観光経営学科 観光経営専門演習Ⅰ(吉田雅也ゼミ2年生)シャングリ・ラホテル東京 フィールドワーク

ホテル企業の経営戦略を研究テーマとする観光経営学科・吉田雅也ゼミでは、

フィールドワークの一環として、6月19日(水)にシャングリ・ラホテル東京を訪れました。

 

シャングリ・ラホテル東京はJR東京駅に隣接し、フォーブス・トラベルガイド ホテル部門 5つ星をはじめ、

ミシュランガイド東京「ラグジュアリー コンフォート」部門 5パヴィリオン等、

数々の受賞歴をもつ日本を代表する最高級ホテルの一つです。

 

ホテルの客室やレストラン、フィットネス等を見学した後、人事部の松下様よりシャングリ・ラホテル東京の経営方針や、

ホテリエとして求められる人物像などについてのお話を伺いました。

(スイートルームにて、人事部 松下様よりお話を伺う様子)

 

また、レストラン「ピャチェーレ」でランチをとり、スタッフの颯爽とした立ち居振る舞いや

ホスピタリティマインドあふれるサービスに触れ、至高の時を過ごしました。

学生たちは、はじめて見る豪華な施設に圧倒され、

レストランでも最初は緊張した面持ちでフォークを握っていましたが、スタッフの心遣いに触れ次第にリラックスし、

真のラグジャリーサービスを体感することができました。

(フィットネスを見学)

(レストラン「ピャチェーレ」でランチをいただく)

 

日本には数多くのラグジャリーホテルが存在しますが、

それぞれの個性や魅力は実際に訪れて体感することによって理解を深めることができます。

今後も吉田ゼミではさまざまなホテルを見学し、そこで働くスタッフのお話を伺うことを通して、

大学の講義での学びと現場の実践とを関連付けながら研究を深めてまいります。