業(実際に大学で教員と学生が顔を合わせて行う授業、という意味です)として6月末より実験と実習が始まりました

 

そこで今回のブログでは、対面授業で実験を行ううえでの取り組みをご紹介いたします!

  

大学全体の取り組みとなりますが、実験室も窓を開けて密閉空間を避けています。外の暑い空気が入ってくるため、特に今のような夏場は室内の温度管理にも気を付けなければなりません。

 

  これまでは1クラス40人程度で実験をしていましたが、密になることを避けるために人数を半分にし、席も対角線上に座ってもらっています。

 

 

本来は1班5~6人編成でしたが、感染症対策として2~3人に減らしています。一人当たりの実験スペースが確保できるという面でも、良い取り組みかもしれません。

 

 

実験内容は共同作業が少ないものに変更し、器具や試薬をできるだけ個人で使えるようにしています。

 

 

別の実験台で行う作業は代表者を呼んで、一か所に大人数が集まらないように配慮しています。

 

 

午前クラスと午後クラスで共有する試薬等は、授業終了後に担当教員がエタノール消毒を行います。実験台の消毒は片付けの一環として、学生にやってもらっています。

  

授業形式の講義科目とは異なり実験実習は、共同作業の中でチームの重要性や自分のやるべきことを考え、将来、管理栄養士として医療現場に出るための準備をする場でもあります。

 

感染症対策で共同作業が制限されることは、チームワークを身に着ける機会が減ることにもつながるため、なんとか感染症対策と学びを両立させようと、栄養学科では日々試行錯誤が続いております。

 

 

皆さんの高校ではどのような対策がとられていますか?

私たち大学の教育現場と情報交換ができたら良いですね。

  

さて、本ブログ最後になりますが、残念ながらコロナ禍が続いていくのが現状です・・・。

 

辛い思いをしているのは、皆さんも私たち教職員もきっと同じです。

しかし、少しでも希望があれば、ともに頑張る仲間がいれば、心にあるネガティブな思いは消せる・・・と思いませんか?

 

未来の自分を強くイメージすることが、将来の夢に近づく第一歩です。

アフターコロナという言葉も生まれていますが、これからも学びの場がより良いものになると信じて、みんなで夢に向かって走り続けましょう!

 5月も残りわずかになりましたが、新型コロナウイルスの影響は今もなお続いています。

最近では、全国でさまざまな規制が緩和されています。今後、私たちの生活がどうなるか気になるところです。

 

さて、高校生の皆さん、看護栄養学部の皆さん、自宅での勉強は慣れましたか?

高校によって色々な授業の形があると思います。

不便な面もあるかもしれませんが、それぞれのやり方で続けていきましょう。


“継続は力なり”です!

 

現在、淑徳大学看護栄養学部でも、色々な方法で自宅学習をサポートしています。

前回のブログでは栄養学科の解剖学生理学実習について紹介しましたので、今回は少し視野を広げて、栄養学科全体で行われている遠隔授業を紹介いたします!

 

【S-Navi クラスプロファイル】


本学科では大学独自のポータルシステムを使い、パソコンから履修している授業についてシラバスの参照や課題提出、授業資料の共有、先生からの課題に関するコメントなどをみることができます。

課題が授業曜日、時限ごとに分けられており、遠隔授業に関するすべての課題や授業資料がインターネット上で見られるので自宅での勉強に大いに役立てることができます。



【e-ラーニングを用いた学習】

e-ラーニングとはインターネットを利用した学習形態のことです。これまでは主に日頃の自己学習や長期休みの指定課題に使用していましたが、現在は遠隔授業の一つとして活用されています。

パソコンやスマホから手軽に学習することができるだけでなく、その場で結果がわかり何度でも復習することができます。

 

 

【Google機能を使用した授業】

皆さんはGoogleのネット検索はよく使っていると思いますが、GoogleドライブやGoogleフォームはご存じですか?

