観光経営学科3年 竹中ゼミのフィールドワーク合宿

竹中ゼミでは、11月30日より一泊のゼミ合宿(参加者:3年ゼミ生7名)を行いました。

今年の合宿は「都内の何の変哲もない駅前から何が見えるか?」をテーマに

タウンウォッチを中心としたフィールドワークを実施しました。

当日は東京メトロ「西葛西駅」に集合、宿泊先にチェックインした後、

早速タウンウォッチに出発しました。

 

西葛西は江戸川区内で最も人口の多い地区で、駅のすぐそばに大規模な公団住宅があります。

そのため、都内にもかかわらず駅前は生活感に富んでおり

地元の小規模スーパーなどが軒を並べています。

 

また、江戸川区は在留インド人の方々が多く、西葛西にもインド系のスーパーやレストランが多くみられます。

その一方、東京メトロで都心へのアクセスも良く、また東京ディズニーリゾートへも近いということで、

比較的リーズナブルなホテルが多くあります。

 

ゼミでは普段会計学を学んでいますが、同じ規模の商店、スーパーでも立地やターゲットとする顧客の志向などが

売り上げに大きく影響します。しかし、残念ながら会計的手法ではこのような側面を分析することは難しいものがあります。

今回の合宿を通じて、会計情報に代表される定量的なデータとともに、

フィールドワークで観察した定性的データの重要性について学びました。

 

 

西葛西駅からほんの数分の場所に小学校・中学校があります

 

インド食料品店

 

夕食はインド料理。ある意味ご当地グルメです。お店の前で記念の集合写真

 

 

駅付近では新たなビジネスホテルが建設中でした

 

当日は民泊。ある会社の寮だった建物を改装した宿泊施設でした。

五輪を目前に、都内の宿泊施設の不足は、まだまだ大きな課題のようです。

東京証券取引所を訪問しました(見学とレクチャー受講)

11月20日(水)、経営学部観光経営学科(入門セミナー:竹中ゼミ)に

所属する1年生10名が東京証券取引所を訪問しました。

報道番組などでおなじみですから、東京証券取引所をご存知の方も多いと思います。

日本の有名企業のほとんどの株式が売買されている場所ですが、

実際にはすべての証券がネットワーク上で売買されており、

証券取引所は安心・安全な売買環境の保持・監督と、投資家への様々な情報発信を行うことが主な任務となっています。

 

記念の集合写真。株価等様々な情報が示されるおなじみのディスプレーに歓迎の文字を出してくださいました。

 

株式の売買状況が刻々と流れるチェッカー(リング状の電光掲示板)。

スピードが8段階に変わり、早いほど活発に売買が行われていることが示されます。

学生からは「今後ニュースなどで電光掲示板が映った際には、

回る速度を意識して取引状況を考えるようにしたいです」といった声も…。

 

投資シミュレーションで株式の売買を学びました。儲けるのはなかなか難しいです…。

 

この日は偶然テレビの取材があり、学生もインタビューを受けました。

 

レクチャーでの一コマ。

 

 取引所では場内の見学、投資シミュレーションを体験したのち、

証券取引所の方から「ライフプランとお⾦の活⽤」についてレクチャーしていただきました。

普段経営学や会計学を勉強していても、どのように活用すればよいのかなかなかわかりづらいものです。

特に「人生100年」と言われる現在、自身の人生とお金について考えるのは大切なことになりつつあります。

今回のシミュレーション体験やレクチャーの後、

学生からは「好景気や不景気に合わせて企業の株価が上がったり下がったりすることがすごく興味深かったです。

将来は投資をしたいと思っているので、投資体験で得た知識を活かしよく考えて、企業に投資したいと思います」

といった声も聞かれました。

 

実はこの日は見学会と合わせて、ゼミの懇親会も実施しました。

卒業論文中間報告会開催

10月29日(火)13:00~16:30、

経営学科4年生による卒業論文中間報告会が開催されました。

当日、卒業予定学生が4教室に分けられ、

これまで取り組んできた卒業論文の内容や今後の研究の予定について報告しました。

全員がスーツを着用し、発表時間5分、質問応答時間2分で発表が進行されました。

また、各教室に3名の教員が配置されており、1人1人の発表についてコメントし、

今後の研究方向についてアドバイスしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加学生から次のような感想が寄せられました。

 

