看護学科の最近のブログ記事

皆さん!こんにちは!朝晩寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は看護学科の成人看護学実習についてご紹介したいと思います。

3年生のメインイベントである看護学実習!各領域実習において(成人、母性、小児、老年、精神、在宅)学生がこれまで知識・技術を半年間かけて統合する場です。

例年は、成人看護学実習Ⅱ(慢性期)、成人看護学実習Ⅲ(急性期)、合計4週間の病院実習を行っています。

しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で、多くの病院施設から病院実習のお断りを受け、日本全国の看護学生が学内実習やオンライン実習での対応を余儀なくされています。

このような中で、看護学科では限られた時間の中でも「病院実習を学生に経験させてあげたい。」という思いのもと、検討に検討を重ねて、成人看護学領域では病院実習をスタートしました。

 

わずか、1週間の限られた期間ですが、病院実習では、実際に患者さん、看護師さんから毎日様々なことを教えてもらい、大学でのこれまでの学びを基に、患者さんにケアを提供させていただきながら実習を行っています。

 

実習をしている学生からはこんな感想をもらっています。

「患者さんと実際に関われて大変だったけど、楽しかったです。」

「患者さんが少しずつ良くなっていく姿を見てとても嬉しかったです。」

「他の職種の人々との連携が見られて勉強になりました。」

 

学生は、病院という現場で看護について多くのことを学んでいます。

また、パソコンの画面上ではなく、久々に会う同級生と実際に話せることを新鮮に感じながら病棟のカンファレンスでは活発な意見交換がなされていました。

 

もちろん、学生は実習開始の2週間前から体調管理に努め、毎日の健康チェックを行い、3蜜を回避するなど、徹底した感染防止対策を行っています。

手洗い、うがい、マスクの着用はもちろんのこと、抗原検査、フェイスシールドの着用など、受け入れていただく実習病院ごとに決められた対策に沿って実習しています。

これまで培ってきた実習病院の方々とのご縁に感謝して、これからも可能な限り学生の学びの場を提供していきたいと思います。

 

病院実習の最終日には、病棟の看護師長さん、学生指導者さんにもカンファレンスに参加して頂き、ご指導を頂いています。

 

本年はコロナ禍の影響で、臨地実習施設における実習受け入れが難しく、各実習科目で臨地実習の範囲を縮小せざるを得ない状況が続いていますが、臨地実習とオンライン実習を上手に組み合わせて実習を行っています。今回は小児看護学領域の取り組みを紹介します。

【障がい児看護実習】では、千葉県千葉リハビリテーションセンターの看護部の皆様にご協力を賜り、貴重な臨地実習を行っています。

厳重な感染予防対策(※1)のもと、1病棟2名の学生を配置し、看護師にシャドーイングし、障がい児看護の実際を学んでいます。一つ一つの看護について、優しく丁寧にご指導をいただいています。

見学実習後には、感染予防対策をしながら事例を用いたグループワークを行っています。

今回のグループワークでは、担当する事例の生活状況を学生同士で確認しあい、障がいを持ちながらも健康に生活するための支援方法について、各グループで発表資料を作成しています。

このような対面式のグループワークでは、事例や作成資料などを学生同士で確認しながら作業をすすめていくためにお互いの距離が近づきやすいという難点があります。そのような状況を回避するために大学から単焦点型プロジェクターを複数台持参して、学生同士がある程度距離を保ったままグループワークができるように配慮しました。

 

通常に配布される紙面での資料をみながら作業をするよりも、プロジェクターで大画面にすることにより、

ある程度、学生間の距離を保った上でのグループワークができます。

「実際に臨床の場に実習に来られること、そして、子どもたち、指導者さんに直接お会いして指導を受けられること

が何よりもうれしい」と口々に語ってくれた学生さんたちの笑顔が印象的でした。

 

 

この他のプログラムとして、【家族への看護】として、小児がんや先天性心疾患を患い闘病生活を経験されたご家族から、その体験談をオンラインで語っていただきました。その後の学生のディスカッションにも参加していただき貴重なご意見をたくさんいただいています。また【低出生体重児への看護】では、県外のNICUで活躍する卒業生にも協力を仰ぎ、オンラインを用いて低出生体重児への看護としての学びを深めています。このようにオンライン実習だからこそできる学びとなっています。

 

千葉第二キャンパスでは、学生さんたちの更なる学びのため、感染予防対策に最大限配慮しながら、対面式講義を増やしています。次回は、感染予防対策を講じた上での対面式講義の様子や成人看護学領域での臨地実習の様子をお伝えしたいと思います。

 

 

(※1:感染予防対策)

臨地実習2週間前から本学部独自の健康チェックシートを用いた健康管理/衛生学的手洗いの徹底/病院用マスクの着用/手指消毒アルコールの携帯とこまめな使用/グループワークでの学生同士の密を回避するためのプロジェクターを用いた少人数ディスカッションなど

 

令和2年10月31日(土)にホームカミングデーが開催され今年3月卒業生40名が集まってくれました。

 

開催の様子についてはこちらよりご覧ください!