インターネット上で学生と教員とで授業資料の共有ができるGoogleドライブや、スマホでも簡単に入力できるアンケート機能が便利なGoogleフォームを使用した授業もあります。

 

 

【Zoomミーティングを使用したオンライン授業】

この状況の中、よく耳にする「オンライン」によって、教員と学生の顔を合わせながらリアルタイムで授業が行えるシステムです。

もちろん、その時に参加することが難しい学生もいるので、録画したものを後ほど見ることも可能になっています。

 

【動画配信】

前回のブログでも紹介しましたが、実験、実習は引き続き動画を撮影して配信をしています。

実際に自身で操作することができない分、教員の実験動画を参考にして自宅での勉強に活用できるようにしています。 

 

 

今回は5つの取り組みについて紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

教職員一丸となり、この状況を乗り越えようと奮闘しています!

少しでも早く大学での授業が始まって欲しいというのが、皆さんの願いでも私たち教職員の願いでもあるのです・・・、教育現場は「3つの密(密閉・密集・密接)」になりやすく、なかなか今までのように皆さんと顔を合わせることができません・・・。

 

1日も早く今までの生活に戻ることができるように願いつつ、大学として「今」できることを行っていき、皆さんの大学生活の支えになっていけるように頑張ります!

全国の新学期が始まって1か月が経ちましたが、新型コロナウイルスの影響による教育現場の試行錯誤が日々報道されています。

 

皆さんの高校でも、新型コロナウイルスに対する様々な対策がとられているかと思いますが、私たち淑徳大学看護栄養学部でも、大学での授業開始を延期し、自宅でできる課題やオンライン授業の準備を進めるなど、色々な形で学生の学びをサポートしています。

 

でも、実験や実習についてはどうでしょうか。

実際に手を動かしたり、目で見たりと、自ら体験して知識を得ることが醍醐味ですので、自宅でただ参考書を見るだけ・・・というのは少し寂しいですよね。

 

そこで本年度は、ブログ企画第一弾として実験実習に着目し、自宅での学習を実りのある時間にしようという取り組みを紹介していきます!

 

それでは早速、栄養学科の「解剖学生理学実習」を覗いてみましょう!

 

 

2年生前期の解剖学生理学実習では、解剖生理学、病態学という分野について、人体模型や臓器模型を使って私たちの身体の仕組みを勉強します。

それこそ人体模型は一家に一台とはいきませんので、自宅でも実際に目で見て学べるように、動画を配信することにいたしました!

 

 撮影にはGoProを使います。スマホと連携しているので、撮影した動画がその場で確認できます。

 

 

撮影1日目。肝臓の模型を使って、解剖学専門の教員が解説します。

 

担当教員が一丸となって動画を撮影しています。良いアングルになるように苦戦中・・・。

 

 

撮影2日目。人体模型のアップはインパクトがありますね!さあ、撮影はまだまだ続きます。

 

動画の作成はいつもの講義のようにはいかず、撮影後の編集作業、時には撮影し直したりと、思ったよりもなかなか大変です・・・。

でも、少しでも勉強しやすい環境が整えられるように、教員も色々なことに挑戦しています。

 

このような動画配信やオンラインによる授業を始めとして、これから色々な勉強の形が生まれていくかと思います。

 

高校生の皆さん、看護栄養学部の皆さん、そして全国の学生の皆さん、環境的にも気持ち的にもなかなか自宅学習に取り組めないかもしれませんが、このような時だからこそ、色々な勉強法に挑戦して今できることにしっかり取り組み、来る(きたる)日のために実力を積んでいきましょう!

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

そして、講義開始日にむけて教員も頑張っています!!