・様々な専門分野の先生方に見ていただいたことで、新たな発見や勉強になることがありました。

 良い卒業論文になるよう、尽力します。

 

・論文の中にグラフを入れていけば、より分かりやすくなることがわかった。

 他の人の発表を見ることですごく勉強になると思いました。

 

・自分では気づかない問題点を先生方に指摘していただき、今後の論文作成に参考したいと思います。

 

・論文を書いた上で用いた情報源は教授が書いた論文や企業のHPが中心だったので、

 新聞からも情報収集を行う必要がある。また、海外の論文を参考にすることも必要だと感じた。

 

 ・参考文献や先行研究に正しい資料が用いられているか、論文の着地点に沿った内容になっているか、

 という話があったので、気をつけて書こうと思います。

 

 ・発表は時間制限内に収めて、なおかつ内容もしっかりしていることが大切である。

 練習を重ねて、最終報告は良い発表にしたい。

 

今後、卒業予定学生が12月の卒論提出に向けて、より一層研究に取り組んでいくことを期待します。   

正課外学外学習 「変なホテル舞浜 東京ベイ」見学

11月20日(水)、経営学部 観光経営学科の学生16名が

「変なホテル舞浜 東京ベイ」見学会に参加しました。

「変なホテル」は、H.I.S.ホテルホールディングス株式会社が展開する世界初のロボットホテルであり、

舞浜東京ベイはハウステンボスに続く2号店として、2017年にオープンしました。

 

ロビーに入ると、巨大な恐竜型のロボットが出迎え、

フロントでは小さな恐竜ロボ(ヴェロキラプトル)がチェックインを行ってくれます。

 

ロビーでは恐竜ロボットがお出迎え

 

フロントでは2体の恐竜ロボットが接客

 

支配人の梅谷様から、ホテルのコンセプトや運営上の工夫などに関するお話を伺った後、

館内の施設を見学しました。このホテルには3種類の客室タイプがあり、

各部屋にはロボホンというロボットが設置され、室内照明やテレビのオン・オフを音声で操作することができます。

さらに唄ったり踊ったりといった細かい芸もあり、お客様を退屈させない工夫がなされていました。

 

梅谷支配人のお話を伺う学生たち

 

客室内のロボホンに話しかけてテレビをつける

 

テーマパーク周辺は新しいホテルが次々に建設されて競争が激化していますが、

「変なホテル」はその名が示すとおり「変化し続ける」ことによって、

ゲストの支持を得る努力をされていました。

 

経営学部では、このように実際にホテルを訪問し、現場の方のお話を伺うことを通して、

教室の座学だけでは理解できない実践的な学びを得る機会を提供してまいります。

 

 レストランの様子

淑徳大学経営学部観光経営学科の千葉ゼミ3年生が、2019年11月10~11日、熱海アカオリゾート公国を中心に1泊2日のゼミ合宿を行いました。学生記者による熱海の旅リポート第一弾は、【アカオ ハーブ&ローズガーデン】です。 

 

【アカオ ハーブ&ローズガーデン】

アカオ ハーブ&ローズガーデンは、世界一のガーデンを目指して、ここ熱海に誕生しました。名勝「錦ヶ浦」の地形を活かした園内では、あたみ桜や菜の花などを愛でることができ、さらに世界中から集めたバラやハーブを楽しむことができます。世界中でここにしかない、オンリーワンのガーデンを目指しているといいます。


ローズガーデン

もう一つの大きなテーマになっているのが、コミュニケーションです。例えばイギリスでは、各家庭のガーデンが交流の場になっているケースも少なくありません。アカオ ハーブ&ローズガーデンでは、桜の記念植樹や結婚式、婚約式などを行うなど、テーマ性のあるガーデンを幾つも配しており、人と人との絆が深まる体験や、生涯の記憶に残るような思い出づくりのお手伝いをしています。


ハーブ&ローズガーデン

 園内マップ(http://garden-akao.com/index.php)をご覧になるとおわかりの通り、20万坪もの広大な敷地のなかには、イングリッシュローズガーデンをはじめバラの谷やウエディングガーデン、ハーブガーデン、日本庭園「天翔」や曽我浅間神社など、12のテーマガーデンがあります。面白いことに、ゲームコーナーや空中ブランコ、SNS映えするフォトスポットなどが、たくさんあって驚きました。建築家の隈研吾さんデザインの絶景カフェ「COEDA HOUSE」は、たくさんの人で賑わっていました。