皆さんこんにちは^_^

 本学では三年生になると、小児や高齢者など看護の対象ごとの実習(領域別実習)が始まります。

今回ご紹介する在宅看護学実習もそのうちの一つです。

在宅療養されている方・そのご家族を対象とした看護について、今までの学習内容を活かし実際に経験させていただくことで学びと実践を統合させ、より良い看護を目指します。

 

 例年では訪問看護ステーションの指導者の方や教員と学びを深め、療養者のご自宅へ伺い看護を行います。

しかし今年度は新型コロナウイルスの影響により、自宅と学内での実習となりました。

それでも実習ならではの学習ができるよう工夫されたプログラムをご紹介します!

 

 

グループワークの成果発表

 

 

顔を見ながら学びの共有

 

 自宅から遠隔会議システムを利用することによって、現地での実習と同様に、担当教員や実習指導者から指導を受けながら疾病や障がいを抱える在宅療養者に対する看護過程(看護の為の思考過程)を完成させていきました。今学期ご協力くださっている訪問看護ステーションは、栃木・神奈川県をはじめ、山形県や滋賀県などオンラインならではの遠方地域もあります。食事の嗜好の違いや移動に車で40分かかる場合があるなど、訪問看護の地域性についても学ぶことができました。

 さらに、実際に在宅療養されている高齢者の方とリアルタイムでつながり、生活についての助言を体験し、ご本人とのお話や療養生活の様子を拝見させていただくことで、在宅療養生活の実際や看護について臨場感を得ました。また在宅看護(訪問看護)では、療養されている方のプライベートな空間にお邪魔します。それに伴う責任感や倫理観についても学びが深まりました。

 

 

訪問看護師の様子(教員手作り動画を視聴)

 

 

訪問看護ステーションの看護師の皆さんに魅力を語っていただきました。

笑顔がいっぱいです!


 学内実習日には3密対策を行ったうえで、ディスカッション・グループワーク・プレゼンテーションなどを通じて学びの共有をおこないました。

 

 当初は緊張していた学生も、自らの学びだけではなく、他学生の学びや教員の助言を統合させて、在宅看護に対する学びや思考が深まり、最終日には、自分なりの「在宅看護観」につながる成長がみられました。


領域ごとの実習は今回ご紹介した在宅看護の他に、小児看護・成人看護・老年看護・母性看護・精神看護があります。

三年生、この後に続く実習も頑張ります!

 10/23(金)授業終了後16:20より看護学科1年生の図書室オリエンテーションを実施しました。

新型コロナウイルス感染防止のため、1学年を4クラスに分け、さらにそのクラスを3グループに分け、

10名ずつの小グループで、短時間での実施です。

図書室スタッフは、マスク着用のうえ、飛沫防止のフェイスガードを使用しました。

はじめに、グループに分かれ、担当司書から、図書室ツアーマップを配布。

本を読めばポイントが溜まる読書ポイントカードの説明などををおこなったあと、図書室の中を見学しました。

電動書架の開け方実演、闘病記コーナー、国家試験対策問題集コーナーが好評でした。

新型コロナウイルスの影響で4月にオリエンテーションが実施できなかったため、事前に図書室紹介映像を

見てもらっていましたが、今回、実際に図書室に中の様子を見てもらうことができ、

図書室を身近に感じていただけたのではないかと思います。

授業が本格的にはじまり、レポートや論文を書くうえで、図書室の利用は必須になってきますので、

今後の学修に図書室をたくさん活用していただければと思います。

   

 

 

 



 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護学科は設置から14年目を迎え、たくさんの卒業生が、医療や福祉・教育現場に巣立ち、それぞれの場所で活躍しています。活躍する卒業生が大学を訪れ、「新卒1年目、夜勤も始まってどうにか頑張っています!!」「○○科に移動して、気持ちも新たにまた頑張っています」という仕事に関する報告、「結婚しました!」「子どもが生まれました!」というプライベートに関する報告をしに来てくださいます。時には、人間関係や仕事に関する相談事も・・・・。