 

2020年4月1日 

看護栄養学部の新入生オリエンテーションが開催されました。

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、学バスに乗車する前の健康チェック・新入生を2群に分けて、“3つの密”を避けるために換気を行いながら開始された新入生オリエンテーション。

感染予防のため厳戒態勢の中にも

 “ご入学おめでとう”の気持ちを新入生の皆さんにお伝えするために

履修登録に関するオリエンテーションが行われるPC室にはこのようなメッセージが準備されました。

そして、新入生のオリエンテーションが行われていたこの日、

感染の拡大を防止するための対策を最優先にしながら、新年度の講義や演習をどのように行っていくか、教員が自主的に集まり話し合いが持たれました。

 

広い会議室で距離を保ち、換気をしながら・・・短時間で有意義な話し合いがもたれました。

 

今まではグループワークなどを積極的に取り入れて行われることが多い演習でしたが、今後は感染防止の観点から、ICTの活用に代表される様々な感染防止の取り組みをしながら講義を展開していかなければなりません。

 

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、講義や演習ができなくなり、学生さんにとって不利益が大きいと感じていましたが、今回の話し合いを持つことで、講義や演習の内容や方法を工夫することは、無限の可能性を秘めていると感じました。

講義内容や方法を洗練していくことで、今まではグループワークなどで積極的に参加できなかった学生さんも参加できるようになる可能性や学びが醸成される可能性があると感じることができました。

 

学生さん一人一人、置かれている環境は違います。

講義開始後も、すべての学生さんにとって、有意義な学びが提供できるように

教員も叡智を結集して創意工夫をしながら頑張っています。

 

新型コロナウィルス感染症拡大防止のために、淑徳大学の一員として、責任のある行動をとり、一日も早く平穏な日常を取り戻しましょう。

 

教職員一同、講義開始日にまた皆様にお会いできる日を楽しみにしています。

 

 

受験シーズンが終わりに近づき、春の訪れが待ち遠しい季節になりました。

今回のブログは、栄養学科4年生を対象としたイベントのご紹介です!

 

本学栄養学科では教職員が一丸となって、国家試験を受験する4年生を様々な形でサポートしており、その中の一つが栄養学科「管理栄養士国家試験 エールの会」です。

 

こちらの内容は昨年度も栄養学科ブログに掲載いたしましたが、今年度は対年比20%増しで紹介させていただきます!

受験を控えた4年生が一同に集まりました。

栄養学科長 桑原先生の応援メッセージです。

熱い想いが皆さんの心に届いたことでしょう。

 

栄養学科には解剖生理学等を教える医師の教員がいます。医学的な面から、受験前の体調管理をサポート!

 

教員一人ひとりが学生にエールを送ります。4年生皆さんの成功を心から願っています。

4年生には秘密で作成したムービーを上映!お世話になった方々のメッセージが溢れ、学生の目にも涙が溢れ・・・?

なんと、後輩からも応援メッセージが・・・!この後、大学職員、バスの運転手さん、卒業生と続きました。

色々な合格グッズが、教員が合格祈願した品と一緒に贈られました。

4年生の皆さんと応援グッズ。手先が冷えると試験中にマークシートが上手くぬれません。そんな時に役立つのが必勝合格カイロ。試験前に手を温めるのに役立ちます!

 

管理栄養士国家試験 エールの会、いかがでしたか?

高校生の皆さんも、たくさんの方の応援を胸に大学受験に臨まれたのではないでしょうか。

 

試験とは本来、個人の戦い、自分の実力がものをいう世界・・・かもしれませんが、管理栄養士国家試験は入学試験と違い、定員が決まっているわけではありません。

努力すれば必ず報われます。これから入学予定の皆さんも、4年後みんなで管理栄養士になりましょう!

 

教職員共々、厚くサポートさせていただきます。

目指せ☆管理栄養士!

高校生のみなさん、こんにちは。

 

2月も半分が過ぎ、長かった冬もだんだんと終わりが近づいています。

まだまだ寒い日は続きますが、看護栄養学部栄養学科では、春の芽吹きを後押しするような熱気あふれる臨地実習報告会が開催されました!

