淑徳大学経営学部 観光経営学科が「ツーリズムEXPOジャパン2018」に出展しました

2018年9月20日~23日に公益社団法人 日本観光振興協会および一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)ならびに日本政府観光局(JNTO)の主催で『ツーリズムEXPOジャパン2018』が東京ビッグサイトにて開催され、淑徳大学経営学部観光経営学科が初めてブース出展いたしました。
『ツーリズムEXPOジャパン』は「世界のツーリズムをリードする」総合観光イベントとして、世界136カ国の国と地域から観光業界はもとより様々な産業界関係者が出展し、国や地域の魅力を発信する世界最大級の旅の祭典です。

 

9月21日業界日には、産官学連携先の企業・団体関係者を対象に淑徳大学主催セミナーが開催され、この中で観光経営学科の学生および教職員が、本学の地域連携・産官学連携の取組み状況、インバウンド等の研究発表、就職状況等について発表を行いました。
また、会期中には観光経営学科1年生から3年生までの全学生ならびに4年生の一部の約300人がブースのスタッフとして参加するとともに、各ブースを見学しました。
会場は4日間で20万人以上の来場者で賑わい、本学ブースにも多数の企業・受験生の方にお越しいただきました。
学生たちは世界各国・地域の最新情報を得るために各ブースを回り、海外からの訪日旅行の誘致に向けた企業の取り組みや、各国の旅情報を楽しみながら見学していました。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、国内の観光産業は新たなビジネスチャンスの創出と拡大が見込まれます。
こうしたイベントにおける経験は、学生たちがさまざまな国や地域の文化にふれることで国際的な視野を広める機会となることでしょう。

 (田川博己ツーリズムEXPOジャパン実行委員会委員長・JATA会長と)

 

 (観光経営学科3年生によるプレゼンテーション)

 

 (航空会社ブースで最新のサービスを体験)