 

昨日も卒業生2名が大学を訪ね、さまざま報告をしてくださいました。何より嬉しかったのが、いまコロナ禍で、在校生もとても大変な思いをしているだろうから・・・と在校生の皆さんに素敵なメッセージを残してくださったことです。


コロナ禍においても、医療現場の最前線で日々頑張って、自分自身も不安や悩みを抱えているにもかかわらず、後輩の気持ちを思いやれる、その『人』としてのあたたかさに胸がいっぱいになりました。

 

 まさしく建学の精神、「利他共生」ですね。

 

 「あなたなら、絶対に大丈夫。自分の歩幅で一歩ずつ。自分を信じて頑張っていってくださいね。そして、また、いつでも大学に顔を出してくださいね。」

 

 医療現場で頑張っている卒業生の皆さん!そして、コロナ禍の中でも将来、看護師・保健師・管理栄養士となって働くために頑張っている在校生の皆さん‼

千葉第二キャンパス教職員一同、心から応援しています。

看護学科では、希望者による学内選抜制により保健師国家資格の受験資格を得ることが出来ます。

 

4年生保健師課程科目である公衆衛生看護展開実習では、例年は市町村保健センターでの実習、産業保健実習(君津製製鉄所、君津健康センター)、学校保健実習(千葉市内の小学校)を行っています。

 

しかし、コロナ禍において学生と住民の健康を第一に検討した結果、今年はオンライン&ソーシャルディスタンスを保った学内実習となりました。

 

3週間のうち、2週間は地域の健康問題を考える地域診断の発表会や新生児家庭訪問のロールプレイ演習、健康教育の発表会を行ったり、実際に子育てをされているお母さんの話を伺ったりして、保健師の専門的支援技術についてリアリティーをもって主体的に学ぶことができました。

 

 新生児訪問のロールプレイ演習風景。しっかり準備して自信を持って行えました。

 

 健康教育発表会の様子です。

 

残り1週間は現役の養護教諭や産業医の講話を聞いたり、メタボリックシンドロームをもつ労働者の保健指導のロールプレイを行ったりし、学校保健と産業保健についてしっかり学ぶことができましたね。

 

最終発表会はオンラインで行い、「保健師の役割とは?」というお題で、これまでの学びの集大成を発表しました。

 

コロナ禍で臨地実習はできなくとも、じっくり考え、主体的に取り組むことができる学内実習ならではの強みを活かし、学びを深めることができましたね。

 

教員一同、国家試験の全員合格と卒業後の活躍を期待しています!

3年次生の「成人看護学実習Ⅰ」が8月31日から対面式の学内実習とリモート(遠隔)実習を組み合わせて行われています。

 

看護学科では、この時期に3年次生が机上で学修した病態・生理機能を踏まえ「看護過程を展開すること」や「看護の対象である人間を統合的に理解すること」そして、「適切な看護を実践するための能力を養う」ことを目的に『成人看護実習Ⅰ』を行っています。

 

本年度は、COVID-19感染拡大の状況であること、臨地実習施設から実習生の受け入れが困難であるという連絡を受けていること、臨地実習で出会うすべての方と学生さんたちの安全を守ることが最優先であることなどの考えから、臨地での実習を取りやめ、対面式とリモート(遠隔)で行う実習を組み合わせて実施しています。

 

本日は学内で成人看護学演習の授業で取り組んだ紙上事例患者さんの、術後の観察(麻酔の覚醒状態、創部痛・出血の有無等)と、術直後の患者の安全・安楽(カテーテル・ドレーン類の固定等)の援助について演習を行いました。

 

 【事前学習をしてきた内容をグループで話し合っています】

 

今までに講義で学修した内容を活用して観察項目と観察方法を検討します。

グループで検討し、観察項目と観察方法を導き出し、ベッドサイドに向かいます。

 

すると・・・

 

【実際の患者さんの様子に可能な限り近づけた医療モデル人形:酸素マスクに点滴、排液ドレーンに排尿バック、下肢静脈を予防するための装置がついています】

 

ベッドに横たわっているのは、フィジカルアセスメントモデル人形「Physiko(フィジコ)さん」です。

今回の実習では、手術直後の患者さんの状態に合わせて設定しています。

学生3人に教員が1人ついてのベッドサイドでの指導です。

 

 