 

 

栄養学科では3年生になると、臨地実習として病院や保健所、学校、高齢者施設、給食施設などで学外実習を行います。

 

これは、学内での講義や実習で得た知識をもとに、実際の仕事を現場で体験する、言わば3年間の学びの集大成です。

 

管理栄養士になるためには通らなくてはならない道となり、本ブログの筆者(管理栄養士)も期待と不安を胸に病院で色々なことを学ばせていただきました。

これから入学予定の皆さんも、是非楽しみにしていてください☆

 

 

さて、今年度の臨地実習報告会は、3分野すべてポスターによる発表を行い、無事成功裏に終わりました。

臨地実習先でお世話になった先生方を来賓としてお招きし、たくさんのご好評をいただくことができました。

お忙しい中、本学に足を運んでくださり、ありがとうございました。

 

それでは、会場の様子を覗いてみましょう!

 

 

会場には多くの2年生の姿が見られました。来年度に臨地実習を控え、真剣に先輩の発表を聞いています。

 


 

後輩や来賓の方々に囲まれながらも、一人ひとりが自信をもって発表していました。立派です!

 

 

質疑応答の一コマ。発表を聞いていていただいた方の質問に答えるまでが「発表」です。最後まで気を抜けません。

 

 

今年度のパンフレット。臨地実習での頑張りが詰め込まれた3冊。

 

 

発表者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

来賓の方々や後輩の前での発表は、一味違う緊張感があったのではないでしょうか。

 

ところで、本ブログをご覧になっている高校生の皆さんは、こういった発表経験はありますか?

 

発表に不慣れな方もいらっしゃるとは思いますが、ご安心ください。

学内での実験・実習で発表の場を多く設けておりますので、場数を踏めるだけでなく、発表のスキルを自然と身に着けることができます。

 

一緒に色々なことを学んでいきましょう!

皆さんのご入学を心よりお待ちしております。

あけましておめでとうございます。

 

冬休みの終わりとともに年末年始のお祝いムードから一転、だんだんと日常生活が戻ってきました。

栄養学科は現在、定期テストや国家試験に向けた勉強ムードに包まれています。

高校生の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回のブログでは、本大学ホームページの“キャンパスライフ”にも掲載されている「入学前セミナー」の様子について、栄養学科に入学予定の方々をフォーカスしてみました。

 

全体の様子をご覧になりたい方は、大学ホームページのトップページ中段「CAMPUS PICKUP」から「千葉第二キャンパスからのお知らせ」にお進みください。

 

それでは早速ご紹介いたします!

 

こちらは入学前テストの解説の様子です。

千葉第二キャンパス看護栄養学部は看護学科と栄養学科から成り、それぞれに求められる知識があります。そのため、入学前テストは学科別に実施しています。

 

教員の質問に手を挙げる参加者の皆さん。

「積極性」は大学生活にとどまらず、社会に出てからも必要なスキルの一つですね。

 

解説を真剣にメモしています・・・!

全体説明では「メモをとる重要性」についてお話がありましたが、早速実践できていますね。

 

在校生の先輩方から大学生活のアドバイスがありました。

大学生活では、基本的に学年単位で行動することが多いですが、先輩・後輩とのつながりもとても大事です。是非、部活やサークル、ボランティア活動などに参加してみてください。

 

「大学は将来に向けて色々な知識・スキルを身につける場ですが、たまには息抜きも必要です。」と、先輩からアドバイスがありました。皆さんは高校生活で「文武両道」と言われたりしませんでしたか?何事もメリハリをつけるのは大事ですね。

 

でも、息の抜き過ぎは注意・・・!

(↑重要)

 

 

今回の入学前セミナーは、AO入試と推薦入試の合格者を対象としていますので、これからセンター試験や一般入試で入学される方々がやってきます。

 

大学には、学生、大学スタッフを含め、全国各地から一同が集まる場になります。

是非、一つひとつの出会いを大事にし、充実したキャンパスライフを過ごしてください。

 

11月23日、秋雨の降るこの日に、淑徳大学第二キャンパスで減塩料理教室が行われました。この教室は、塩分制限の必要がある方やそのご家族、食事制限はないけれど減塩に興味のある方などを対象に、千葉東病院と淑徳大学の桑原教授が共同で年に1回開催しています。学生もスタッフとして参加しています。