空中ブランコ 

今回、訪ねた季節が秋だったため、咲いている花々も限られましたが、とても雰囲気がよく風光明媚で気持ちが洗われました。あまりに映えるスポットがたくさんで、一つひとつ丁寧にみると可憐な花も咲いていて、スマートフォンの画像フォルダがいっぱいになるほどでした。さらに、ウエディング業界志望の自分にとって感銘したのは、アカオ ハーブ&ローズガーデンで結婚式も行われているという点でした。春夏秋冬、季節の花々に祝福をうけてのウエディングは、さぞ幸せだろうとおもいました。


千葉ゼミ

(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 3年 中田悠花)

淑徳大学経営学部観光経営学科の千葉ゼミ2年生は、夏のゼミ合宿を岩手県一戸町で行いました。学生記者による魅力発見リポート最終回は、奥中山高原リゾートで開催された【成果発表会・交流会】の様子と岩手日報の記事掲載についてです。

 

▼一戸町の魅力発見 成果発表会を行いました

2019年8月2日午後、奥中山高原リゾートの「北斗の間」で、成果発表会を開催しました。一戸町の田中辰也町長はじめ町役場の皆さん、IGRいわて銀河鉄道や銀河鉄道観光の社員の方々など、多くのご聴講者が発表会にいらしてくださいました。


成果発表会

まず発表前に、奥中山高原リゾートを中心に他施設も含め視察した箇所を、それぞれの良い点、改善すべき点などをゼミ生で討論、グループワークを行いました。具体的には、「もっと、こうしたら若者が訪れるのではないか」等々、それぞれに話し合い、発表内容に活かしました。そして各グループの内容をもとに、「SWOT分析」を施しました。S(強み)、W(弱み)、O(機会)、T(脅威)のそれぞれを、具体例を挙げてペーパーにおこして、発表のまとめとしました。


SWOT分析

発表のあとは、意見交換会が行われました。聴講いただいた皆さんからご感想をいただき、また、質疑応答がなされました。 

さらに最終発表会・意見交換会のあと、会場を移して交流会が行われました。地元食材をふんだんにつかった手の込んだ料理の数々に、皆、大喜び。立食形式で、和やかなムードのなかで関係者の皆様と懇親しました。


一戸町田中町長と


交流会


▼「岩手日報」に成果発表会の様子が掲載されました

この最終発表会の様子が、2019年8月4日付「岩手日報」朝刊に、記事掲載されました。記事には、当地で合宿が行われたきっかけや発表会の様子が記載されています。

今回私は、岩手日報の記者の方から取材をいただきました。岩手・一戸町の印象や集客について、自分自身が観光に興味を持ったきっかけなども尋ねられました。掲載された一文を、ここに紹介します。

岩手は優しい人が多く自然が豊か。強みを生かすことで、より多くの観光客を呼び込めると思う”。

岩手日報

私たち千葉ゼミの一戸町での取り組みを、多くの地域の方々に支えていただきました。ありがとうございました。

 

(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 本田雅和)

淑徳大学経営学部観光経営学科の千葉ゼミ2年生が、岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿を行いました。学生記者による魅力発見リポート第6回目は、【一戸町観光天文台】です。


今回紹介するのは、一戸町観光天文台です。一戸町観光天文台は、平成元年、総工費約4億円をかけて造られた、日本トップクラスの星空を観察できる天文台です。高森高原の見晴らしのよさに加え、人工光の少ない場所に立地するため、天文台から観る星空は格別です。

一戸町観光天文台

一戸町観光天文台には、口径500mmの巨大望遠鏡をはじめ数多くの観測機器があります。また、プラネタリウムが併設されており、小さなお子さんでも星座について詳しく学ぶことができます。

台長の吉田偉峰さんに、天文台の内部をご案内いただきました。施設内のいたるところに台長が撮影されたという星空の写真が展示されており、説明を聞きながら、夜空の銀河に思いを馳せました。星についてはなんでもわかる、個性的な吉田台長のお話は、聞いているだけで惹きこまれ、大変勉強になりました。台長ご自身が集客力のある、魅力ある人だなと思いました。

吉田偉峰台長

 夏休みの自由研究には、ぴったりの一戸町観光天文台。ちなみに冬季は一部を除いて閉鎖していますが、それ以外の季節なら星空観察イベントも随時、開催されています。お出かけの前には、電話で確認してからうかがうとよいでしょう。きっと大きな発見があるはずです。