【観察部位と観察方法について「Physiko(フィジコ)さん」を用いてレクチャーしています】

 

学生さんがモデル人形に優しく声をかけます。

「Bさん、失礼します。お傷の様子をみせてくださいね。」

その様子を見て教員が「そうね、とても素晴らしい声掛けです。一つ一つ声をかけていきましょうね」と学生さんに伝えます。

 

「ドレーンの挿入部はこのようになっているのよ。排液はこうやって観察するといいわね」

「腸の蠕動音は正しく聴取できましたか?」

学生さんは緊張の面持ちながらも、積極的に質問なども出ていて、演習は終始和やかな雰囲気で行われました。

 

今後も「手術後の離床に向けての援助」や「退院に向けたセルフケア演習」、リモート実習では「手術後のパンフレットの作成」や「医療安全に関する学習」などが予定されています。

 

コロナ禍において、例年通り臨地での実習はかないませんでしたが、それでも成人看護実習Ⅰの担当教員が一丸となって、学生さんにとって有意義でよりよい学びとなるように全力で指導、そしてサポートをしています。

 

これからも、コロナ禍に負けず、創意工夫をもって学生さんにたくさんの学びを提供していきたいと思います。

 

地域の中学、高校の生徒を対象にした施設開放 「図書室開放ウィーク」を行いました。

 

本学では、ボランティア活動を始めとして、地元に対する地域貢献活動を積極的に行っています。しかし、今年はコロナ禍の影響もあって、その活動もなかなか難しい状況です。

 

そこで、地域連携委員会では、図書室運営委員会と連携し、本校の学生向けに実施している夏休みの図書室開放を、「図書室開放ウィーク」として企画・実施いたしました。

この「図書室開放ウィーク」では、地元の千葉市立松ケ丘中学校・千葉県立千葉南高校の生徒さんを対象に、8月11日から18日の期間限定で開放し、本学図書室を利用していただくきっかけとして開催いたしました。

 

本学の図書室は、医療、看護、栄養の蔵書だけでなく、一般書や医療系の漫画・絵本・雑誌等も含めて多くの蔵書数を誇っています。また、緑が見渡せる開放感のある室内は、集中して読書や学習をするにはとてもよい環境にあります。

 

感染症予防のため、図書室の開放にあたっては、本学の学生同様、生徒さんにも健康チェックにご協力いただきました。

 

「図書室開放ウィーク」に参加された生徒さんの感想では、

〇専門書が充実しているのはもちろんですが、今年の本屋大賞作や直木賞受賞作もそろっており、とてもわくわくしました。静かで非常に集中して学習ができました。

〇コロナの影響で付近の図書室の自習室が閉まっていて、集中できる場所を探していたので、とても助かった。もう少し利用時間が欲しかった。

〇医療系や栄養学の本がとても沢山おいてあり、自分の知りたいジャンルの本があってよかったです。知りたいことは図書室に行けば解決しそうです。

など、大変好評でした。

 

今後も地域連携委員会では、地域の皆様への貢献活動を積極的に行ってまいります。

 

 


【集中して勉強や読書をされていました】

 

 

【図書室では様々なイベントをしています】

 

 

【今回来場された方へプレゼントしたノベルティグッズです♡】

連日の猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

こまめな水分補給を心掛け、熱中症に注意しましょう。

 

さて、看護学科の学修支援委員会は、8月12日(水)に1年生を対象にした夏期講座「しっかり書ける!レポートの基本講座」をオンラインで実施しました。

 

新型コロナウイルスの影響により、特に1年生は教員に直接会ったり相談したりする機会も少なく前期を過ごし、不安も大きかったと考えられます。ここで基本に立ち返り、今まで行ってきた学修を踏まえ、レポートの書き方について1時間の講義を行いました。

 

 

レポートの構成、文章表現、文献データベースの検索方法等について改めて振り返ることができました

 

特に学生からニーズがあった「文献引用の書き方」については、丁寧に講義を行いました。

 

終了後アンケートでは、

  • 今まで意識できていたものもあれば、今回初めて正しく理解することができたものがあり、とても勉強になった。今後の課題学習に役立てようと感じた
  • レポートを書くときに主観的に書いてしまい客観性が欠けていると振り返ることが出来たので、客観的に書けるように表現の仕方を変えていきたい

など、学生の学修意欲の向上が期待できる結果となりました。

 

今後も学修支援委員会では、全ての学年が効果的かつ意欲的に学修できるよう、サポートしてまいります。