毎回参加者の方からご好評を頂いていて、今年でとうとう10回目となりました。そんな記念すべき回をあいにくの雨模様で迎えましたが、足元が悪いのにも関わらず、参加者の皆様が全員出席していただいき、楽しい1日となりました。


最初はミニ講座です。この日の内容は、千葉東病院腎臓内科の川口医師による減塩の大切さ、そして千葉東病院栄養管理室長の内山先生による減塩のポイントの2点です。

どちらも難しそうですが、計量スプーンの使い方や、昆布とかつお節の簡単なだしの取り方の紹介など、参加者の皆様にも楽しく学んでいただけたと思います。


ミニ講座のあとは本日のメインイベントである調理実習です。この日の献立は牛丼、ワカメスープ、小松菜と蟹の甘酢和え、デザートにくず饅頭とオレンジです。どのお料理も、食塩控えめなのにおいしく食べられる工夫が散りばめられています。

 

調理に入る前に、だしの試飲を行いました。ミニ講座でお伝えした、昆布と鰹節のだしです。ここでは①だし汁のみ、②だし汁なしの味噌汁、③だし汁入りの味噌汁、の3種類を飲んでいただきました。皆さんからは「だしだけでもおいしい!」と、驚きの声が聞こえ、だしの大切さを実感されたことと思います。

 

いよいよ調理実習の開始です。皆さんこの教室で初めてお会いした方同士とは思えないほど、和気あいあいとした雰囲気の中で進められました。

千葉東病院の内山先生の丁寧な指示のもと、全員で一斉に調理を行います。

 栄養学科の学生も、参加者の皆様がスムーズに調理が出来るよう、的確なサポートをしてくれたので安全に作業を進められました。

 こちらはくず饅頭を作る様子です。くず粉と砂糖、水を混ぜ合わせ、火にかけたところです。色が透き通るまでゆっくりかき混ぜます。

  

 皆で協力して、こんなにおいしそうな献立が出来上がりました!

今回の献立も食塩相当量だけでなく、たんぱく質が制限されている方にもおいしく召し上がっていただける献立になっています。

牛丼は、減塩のための様々な工夫がされているので、それだけでも十分おいしいのですが、オクラや鰹節、針生姜、刻みのりなどのトッピングをお好みで足すことでより一層おいしい牛丼になりました。

 

 

今回の調理実習はおいしいことは勿論ですが、いつも以上に簡単で、どなたにも身近なお料理だったからか、「家でも作って家族に食べさせたい」という声があちらこちらから聞かれました。また、「来年も参加したい」という方も多く、皆様に楽しんでいただけた教室になりました。

学生も、普段食事制限のある方とお話しする機会が少ないので、よい勉強になった1日でした。

 

来年の減塩教室ではどのような献立になるのでしょうか、今から楽しみです!

今年も残り1か月弱となり、後期の実験実習も折り返し地点を過ぎました。

 

ブログをご覧になっている高校生の皆さんは、期末試験や大学受験に向けて勉強が本格化してくる頃だと思いますが、インフルエンザ等の感染症も本格化してきますので、どうか体調管理にはお気を付けください。

 

さて、今回のブログでは、栄養学科1年次後期の微生物学実験を紹介いたします!

  

突然ですが、この丸い容器は一体何でしょうか。

フタの部分が少しくもってしまいましたが、中に薄い黄色や赤色の物体が確認できますね。

これは、細菌の栄養源を混ぜて寒天で固めた、寒天培地と呼ばれる微生物学実験の必需品です。

 

通常、食品に含まれる細菌は目で見ることができませんが、色々な食品からサンプルを採取し、寒天培地で培養して肉眼で細菌を観察できるようにするのが今回の実験です。

 

早速、どのような作業をするのか覗いてみましょう!

 

キャベツ(奥)とキムチ(手前)から細菌を採取するようです。キムチには乳酸菌がいるイメージはありますが・・・?