(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 岡田大樹)

 

充実した夏季中国語研修(台湾)

今回は、8月4日から8月24日まで台湾で実施された夏季中国語集中語学研修について、

研修に参加した経営学科3年小櫃佑斗さんのレポートです。

 

 

私は経営学科の国際経営ゼミ(葉山ゼミ)に所属しており、

3年前期の時に、ゼミの先生から台湾での短期中国語語学研修(学外プログラム、主催:淡江大学中国語センター)に

参加しないかと声をかけてもらい、初めてこのプログラムを知りました。

私がこの台湾での語学研修に参加しようと思った理由はとても単純で、

「異文化の体験ができて、楽しそう、良い思い出になりそう」というものでした。

 

写真①:現地の教員や学生たちとの交流を通して、充実した3週間を過ごしました。

 

写真②:淡江大学のキャンパス近くの淡水駅商圏エリアから見た夕日。とても綺麗でした。

 

 

私は8月4日から24日まで台湾の淡江大学で3週間、語学研修を受けました。

月曜日から木曜日までは朝から夕方までみっちりと中国語の勉強をし、

金曜日はプログラムの誘導員が台湾の台北周辺を観光案内してくれました。

私は全く中国語が話せない状況からのスタートでしたが、3週間の語学研修が終わってみれば、

それとなく現地の方が言っていることが理解できるようになり

多少は話す事も出来るようになりました。

この3週間ではコミュニケーション能力が前よりも高くなったと感じています。

現地の学生とも言葉はお互いにうまく伝えられなくても、

ジェスチャーや少しの英語と中国語でコミュニケーションは取れました。

写真③:中国語の勉強のほか、中華文化や台湾の観光地の視察活動にも参加しました。

(筆者は最左の位置)

写真④:皆で食べた台湾の中華料理もとても美味しく、良い思い出になりました。

 

それまでは外国人とコミュニケーションを取るのは難しいと思っていましたが、

なんとかなるのだと、コミュニケーションは語学だけでないのだと学べました。

台湾で培ったコミュニケーション力は将来にも行かせていけるのではないかと強く思います。

私にとって、この3週間は本当に充実していて濃い時間でした。

最初は台湾に行くことを迷っていましたが、ゼミの先生が励ましてくださったこともあり、

勇気を出して海外の語学研修プログラムに参加して良かったと心から思っています。

これから先何かを決断をする時には様々な迷いが発生すると思いますが、

まず悩む前に今回のように行動を起こしていきたいと思います。

そうすれば自ずと良い方向へいけるのだと思います。

 

写真⑤:3週間頑張って、終了証書をいただきました。(筆者は中央位置)

 

淑徳大学経営学部観光経営学科の千葉ゼミ2年生が、去る2019年8月、岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿をしました。学生記者による魅力発見リポート第5回目は、【奥中山高原乳業】と【社会福祉法人カナンの園】です。

 

【奥中山高原乳業】

奥中山高原乳業は、牛乳やヨーグルト、アイスといった乳製品を製造している企業です。私たちは、この奥中山高原乳業で工場長のご案内のもと、工場見学をしました。製品のどれをとっても美味しいのですが、なかでも牛乳が実に美味しくて驚きました。

奥中山高原乳業

なぜ美味しいのでしょうか。実は、ここ奥中山高原乳業は、非遺伝子組み換え飼料で牛を育ており、牧場から工場も近いため、鮮度を損なうことなく届けることができるのです。もう一つ工夫して行っていることがあります。それはより自然な風味を残す殺菌法です。どのようなことかというと、市販で売っている牛乳は120℃以上で2~3秒ほど加熱する超高温短時間殺菌ですが、奥中山高原乳業では65℃で30分加熱する低温殺菌を行っているので、生乳の自然な風味を残しつつ、さっぱりとした上品な甘みがある牛乳ができるのです。牛乳が苦手な私も試飲では、美味しく味わって飲むことが出来ました。

製品は、埼玉県内のスーパーなどでも売られています。この日、あいにく工場は休業日でラインは止まっていましたが、製造工程を詳しくご説明をいただきながら、じっくりと見学することができました。

 

