日本で最初のLCC/ピーチアビエーションの遠藤さんの講義を受けました。

観光経営研究Iの第2弾は10月3日。関西空港を拠点としてスタートした日本初のLCC・ピーチアビエーションの講義「新しい時代を切り開く航空会社、ピーチ・アビエーション」でした。講師は同社の総合企画部長遠藤哲氏。わざわざ大阪から講義のためにいらしてくださいました。LCCのビジネスモデルとは何か、LCCは従来の航空会社とどこが違うのか、そして、ピーチアビエーションの経営方針、サービス、安全に対する取り組みなどを学びました。

        ピーチアビエーションは新しいマーケットを開発していると

        説明する、遠藤部長

 

「なぜピーチという名前にしたのですか」と質問する学生