 

真剣な眼差しで仲間の作業を見守る学生。

 

人参から細菌を採取するようです。人参は土の中で育ちますので、土の細菌が付着していそうですね。

 

ブドウの皮から採取したサンプルを寒天培地に塗布しています。果たしてどのような細菌がいるのでしょうか。

 

サンプルを塗布した寒天培地は、37℃を維持できる装置に入れて数日間培養します。37℃という温度は多くの細菌が増殖するのに適した温度とされています。しばらく時間をおいてみましょう・・・。

 

 

~培養後 次週の微生物学実験にて~

 

多くの食品で細菌が検出されました!

特に多く検出された食品と、その寒天培地を紹介いたします。

こちらはピーマン(左上)、紫キャベツ(右上)、人参(左下)、ねぎ(下中央)、えのき(右下)の細菌を培養した結果です。

 

これらはキャベツ(左)とヨーグルト(右)の結果です。白い細菌は乳酸菌かな・・・?

  

食品によって細菌の色や形状が異なるのが分かりますが、この段階ではそれぞれが何という種類の細菌なのかは判断できません。これを特定していくのが、今後の実験となります。

 

今回の結果を見てみると、意外と野菜には細菌が付着しているようですね・・・。

しかし、土壌や川、池、海など、私たちの身の回りには目に見えていないだけで、多くの微生物が存在しています。

そう考えると野菜から細菌が検出されるのは当たり前のことですよね。

 

一方で、納豆、キムチ、ヨーグルトなど、製造の過程で微生物を利用する食品も存在しているだけでなく、私たちの身体を維持するために必要なビタミンKも、腸内細菌が作り出しているのです。

微生物の世界も奥が深いですね。

 

食と栄養のプロとして、臨床の目線から患者さんの状態を判断できるのが管理栄養士ですが、現場で活躍するためのベースとなるのは、普段の講義や実験・実習で得られる基本的な知識です。

管理栄養士になるためには、今回のブログで紹介した食品や栄養素と微生物との関わりも学ばなくてはなりません。

 

さて、管理栄養士を目指して受験勉強中の皆さん、本学栄養学科にご入学される皆さん、受験生のお子様をもつお父様・お母様も、このブログを読み終えた後、食べ物や栄養について少し考えてみてください。微生物のことが少し頭に浮かぶようになったのではないでしょうか。

 

淑徳大学栄養学科では1年生後期から2年生の後期にかけて、食品学・栄養学・生化学などの分野について色々な実験を通して管理栄養士に必要な知識を身につけていきます。

実験では化学や生物の知識が必要となりますが、こういった分野が苦手な学生さんも教員が手厚くサポートしますので、安心して実験に取り組んでください☆

 

11月9日(土)に、栄養学科4年生による卒業研究報告会が行われました。

 卒業研究は4年次に取り組む研究で、大学教育ならではの単位として認定されています。3年生までに学んできた分野の中から自分が興味を持つものを選択し、研究や調査を重ねてきた成果を発表する場です。

  卒業研究は一人で一つのテーマに取り組む場合、そして数名で同じテーマに取り組む共同作業の場合もあります。今回は公衆栄養、臨床栄養学、食品学、栄養教育、公衆栄養、給食経営管理、調理学に関わる計26のテーマについて発表が行われました。

 発表はパワーポイントを使いながら、発表7分、質疑応答3分という時間配分です。この日のために各研究室とも発表練習を繰り返し、本番では堂々とその成果を見せてくれました。

 

教員からは鋭くも愛のある?質問がなされ、制限時間の3分を越えることもしばしば。

どんな質問が来るのかな・・・と緊張しながらも、自分の考えや考察をしっかりまとめて答えるのは、さすが4年生です。

  

これから卒業研究配属となる3年生も、真剣なまなざしで発表に聞き入り、質問用紙にメモを取っていました。

 

これまでの大学生活の中で最も緊張したであろう場を乗り切り、4年生もほっとしたことかと思います。大変お疲れ様でした。

今回の発表で新たに明らかになった課題や疑問点を付け加えながら、最終的な卒業論文を後日提出することになります。管理栄養士国家試験の勉強と両立させて頑張ってください!