【シャローム カナンの園 カナン牧場】

奥中山にある社会福祉法人カナン園では、自立支援に向けたさまざまな取り組みを行っています。

手作りのメッセージせんべいの製造:「みことばせんべい」といった聖書の言葉が焼印で一枚一枚。押してあるせんべいを手作りで、朝から夕方にかけて作っています。ほかにも、「ありがとう」や「感謝」といったメッセージ、校章などのオリジナル焼印もあります。このせんべいは2010年に商標登録されました。また、「いわての味 奥中山高原のおせんべい」は、2012年に厚生労働大臣賞を受賞し、2015年には、「雑穀ざんまい」が連盟会長努力賞を受賞しています。いずれも試食させていただきましたが、とても美味しいおせんべいで、贈答にも喜ばれるだろうと感じました。

カナンの手作りパン:次に、カナン牧場をご紹介します。カナン牧場では、パンを作っています。パンの種類は約50種類。県内約150店舗で販売しています。私たちは、その工房にお邪魔しました。販売コーナーもありました。調理パンとしては、奥中山高原産直市場で特製サンドが販売されています。また、私たちが宿泊した奥中山高原ホテルの売店でも販売、さらにはレストランメニューに調理でも利用されていて、その味のよさには定評があります。最大の特徴は、食品添加物を含まない点です。そのため賞味期限は少し短いのですが、アレルギー体質の方も食べることができるので、ファンも多いようです。

このたびの視察に際しまして、多大なるご協力を賜りましたこと、深く御礼申し上げます。

(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 加藤将徳)

 

 

 

 

 

 

2019年8月、淑徳大学経営学部観光経営学科千葉ゼミ2年生は岩手県一戸町の奥中山高原でゼミ合宿をしました。学生記者による魅力発見リポート第4回目は、【岩手県立児童館 いわて子どもの森】を紹介します。

 

【岩手県立児童館 いわて子どもの森】

奥中山高原ホテルからすぐの場所にある「岩手県立児童館 いわて子どもの森」。その名の通り、子ども向けの施設ということで、「19歳の私たちが楽しめるのかしら?」と少し不安もありましたが、とんでもない!

わずかの時間でしたが、思いっきり楽しむことができました。


いわて子どもの森は、大きく2つの施設、「ハローハウス」と「ゴーゴーハウス」に分かれています。そのほか、野外にはツリーハウスやみずの広場、「もりもりとりで」と呼ばれるアスレチック施設、さらにはキャンプ場まであります。

■詳しくは、いわて子どもの森 公式ホームページをご覧ください。

http://www.iwatekodomonomori.jp/


なかでも、おすすめのエリアを紹介します。

まず、ハローハウス内にある「ハラヘッタ亭もぐもぐ」という名の食堂です。ラーメンやカレーなど、子どもから大人まで楽しめるメニューが盛りだくさんで、混雑時にはすぐに満席になってしまうほどの人気。美味しい証拠です。

2つめは、「冒険の塔 のっぴぃ」です。ゴーゴーハウスの3階から滑り下りる、とても長いすべり台です。

といっても、ただのすべり台ではありません。1階入り口から3階まで、たくさんの梯子(はしご)をよじ登り、障害物をくぐって進まなければならないのです……。私も実際に遊んでみたのですが、本当に楽しい!!子供のころに戻ったように、無邪気にはしゃいでしまいました。

3つめは、ハローハウスとゴーゴーハウスとをつなぐ「くらやみトンネル」です。暗い中を進むと、さまざまな色の光に照らされ、それも速いスピードで光が動くなど、何度でも通りたくなるような、実に楽しいトンネルです。

そしてネーミングも可愛らしい「まんてんハウス」は、自炊型の宿泊棟のこと。木の温もりがする清潔な雰囲気の宿泊施設で、各客室にはキッチン、トイレ、浴室が完備されています。


現地では、プレーリーダーのゆっきぃさんに案内をしてもらいました。こうしたスタッフの方が明るくお世話をしてくださる点も、安心です。

視察のあと、全員で記念撮影をしました。


実は今回、生まれて初めて岩手県を訪ねました。想像していたよりも、見どころが多く、景色は美しいですし料理は美味しい、人も優しいということを知りました。皆さんも、もし岩手県を訪ねる機会がありましたら、ぜひ、奥中山高原のいわて子どもの森に行かれてみてください!きっとファンになることでしょう。


(学生記者:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 2年 松井茉優)